カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

無免許の人でもカーリース利用は可能?さまざまなケースをご紹介!

一般的に周知されつつあるカーリースですが、まだまだ、その詳しい仕組みはよく知らないという方も少なくありません。車を購入するのと、どんな違いがあるのでしょうか?購入より手続きや条件が複雑なイメージがありますが、実際どうなのでしょうか。 また、ここではカーリースをする際に「もしも免許をもっていなかったら?」というケースも紹介します。無免許なのに車を手に入れるというのは、どういうことなのでしょうか。実はこの状況は誰にでもあり得ることなのです。今はその状況になくても、万が一の時に役立つ情報として知っておきましょう。

タイトルアイコン

頭金0円!毎月定額で新車が手に入る!

毎月定額で新車購入可能なカーリースを検討中ならまずは諸条件を確認!頭金0円、各種税金・自賠責保険料などもコミコミなので、初期費用を抑えて乗り始めることができる!契約中も急な出費がないから、ずっと安心して乗り続けることができますよ。

無免許でも通常の購入なら可能!

車を購入するときに、必ず免許を持っていなければいけないわけでありません。車の所有者が必ずその車を運転しなければいけないという決まりはないので、購入の契約と運転免許の有無は関係ないのです。

購入時に免許証を提示した覚えがある方も多いかもしれません。それは身分証明書として免許を使用していることがほとんどで、免許が必須なわけではありません。

実は、無免許でも車を手に入れたいというケースは意外に多いのです。どのようなケースが考えられるでしょうか?

よくあるのは、家族のために購入したいというケースです。自分は運転しないけど、息子や娘が遊びに来た時のために車を買いたいといった場合や、両親にプレゼントしたい場合などです。

また、名義だけを、免許を持っていない人にしたい場合もあります。運転するのは奥さんで、手続きや契約は夫名義で進めたいというケースです。他にも、自営業なら、従業員が使う社用車が欲しい、もしくは常に運転手に運転してもらいたい、というパターンもあり得ます。

その他、免許を取る前に車を契約したい、車を購入時に免許の期限が切れていたなど、理由は様々です。

このように、免許がない状態で車を購入するのは、意外とよくあるケースなのです。無免許で車を購入したいと言っても不思議に思われたり、無免許運転を疑われたりするわけではないので安心しましょう。

これは、オートローンを組んで購入するときにも同じことが言えます。ローンの審査は免許の有無ではなく、年収や勤務先など、経済的な観点で行われます。無免許だからという理由だけで審査を落とされることはありません。

また、購入時と同じく免許証が求められる理由が、本人確認のためということもあります。この点も、無免許なのであれば、他の書類で本人確認を取ることができます。多くの場合、パスポートや保険証などを本人確認書類として認めているので、そちらを用意できれば問題ありません。

ただし、ローン会社のルールによって免許の所持を求められることがあります。無免許で契約できるのは車を運転する人の同居家族のみといった条件がある場合もあるので、その点は注意しましょう。ローン会社のルールで定まられている以上は仕方ありません。無免許でローンを組みたい場合は、そういったルールがないか事前に確認しておくと良いでしょう。

 

購入とカーリースの仕組みはどこが違う?分かりやすく解説!

購入とカーリースの違いを簡単にいうと、車の所有者がユーザーか、カーリース会社かの違いです。車を購入した場合は、もちろん所有者も使用者もユーザーです。ローンを組んでいる間は所有者がローン会社の扱いになりますが、払い終えれば自分の元に所有権がきます。

カーリースした場合、基本的には所有者はカーリース会社、使用者はユーザーになります。契約を終えても所有者はカーリース会社のままのケースが多いので、長期でレンタカーを使用しているような感覚です。この違いが、出費の仕組みやメリットデメリットを左右します。

車を購入すると、車両代は一括で払うか、ローンを組んで分割払いで払います。ローン支払いにした場合、初年の費用として毎月のローン支払いと、車両の頭金、登録費用、所得税、重量税、自賠責保険、任意保険、自動車税がかかります。それに加え、車の整備代と万が一故障した場合は、修理代がイレギュラーでかかります。

そのため、状況によっては車関連の思わぬ出費が発生することがあります。さらに4年目には最初の車検があり、車の整備費用も年数が経つにつれて増していきます。

一方、カーリースは保険や税金、メンテナンス代など車にかかる費用はリース代に組み込まれています。諸費用で、初期費用が思ったより増えていくことがありません。自分で車関連の手続きをする必要がなく、予定外の出費が発生することもないので安心です。

ただし、廃車になるような大きな事故を起こした場合は、残っている契約分のリース料を支払わないといけないことがあります。契約満了まで乗ったあとは車両を返却し、必要であれば他の車を新たにリースします。契約によっては、買い取ることも可能です。

車を自分の好きなようにカスタマイズしたい人や、愛車を長年乗り続けるつもりという人は、購入の方がおすすめです。とりあえずの出費を抑えたい、手軽に新しい車に乗り継ぎたい、メンテナンスや手続きなどお任せしたいという人はカーリースの方がメリットは大きいでしょう。

 

カーリース申し込み時、無免許で免許証を持っていなかったら?

このように車を入手する手段は、購入とカーリースがあります。無免許の人が車を確保したいというケースは、カーリースでも可能なのでしょうか。

カーリースの場合、使用者がユーザーとなるということは申込時に免許証を持っていないと契約できないようなイメージがありますが、申込者に免許証が必須かどうかはカーリース会社によって異なります。

カーリース会社によっては申込者と使用者が同一かどうか確認はしないため、申込者以外が使用しても良いとしています。その場合、申込者が免許証を持っていないことは十分あり得ます。

ただ、ほとんどのリース会社では必要書類に免許証を挙げています。これを見ると、無免許でのリースはできないのではないかと思うかもしれません。

しかしながら、実はよく確認すると本人確認書類として求めていることがほとんどです。その場合、免許証以外のパスポート、マイナンバーカード、保険証など本人確認書類が提出できれば契約可能としている会社もあります。

免許を持っていないからとカーリースでの車の入手を選択肢から外さず、まずはカーリース会社に問い合わせてみましょう。

 

無免許の場合、カーリース契約はできても運転は絶対にダメ!

購入であってもカーリースであっても無免許で契約することに問題はありません。しかし、当たり前のこととして、契約できるからと言って運転をしていいというわけではありません。あくまで他の免許証を持っている運転者が使用するための契約です。

無免許運転は絶対にいけません。無免許運転は3年以下の懲役または50万円以下の罰金です。これは運転者だけでなく、相手が無免許だと知っていながら同乗、または車を貸した場合も同じ罰則が科せられます。重大な交通事故になった場合、逮捕され、過失運転致死傷罪に問われることもあります。

刑法で罰則、罰金を課せられるといった法的な問題はもちろんのこと、無免許運転はカーリース会社とのトラブルにもなります。カーリースは車両保険以外にも、事故に備えてカーリース会社の保証をつけていることが多いです。しかし、ほとんどの保証で無免許の人が事故を起こしても保証対象外です。すべての出費や責任を負わなければいけません。

無免許で契約はできますが、免許がないのに運転することはやめましょう。

人気カーリースを見る

関連する記事

カーリースの中途解約(途中解約)は可能?もし契約期間中に解約をしなければならなくなったら…

カーリースの契約期間中に、何らかの事情によって「どうしても解約をしなければならない」という状況になってしまう可能性はゼロではありません。カーリースは中途解約が可能なのでしょうか?また可能であればどのような手続きを経て解約をすることができるのでしょうか?カーリースを利用する前にぜひ押さえておきたいポイントですので、しっかりと把握しておきましょう。

カーリースの利用は引越しをしても継続可能?サービスの詳細について解説!

希望車種を「リーズナブルな価格で自由に乗りこなせる」として、個人向けカーリースの人気が高まっています。数年間のカーリース契約を結ぶことで利用者は車を購入することなくカーリース会社が利用者の希望する車種を手配してくれます。 しかし、数年間の契約期間中にライフステージが変わることも十分考えられますし、転勤や転職などで引越しをすることも予想されます。今回はカーリース契約期間中に、引越しを行う際に必要となる手続きを紹介します。

いまさら人に聞けない!?カーリースの基礎知識と用語集!

最近注目の車の利用法でもある「カーリース」。これまでは、車を購入したり、カーシェアをしたりといった利用法が一般的ではありましたが、料金面などのメリットから、カーリースを選ぶ人が増えています。 そんなカーリースですが、知らない人にとっては、気にはなるけど、内容がよくわからないサービスかもしれません。今回は「カーリース」に関する基礎知識や用語について解説します。

リース車のパーツ交換やカスタマイズはしても良い?カーリースの基本的なルールを知っておこう

車好きの方にとっては、パーツ交換やカスタマイズをするのも車の楽しみ方の1つだと思います。では、カーリースで利用している車のパーツ交換やカスタマイズは自由にできるのでしょうか?今回は、カスタマイズについてのカーリースの基本的なルールについてご説明します!