カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

激安価格で車を楽しむなら、カーリースを利用しよう!

近年、カーリースサービスが激安の料金で車を長期間借りられるということで注目を集めています。ここでは「なぜカーリースは料金を激安にできるのか」「おすすめの激安カーリース会社」「カーリースの注意点」などをご説明していきます。

カーリースはなぜ激安の料金で利用できるのか?

「カーリース料金はなぜ激安にできるのか」の質問に答えるためにまず、カーリースの料金がどのようにして設定されるのかを見てみましょう。

リース料金には「各種税金」「自賠責保険料」「車検費用」「基本的なメンテナンスの費用」などが含まれている場合が多く、それらが「車両価格」に上乗せされます。

このように「車両価格」に諸費用が追加されますので「リース料金はむしろ割高になるのではないか?」と思った方もいるかもしれません。

では、なぜリース料金は激安にできるのでしょうか?

ポイントは「車両価格」にあります。実はカーリースの場合、「車両価格」は全額を負担する必要はないのです。どういうことかと言いますと、「車両価格」から「契約終了時の予想残存価格」を差し引いた金額を元に、月々のリース料金が算出されるのです。

例えば、「車両価格」が200万円の車を5年契約でリースするとします。その車両の5年後の「予想残存価格」が80万円だとすると、200万円から80万円を引いた120万円を5年間の月数、つまり60か月で割ります。これによって算出される2万円が、リース料金のベースとなる「車両価格」だということになります。

OA機器などのリース商品では、その商品価格をほとんど全額償却する前提で料金が設定されています。しかしながら、カーリースの場合は残価を設定してその分をあらかじめ差し引いていますので、激安のカーリース料金を実現できるわけです。

しかも、カーリース会社は車を大量購入しますので、個人での購入と比較すると大きい割引を受けている場合もあります。これもカーリースの料金を激安にできる理由の1つです。

 

おすすめの激安カーリース会社!

ここで、激安価格でサービスを展開しているおすすめのカーリース会社をご紹介します。

定額ニコノリパック

「定額ニコノリパック」は「ニコニコレンタカー」を経営している「MIC株式会社」のカーリースサービスです。人気車種の新車に月額税抜1万円という激安価格でカーリースを利用することができます。ほかにも車種によって2万円、3万円のリース商品があります。とてもシンプルで明瞭な料金体系となっていてわかりやすいですね。契約期間の長さは5年間です。

リース料金には「車両価格」のほかに「車検代」「自動車取得税」「自動車重量税」「自動車税」「印紙税」「自賠責保険料」「メンテナンス費用」などが含まれています。エンジンオイルは半年に1回無料で交換してもらえます。また、契約期間中にガソリン代が1リットルあたり5円引きになるという特典もあります。

リース期間終了後には以下の4つの選択肢の中から1つ選ぶことができます。

1 新しく別の車に乗り換える

2 再リースして同じ車に継続して乗る

3 車を返却する

4 買い取って自分のものにする

では、「定額ニコノリパック」の激安商品を具体的に見てみましょう。公式サイトで価格を調べました。

※価格は変更になる場合があります。

「スズキ ハスラー G」の激安カーリース価格
料金は年2回の66,744円のボーナス払いありで月額10,800円です。月々均等払いの場合は月額21,924円です。

「ホンダ N-BOX G Honda SENSING」の激安カーリース価格
年2回の86,832円のボーナス払いありで月額10,800円です。月々均等払いの場合は月額25,272円です。

「トヨタ シエンタ X Vパッケージ」の激安カーリース価格
年2回の76,464円のボーナス払いありで月額21,600円です。月々均等払いの場合は月額34,344円です。

オリックス自動車

「オリックス自動車」はオリックスのグループ会社でカーリースのほかにもレンタカーやカーシェアリングの事業もおこなっています。オリックス自動車は、カーリースやレンタカー用に車両を年間7万台購入しています。大量に購入していますので、仕入れ価格の割引を期待することができます。

「オリックス自動車」は、個人向けのカーリースとして5年契約の「いまのりくん」、7年契約の「いまのりセブン」、9年契約の「いまのりナイン」というプランを展開しています。

一般的に言って、カーリースは中途解約ができないのですが、オリックス自動車のプランでは一定の年数経過後に解約が可能となります。具体的には「いまのりくん」で契約開始から2年経過後、「いまのりセブン」で5年経過後、「いまのりナイン」で7年経過後に解約ができるようになります。

契約終了時には、「いまのりくん」のプランでは車を返却することになります。「いまのりセブン」では、車を自分の所有物とするか、返却して現金還元を受けるかを選択できます。また、「いまのりナイン」では、車は自分の所有物となります。

リース料金には「車両価格」のほかに、リース期間中に発生する「自動車取得税」「新車登録時手数料(車庫証明代行手数料、納車費用等)」「自動車重量税」「自動車税」「自賠責保険料」が含まれています。

その他、契約期間中の車検や6か月ごとのオイル交換を無料クーポンでおこなうことができます。さらに、契約期間中にオリックスレンタカーを激安料金で利用できるという特典も付きます。

ではオリックス自動車の激安カーリース商品例を見てみましょう。こちらも同じく公式サイトで価格を調べてみました。

※価格は変更になる場合があります。

「スズキ アルト」の激安カーリース価格
料金は「いまのりくん」で19,440円、「いまのりセブン」で16,200円、「いまのりナイン」のプランで13,608円です。

「ダイハツ ミラ Xスペシャル」の激安カーリース価格
「いまのりくん」で22,032円、「いまのりセブン」で18,360円、「いまのりナイン」のプランで15,120円です。

「ニッサン キューブ 15X」の激安カーリース価格
「いまのりくん」で39,744円、「いまのりセブン」で33,588円、「いまのりナイン」のプランで27,756円となっています。

 

カーリースの注意点とは?

今回の記事で見てきたように、カーリースは激安の料金で利用できます。ただカーリースには注意点もあります。

まず、契約の種類にもよりますが、原則としてカーリースの場合は期間満了まで料金を支払い続けても車は自分のものにはなりません。この点はローンとは大きく異なりますので、しっかり理解しておきましょう。

また、カーリースは原則として中途解約できないという点も注意が必要です。どうしても解約しなければならない場合は、残りの全期間のリース料金と違約金を支払わなければならないので、契約期間がまだ長く残っている場合の支払額は大きくなります。

さらに、リースした車の所有権はあくまでもカーリース会社にありますから、好き勝手にカスタマイズしたり改造したりすることはできません。カスタマイズは原状復帰が可能な範囲にとどめる必要があります。

激安価格で契約できるカーリースですが、こうした点をしっかり理解してから利用するようにしましょう。

人気カーリースを見る

関連する記事

車検見積もりの重要性とは?車検の手順や選び方のポイントをご紹介!

車検を行う際、見積もりを取っていますか?取っていたとしても何となくチェックして、比較検討することもなくそのまま車検を行ってはいないでしょうか。車検ではどのくらいの費用が必要になるのかはっきりせず、不安に思う方も少なくないといいます。その不安は実は見積もりをしっかりと取ることで解消できるのです。 そこで、ここでは車検の見積もりの重要性や車検の手順、選び方についてもご紹介します。車検の際には、参考にしてみてください。