カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

法人向けのカーリースはお得?経費の観点から徹底検証!

法人や個人事業主は利益を出すためになるべく経費の削減や節税をしたいと思っています。大きな経費がかかるものとして車を挙げることができます。事業を行なう上で車が必要であれば、それなりの経費を用意しなければなりません。 法人や個人事業主が車を必要とする場合、購入した方がよいのでしょうか、それともカーリースを利用した方がよいのでしょうか?経費などの観点から徹底検証します。

法人向けカーリースの仕組み

法人向けカーリースの仕組みについて見てみましょう。

カーリースとは月々のリース料金を支払うことでリース会社から車を一定の期間貸し出してもらえる仕組みのことです。契約期間は数年に及ぶ場合が多く、車の「所有者」はカーリース会社であり、契約者は車の「使用者」という扱いになります。

契約が成立してからカーリース会社がディーラーに車を発注するため、購入する場合と同じように様々なメーカーや車種から車を自由に選択することが可能です。メーカーオプションや販売店オプションも付けることができます。

カーリースで利用する車は、レンタカーのように「わ」ナンバーにはなりませんので、車の外観でリース車かどうかを判断することはできません。取引先や顧客との信頼関係が大切な法人や個人事業主にとって、これはとても助かる点と言えるでしょう。

月々のリース料金は、車両価格から契約期間終了時の予想下取り価格(予想残価)を差し引いた金額を元に設定します。残価があらかじめマイナスされる分、お得な料金で車を利用することができます。

カーリースの契約は残価の設定方法によって「オープンエンドリース方式」と「クローズドエンドリース方式」に分類することができますが、個人向けのカーリースの多くは「オープンエンドリース方式」を、法人向けのカーリースのほとんどは「クローズドエンドリース方式」を採用しています。

「オープンエンドリース方式」の場合、カーリース会社が契約時に予想残価の金額を明示し、契約期間終了時に返却車両の査定価格と予想残価の差額清算が実施されます。

このケースで査定価格が予想残価を下回った場合は、契約者がリース会社に差額を支払うことになります。逆に査定価格が予想残価を上回った場合には、リース会社が契約者に差額をキャッシュバックします。

「クローズドエンドリース方式」の場合、予想残価は公開されず、契約期間終了時の清算はありません。これは契約終了時に追加で経費が発生する心配がないということです。

さらに、法人向けカーリースには「ファイナンスリース」と「メンテナンスリース」の2種類のタイプがあります。

「ファイナンスリース」の場合、リース料金に車両価格、自動車取得税、契約期間中に発生する自動車税、初回の車検までの自動車重量税・自賠責保険料が含まれます。

「メンテナンスリース」の場合、リース料金に車両価格、自動車取得税、契約期間中に発生する自動車税・自動車重量税・自賠責保険料、車検費用、整備点検費用、オイル交換費用、消耗部品交換費用などが含まれます。当然「ファイナンスリース」よりも月々のリース料金は高めになります。

 

購入とカーリースの経費の計上方法

車の購入とカーリース、それぞれではどのように経費を計上することになるのでしょうか?

企業が車を購入した場合、車を固定資産として扱われます。車のように耐用年数が2年以上の固定資産に関しては、減価償却を行なわなければなりません。そのため、車の購入費用は全額を一度に経費として扱うことはできません。

普通自動車の場合は6年(減価償却率0.417)、軽自動車の場合は4年(減価償却率0.625)に分けて経費化することになります。減価償却では、はじめの年ほど経費として計上する金額が大きくなりますが、年数が経過するにつれて金額が非常に小さくなります。

一方、カーリースでは、月々のリース料金をそのまま経費として計上することが可能です。リース料金には車両価格の他に各種税金、自賠責保険料、車検費用、諸々のメンテナンス費用などが含まれていますので、車両価格以外の部分もまとめて経費として計上できることになります。

同じ車種の自動車で比べた場合、最初の2年間は購入して減価償却した方が経費として計上できる金額が高くなりますが、それ以降はカーリースの方が経費として扱える金額が多くなります。

 

購入とカーリースではどちらがお得?

では、購入とカーリースではどちらがお得だと言えるのでしょうか?

カーリースには購入と比べて下記の利点があります。

・経費の計上方法がシンプル

カーリースでは(特にメンテナンスリースでは)リース料金をそのまま経費として計上すれば済みます。購入の場合は購入価格を減価償却しなければなならず、車の管理に関わる費用を別に経費として計上しなければなりません。カーリースの方が経費の計上方法がシンプルで、会計担当者の負担が軽くなります。

・経費が安定する

カーリースでは月々定額のリース料金を支払っていきます。車検などのタイミングでまとまったお金を用意する必要がないため、車に関わる経費が安定します。出費の計画が立てやすいと言えるでしょう。

・車の管理が楽

メンテナンスリースであれば、車の管理のほとんどをカーリース会社にお任せすることができます。社員が車の管理に時間を取られることがないため、人件費という点で経費の削減につながります。

・初期費用を抑えられる

カーリースの場合は購入と違って頭金が不要なため、現金が一度に大きく減少してしまうことを避けることができます。

・車両の入れ替えが容易

法人は車のコンディションを考えて定期的に車を入れ替えることが多いですが、購入の場合、車を売却したり、新しい車の購入手続きをしたりしなければならないため、いろいろと面倒です。

一方、カーリースの場合は、車の入れ替えを契約期間ごとに容易に行なうことができます。契約期間が終わると車を返却し、引き続き車が必要な場合には新たに別の車をリースすればそれで済むのです。

一方、カーリースにはデメリットもあります。

・経費が結果として高くつく場合がある

リース料金には金利が掛けられています。つまり車両価格以外の部分にも金利が掛かっているということです。さらに、カーリース会社の利益分も上乗せされています。購入して車の管理をすべて自分たちで行なう場合と比べると、費用の総額がどうしても高くなってしまいます。

・中途解約ができない

カーリースの契約は基本的に中途解約することができません。契約期間が終わるまではリースに縛られることになりますので注意が必要です。

このように、カーリースにはメリットもあればデメリットもあります。メリットがデメリットを上回ると判断する人たちにとっては、お得なサービスと言えますが、その逆もしかりです。経費やその他の観点から内容をよく吟味して、購入かカーリースかを決定することが大切です。

人気カーリースを見る

関連する記事