カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

法人・個人事業主の方必見!バンタイプの車をカーリースするには?取り扱っているバンの種類も公開!

バンタイプの車をカーリースする流れや、取り扱っているバンの種類について解説していきます。特に法人や個人事業主の方はカーリースを利用することで節税効果もあるので、それについても説明します。

バンタイプってどんな車?

バンタイプの車は、もともと「荷物を運ぶ」ための車です。荷台部分に屋根が付いている車をもともとバンタイプとしていましたが、現在では、必ずしも荷物を運ぶ商用車ではありません。

しかし、基本的にバンタイプの車は、荷物を運びやすくするために荷台が大きくなっています。ワゴン車とバンタイプの車が混同されますが、ワゴン車はバンタイプの車を乗用車にカスタマイズしたことが始まりです。つまり、ワゴン車の原型はバンタイプなのです。

明確な定義があるわけではありませんが、ワゴン車はバンタイプに比べて荷台よりも人が乗る部分が広い傾向にあります。

また、もう一つ混同しがちなのがワンボックスです。ワンボックスはボンネットが無くて運転席の下にエンジンがあり、ボックスのような形をしていることからそう呼ばれています。

ワンボックスがバンタイプやワゴン車とどう違うのかということですが、バンタイプやワゴン車の中にもワンボックスカーがあるというイメージです。ワンボックスとバンタイプは区別するものではなくて、バンタイプでボンネットがなく、運転席の下にエンジンがあれば、バンタイプのワンボックスカーとなります。

同様に、ワゴン車でもボンネットがなくエンジンが運転席の下にあれば、ワゴン車タイプのワンボックスカーとなります。逆に言えば、ワンボックスカーの中にはバンタイプの車もワゴン車に含まれるイメージです。

ワンボックスは車の形なので、バンタイプやワゴン車のような車のタイプのカテゴリーと混同しないことが、車の区分で混乱しないためのコツです。では、具体的にバンタイプの車にはどのようなものがあるのでしょう?

それには以下のようなものが挙げられます。

「スズキ・エブリイ」「トヨタ・ハイエースバン」「NV350・キャラバン」「トヨタ・プロボックス」「ベンツ・トランスポーター」「シボレー・エクスプレス」などが挙げられます。どれも国産車、外車の超有名人気車種です。

上記のようなバンタイプの車をカーリースすることは可能なのでしょうか?次項で解説していきます。

 

バンタイプの車をカーリースすることは可能?

カーリースでは多くの車種を網羅しているので、当然バンタイプもカーリースすることが可能です。詳細はカーリース会社によっても異なり、国産車のみ対応しているカーリース会社もあります。例として、カーコンカーリースもろコミでは以下のようなバンタイプの車種を取り扱っています。

「HONDA/N-BOX G Honda SENSING/クリスタルブラック・パール」
「DAIHATSU/タントL/ライトローズマイカメタリックⅡ」
「DAIHATSU/ムーヴキャンパスX SA Ⅱ」
「SUZUKI/スペーシア HYBRID G」
「SUZUKI/ソリオ ハイブリッドMX」
「TOYOTA/タンクX」
「NISSAN/セレナ ハイウェスター」
「TOYOTA/アルファードX」
「TOYOTA/ヴェルファイアX」

などが挙げられます。

上記のものはあくまでも人気車種の一例です。カーリースもろコミでは、「国産乗用車全車種」を利用可能で、サイトに掲載されていない車種も利用できます。

※PHV(プラグインハイブリッド自動車)、PHEV(プラグインハイブリッドエレクトリックビークル)、EV(電気自動車)など一部車両を除きます。

 

法人利用であればカーリースの活用はかなりオススメ

カーリースの主な利用者は法人です。最近は個人利用も活発になっていますが、もともとカーリースは法人のためのサービスで、現在でも法人がメイン顧客のひとつであることには変わりありません。

では、なぜ法人利用が特にお得なのでしょうか?いくつか理由が挙げられますが、一番大きな理由としては、「節税効果」です。リース料は全額経費として計上でき、一括購入やローン購入のように、資産計上されることがありません。

その結果、帳簿上の収益を減らすことができるので、当然法人税が安くなります。「もしかすると、ローン契約でも経費計上できるのでは?」と思われている方もいるかもしれませんが、ローンで支払った分は車両運搬具や固定資産で計上されます。

ローンで支払ったお金で費用計上できるのは、利息や諸々の手数料のみで、車両本体に掛かるローンは資産の枠になります。資産も後々減価償却すれば費用計上できるのですが、年単位の時間差があります。

リース契約の場合、リース料を支払ってすぐに費用計上できるため、節税対策がしたい法人にとってはかなり大きなメリットになるのです。同様の理由から、個人事業主でもリース契約によって費用計上している方もいます。

最近は、個人でのカーリース契約も増えていますが、その一因として、実は個人事業主の数が増えているという背景もあるのです。

法人がカーリースを利用する他のメリットとしては、頭金不要、法的な手続きをやってくれたり、車のメンテナンスをやってくれたりするといったことが挙げられます。

法人がカーリース契約をすると、金銭的にも労力的にもメリットがあります。一番の理由は節税対策ですが、メンテナンスや法的な手続きを考えても、忙しい法人にとってカーリース契約はもってこいです。

ちなみに、福祉車両をリースすることも可能です。福祉施設では利用者の送り迎えなど、何かと車を使用する機会が多く、乗用車だと事足りないケースがほとんどです。福祉専用の車両をリースすれば、自社で車両を購入する必要がなく、面倒な手続きや資産を抱えるデメリットがなくなります。

 

外車のバンタイプに乗りたい人におすすめのカーリース会社

フォルクスワーゲン、ベンツなどの外車バンタイプに乗りたい場合、外車・輸入車を積極的に取り扱っているカーリース会社がぴったりです。具体的には、「ジャッジ」「GLIDE」「マリオットマーキーズ」などの会社がおすすめです。

ジャッジは「国産車・輸入車、全メーカーに対応」しています。また、新車にも中古車にも対応しており、万能型のカーリース会社と言えるでしょう。ジャッジについて少し紹介しておくと、資本金1000万円、従業員10名と比較的小規模な企業です。

少数精鋭ですが各所に太いパイプを持っており、結果的に国産車、輸入車全メーカー対応、新車、中古車全て対応といった高い対応力を見せています。

GLIDEは、中古車1年~5年、新車1年~7年と比較的短期のリース契約から対応しています。GLIDEは特にアメ車に力を入れており、ロサンゼルスに支店も持っています。ロサンゼルスの担当スタッフが現地で厳選した車両を仕入れ、それを日本に送っています。

高品質にこだわってアメ車を仕入れ続けた結果、3年連続アメ車輸入台数No.1に輝いています。

マリオットマーキーズはサポート窓口を購入用と車検や修理用で分ける、メール問い合わせからの返信が早い、といったサポートに力を入れています。カーリース会社は全般的にサポートに力を入れていますが、マリオットマーキーズは全国的にネットワークを張り巡らせているため、出先での万が一の事故対応なども万全です。

さらに、ある程度のドレスアップができることも、他とは違うサービスの特徴であると言えます。さすがに自分で勝手にドレスアップすることは不可ですが、契約段階でカスタマイズすることが可能です。パーツ交換、ローダウン、ボディラッピング、ライトカスタム、オーディオ取り付けなどが可能です。

カーリースにはドレスアップできないという欠点がありますが、マリオットマーキーズでは契約段階でドレスアップ可能なので、車好きにとってのカーリースの欠点を補っています。

以上のように、国産車、外車、新車、中古車など、バンタイプのカーリースは幅広く対応しています。
人気カーリースを見る

関連する記事

契約前に知っておきたい、人気カーリース会社の特典を徹底紹介!

カーリースサービスの内容や料金など比較するポイントはたくさんありますが、その中の1つとして重要なのが、特典やキャンペーンですよね。カーリースを利用することによって、どのような特典を受けることができるのかは、カーリース選びにはとても大切です。 そこで、今回は人気のカーリース会社の特典を詳しく紹介していきます。特典やキャンペーンで比較をしてみたいという人は、ぜひ参考にしてみてください。

カーリースの月額料金はどれくらい?

車を長期間借りられるカーリースのサービスが人気を呼んでいますが、カーリースの月額料金はいくら程度が相場なのでしょうか?大手カーリース会社の「コスモスマートビークル」の公式サイトで月額料金を軽自動車と普通自動車に分けて調べてみました。 メンテナンスプランは一番オーソドックスな「シルバーパック」に、走行距離制限は「1,000km/月」に設定しました。頭金やボーナス払いは「なし」です。

カーリースに興味があるけれど運転に自信がない方必見!リース車の事故対応や修理費用について解説

「カーリースって便利そうだけど、いまいちどんなものかよくわからない…」そんな風に思っている人は多いのではないでしょうか。 中でも、「車はほしいけれど運転に自信がないから傷つけてしまわないか心配」「リース車の修理は誰がやるの?」などの不安は色々とあるのではないかと思います。 今回は、リース車を傷つけてしまった場合の修理はどのようにすれば良いのかというお話を、カーリースの基本的な仕組みの説明と併せて行っていきます。

リース車の改造はどこまでOK!?違約金が発生するパターンもある!

リース車は月々のリース料金を支払うことで自分の所有物のように新車に乗ることができるのが大きな魅力ですが、ドレスアップやその他のカスタマイズ、いわゆる「改造」は可能なのでしょうか?可能であればどこまでOKなのか?違約金が発生してしまうケースはどんなケースなのか?など今回はリース車の改造にポイントを絞って解説をしたいと思います。