カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

流行りのカーリース、その人気の秘密は?幅広い世代に支持されているカーリースの魅力をご紹介!

近年、新車の導入方法として流行しているカーリースをご存知でしょうか。世代を問わず広く支持されるようになったのには理由があります。ここでは、仕組みや具体的な料金なども交えながら、カーリースの魅力について詳しく見ていきましょう。

カーリースとはどんな仕組みのサービス?

カーリースとは、まとまった頭金なしに、決められた月々の利用料金だけで新車をマイカーのように使用できる、近年流行している新しいサービスです。従来、車の購入を考えた際には、現金で一括購入するか、オートローンを利用するという場合がほとんどでした。

カーリースの場合、カーリース会社が車を購入し、利用者が一定のリース料金を払って、その車を使用するというシステムです。

なお、カーリースの場合、車の所有者はカーリース会社、使用者の名義は利用者ということになります。まとまった資金が用意できなくても、月々のわずかな料金で新車を導入できる方法として大きな流行になりつつあるのがカーリースといえるでしょう。

カーリースは最低でも1年以上、長い場合は9年程度の長期契約が基本です。対してレンタルの場合は1日から1か月程度、長くても数か月程度の契約、カーシェアに関してはもっと短く、1時間未満~数時間という短期契約になっているのがカーリースとの違いです。

また、レンタルやカーシェアでは、あらかじめ用意された車から利用するものを選びますが、カーリースでは利用者の為に新車が用意されるのも特徴です。多くのカーリースが幅広い車種を提供しており、流行の人気車種も、もちろん用意されています。

リース料金には、ローンと違い、新車購入時に必要になる登録料などはもちろんのこと、税金や自賠責保険料なども全て含まれています。

カーリース会社やプランによっても多少左右されますが、メンテナンス料が含まれているものも多く、車に関する出費は、ほぼリース料金のみといっても過言ではないかもしれません。

カーリースには、車に関する突発的な支出を防ぎ、家計の負担になりにくいというメリットがあります。月々の利用料金のみの支払いなので家計の見通しも立てやすくなりますね。このお手軽さが、カーリースが流行するようになった理由のうちの一つといえるのではないでしょうか。

一般的にリース料金には残価が設定されます。残価とはリース契約終了時の車の査定予想額。この残価を元の車両価格から差し引いてリース料金が設定されるので、カーリースでは月々のお手軽な料金設定での新車の利用が可能になっているのです。

 

流行りの波に乗って多種多様なカーリースプランが続々と登場!いったいどんな内容?

法人の車の導入方法としては、意外と古くから定着していたカーリースですが、個人向けのマイカーリースが一般的になってきたのは1990年代後半からといわれています。

当時は限られたサービスしかありませんでしたが、次第にカーリースが流行して一般的になり、利用者が増えるにしたがって、様々なニーズが生じるようになりました。

現在では数多くのカーリース会社が存在しますが、それぞれに個性的なプランを用意しています。その一例をご紹介しましょう。

契約満了後は車がもらえる!カーコンカーリースもろコミ

カーコンカーリースもろコミは9年リースの「もろコミ9」と9年リースの「もろコミ7」の2つの契約プランを用意しています。

カーコンカーリースもろコミでは、リース料金に残存価格設定がなく、契約期間が満了するとリースしていた車をそのままもらえるのが大きな特徴です。

カーリースといえば、車が最終的には自分のものにはならないのが一般的な認識かと思いますが、カーコンカーリースもろコミはそれを覆した新しいサービスとして注目を集めています。

また、カーコンカーリースもろコミでは、2018年9月30日までにWEBサイトかもろコミ販売店で申し込み、販売店で契約をした方を対象に、契約期間中ずっとガソリンが割引になるキャンペーンを実施しています。

ガソリン代が高騰しているこのご時世、これはとてもお得なキャンペーンなのではないでしょうか。1ℓにつき20円の補助、月に上限2,000円までの補助が可能になっています。

しかも、カーコンカーリースもろコミは月額が8,000円〜と業界最安値で、カーリースの流行を今後も引っ張っていく存在となることでしょう。

解約金なしで2年後には乗り換えが可能に!オリックスのカーリースのいまのりくん

いまのりくんは、契約期間の設定は5年ですが2年を経過すると解約金なしで乗り換えや返却が可能になるプランです。返却した場合、残りの期間の支払いは免除されます。

多くのカーリースは、一度契約した期間を変更したり解約したりするのは基本的に認められておらず、やむを得ない事情で解約する場合でも、高額な解約金が発生する場合がほとんどです。

その点、いまのりくんは、家族構成の変化に合わせて乗り換えたり、新しい流行の車に短いスパンで乗り換えたりが可能になり、幅広い層のニーズを満たすプランなのではないでしょうか。

初めてカーリースを利用する際でも、気負いなく始められそうなところも魅力です。

選択肢が多く、フレキシブルにプラン選択ができるコスモスマートビークル

走行距離・リース期間・支払方法やメンテナンスプランを自由に組み合わせてプランを組めるのがコスモスマートビークル。選択肢の幅が非常に広く、オーダーメイドのように自分に合ったプランを組み立てられるのが人気の秘密でしょう。

走行距離、リース期間は3パターンから選べます。普段の車の使用方法やライフスタイルに合わせて選択できますね。

なお、コスモスマートビークルでは、このほかにメンテナンスパックの選択が必須となっています。

車検費用やオイル交換料などはもちろん、消耗品の交換や車両の延長保証、ロードサービスまでセットされた充実した内容のゴールドパックから、タイヤ交換やロードサービスなどは省いた標準的なメンテナンスのシルバーパック、メンテンス無しのホワイトプランから1つ選択します。

全てのメンテナンスを含んだプランがあるのはコスモスマートビークルのみなので、手厚いメンテナンスを望む方にはぴったりといえるのではないでしょうか。

 

カーリースでは流行りの人気車種も選べる!

カーリースでは利用者の好きな新車を選べることが魅力の一つでもありますし、カーリースが流行したポイントであるともいえるでしょう。

カーコンカーリースもろコミでは、国産の乗用車全車種に対応、まるでマイカーを購入するように自由に車種を選べます。もちろんボディカラーやグレードなども選択できるので、車選びに関する制限はほぼないといってもいいでしょう。

※ただし、PHV(プラグインハイブリッド自動車)、PHEV(プラグインハイブリッドエレクトリックビークル)、EV(電気自動車)など一部車両除きます。

月額業界最安値と評判のカーコンカーリースもろコミで、どんな車がどのくらいの値段でリースできるのかをご紹介しましょう。

以下は、全て9年契約「もろコミ9」での値段です。

一番流行の軽自動車、ホンダ・N-BOX G Honda SENSING

月々8,100円(税込)、年2回のボーナス加算73,872円(税込)あり
ボーナス加算なしの場合、月々20,412円(税込)

コンパクトカーの定番、トヨタ・ヴィッツ1.3F

月々13,500円(税込)、年2回のボーナス加算66,096円(税込)あり
ボーナス加算なしの場合、月々24,516円(税込)

流行の先端を行くSUV、トヨタ・C-HR S HYBRID

月々27,000円(税込)、年2回のボーナス加算69,984円(税込)あり
ボーナス加算なしの場合、月々38,664円(税込)

走行性能に定評あり、ホンダ・オデッセイ G・エアロ Honda SENSING

月々30,024円(税込)、年2回のボーナス加算81,648円(税込)あり
ボーナス加算なしの場合、43,632円(税込)

クロカンの流行を作った、ミツビシ・パジェロ ロング エクシード

月々42,120円(税込)、年2回のボーナス加算84,888円(税込)あり
ボーナス加算なしの場合、56,268円(税込)

 

カーリースを活用して流行りの車で出かけよう!

今回は流行のカーリースの仕組みや魅力についてご紹介しました。月々の利用料のみで希望の新車をマイカーのように使用できるカーリースを利用すれば、最新流行の車を自由に選べるので、車好きの方や情報に敏感な方にはぴったりなのではないでしょうか。

これから主流になってくると思われる流行のカーリース、新車の購入を考えた際には、導入方法の一つとして選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。

人気カーリースを見る

関連する記事

車の買い方はリースと購入どちらがお得か徹底比較

車の購入を考えた際、今までは一括購入かローン購入が一般的でした。最近では、新しい車の購入方法として「カーリース」が登場し、車所有がもっと気軽に行えるようになりました。しかし、車の購入は大きな買い物ですので、失敗はもちろん後悔もしたくありません。また、できるだけお得に買いたいと思うはずです。ここでは、リースと購入どちらがお得なのか比較してみました。

社用車で車検を受けた場合、費用の仕訳はどうすればいいの?

車は個人で使用する自家車以外にも、社用車などの法人名義のものが存在します。車を維持するにあたって、車検を受けることが義務付けられていますが、その時に必要な車検費用の捻出は、個人にも法人にも頭の痛い問題です。特に車が法人名義の場合は、車検費用に対する会計処理も必要となってきます。 会計処理は事業運営の上で必ず必要となる業務ですが、専門家でない限り、勘定科目の仕訳は複雑で一筋縄にいかないのも事実です。車検費用の仕訳をしっかり把握していなければ、定期的に受ける必要がある車検の度に苦労することになりますので、ここでは、法人名義の車の車検費用の仕訳について詳しく紹介していきます。

カーリースには走行距離の制限がある!リース車の契約時に確認しておくべきこと

わずかな初期費用と定額で好きな車に乗ることができるカーリースですが、そのほとんどは「走行できる距離」が決められています。どのように決められているのか?うっかりオーバーしてしまうとどうなるのか?など、今回はカーリースの走行距離について、他にも確認しておきたいポイントと併せて解説をします。

カーリースの審査基準は?審査が甘い会社やブラックリストでも利用できる会社はある?

カーリースを利用するためにはローン購入と同様に審査をパスしなければなりません。カーリースの審査基準はどのようなものなのでしょうか、ブラックでも審査を通過することは可能なのでしょうか、審査が甘い会社はあるのでしょうか?今回はカーリースの審査基準について解説していきます。