カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

福祉車両をリースすると消費税が減税される?お勧めのリース会社とは

月々のリース料を支払うことにより長期間車を利用できるカーリースのサービスは、近年人気を集めており、多くの人が利用しています。普通車や軽自動車だけではなく、福祉車両をリースしている会社もあります。今回は、福祉車両とはそもそも何なのか、福祉車両をリースすると消費税が現在されることがあるなど、詳しいメリットをご説明したいと思います。また、福祉車両をリースしている優良会社もご紹介します。

福祉車両とは?

福祉車両とは、身体に不自由を感じている方や高齢者などが使いやすいように、いろいろな工夫が施されている車両のことです。市販車を基本にして、必要な装置を取り付けたり、改造を施したりしてあります。

福祉車両には、大きく分けて「介護車」と「自操車」の2つのタイプがあります。「介護車」は車の乗り降りに困難を感じている方を補助する車です。身体に負担を掛けないようにシートが回転したり昇降したりできるように改造されていたり、車イスのまま乗り降りができる装置が取り付けられていたりします。「自操車」は手や足が不自由な方が運転できるように、運転補助装置が取り付けられている車です。

福祉車両については、各自治体が購入についての助成制度を用意しています。また、福祉車両のリースなどの利用では消費税の減免などの優遇制度も設けられています。福祉車両のリースでの消費税の減免については後ほど再び触れたいと思います。

 

福祉車両のリースを利用するメリットは?

福祉車両をリースすることにはどんなメリットがあるのでしょうか。

福祉車両を購入するとなると高額なお金を用意しなければなりません。ローンを組むとしても頭金が必要ですのでまとまったお金が必要になります。さらに車両の登録費用、諸々の税金や車検代がかかりますし、時間の経過と共にメンテナンス費用も必要になります。

しかしリースの場合、頭金は基本的に必要ありません。また、リース料には税金や自賠責保険料や車検代、基本的なメンテナンスの費用も含まれている場合がほとんどです。ですから月々定額のリース料金を支払いさえすれば、他に車の費用として必要なのはガソリン代、駐車場代、任意保険料くらいになります。

このようにリースの場合、一度に大きな出費を出さなくて済みますし、月々の出費があまり変動しませんので、経済的にやりくりしやすいというメリットがあると言えます。

また、購入の場合と比べて車両に対する支払額を抑えることもできます。なぜならば、リース料金というのは車両価格からリース期間終了時の予想残存価格をマイナスしたものをベースにして設定されるからです。

さらに、これは法人が福祉車両をリースする場合に当てはまる点ですが、原則としてリース料金全額が経費処理扱いとなります。つまり、車両代だけではなくて諸々の税金や車検代、メンテナンス費なども経費として処理できるということです。節税という観点でこれはメリットがあると言えます。また、車両の登録、税金の支払い、車検の手続きや基本的なメンテナンスをすべてリース会社に任せられるため、人件費の削減にもつながります。

ここまで福祉車両をリースするメリットについてみてまいりました。特に経済的な面でさまざまなメリットがあることがおわかりいただけたかと思います。

冒頭で少し触れましたが、福祉車両についてはリースなどの利用での消費税が非課税になる優遇制度が設けられています。

たた、福祉車両だからと言ってリースなどの利用で自動的にすべての消費税が非課税になる訳ではありません。

「介護車」であれば「車いす及び電動車いすを使用する者を車いすなどとともに搬送できるよう、車いす等昇降装置を装備し、かつ、車いすなどの固定等に必要な手段を施した自動車」である必要があります。また「自操車」であれば「身体に障害を有する者による運転に支障がないように、身体に障害を有する者の状態に応じた補助装置が付いている自動車」であることが消費税免除の条件です。

福祉車両の価格は決して安くはないですから、その8パーセントの金額の消費税がかからないというのは結構大きいですね。

なお、カーリースについての記事を読んでいる皆さんがここで一番気になるのは、消費税が非課税の福祉車両をリースした場合に、月々のリース料金に消費税はかかるのかどうかということでしょう。

うれしいことに、基本的には上記を満たした福祉車両の場合、リース料金全額の消費税が非課税となるようです。ですから、リースが購入よりも消費税の点で不利になるということはない訳ですね。

 

福祉車両を扱っているお勧めのカーリース会社は?

ここで、消費税が減免になる福祉車両をリースしているお勧めの会社をご紹介したいと思います。

オートガレージ122

「オートガレージ122」は福祉車両を専門に扱う会社です。福祉車両の販売、消費税が減免になる福祉車両のリースや修理を業務として行なっています。

福祉車両を専門に取扱う会社ですので、最初の契約から納車までの期間や、万一の事故や故障でリース車が使えなくなった時に、同種の福祉機能を備えたレンタカー車両をスピーディに手配してくれます。

また「オートガレージ122」は、福祉車両専門業者として多くの病院、施設、介護タクシー事業者に利用されています。そして利用者が多いゆえに高額な残存価格設定が可能となり、お手頃なリース料金を実現しています。

公式サイトで取り扱い車両のラインナップを見ることができます。消費税が非課税でリースできる福祉車両をたくさん扱っていますのでチェックしてみてください。

スマイルカーリース

「スマイルカーリース」は、「株式会社アイ・ティ・エス」が展開しているカーリースサービスです。「株式会社アイ・ティ・エス」はカーリースの他にもレンタカーやタクシー車両の制作や卸売りもしています。

「スマイルカーリース」では福祉車両を多数用意しています。その公式サイトを見ますと「福祉車両と介護車両」専用の商品紹介ページがありますから、福祉車両に力を入れていることがよくわかります。「スローパー車両」、「リフトアップ車両」、「イスが動く車両」、「送迎仕様車」などのさまざまなタイプの福祉車両を用意しています。消費税が非課税でリースできる福祉車両も多数あります。

「スマイルカーリース」では「ファイナンスリース」と「メンテナンスリース」の2つのタイプからサービスを選ぶことができます。

「ファイナンスリース」では登録費用やリース期間内の自動車税、自賠責保険料などがリース料金に含まれますが、車検や定期点検などのメンテナンスに関することはユーザーの負担となりますので、月々のリース料金を安くしたい場合のプランとなっています。「メンテナンスリース」は「ファイナンスリース」に法定点検や車検費用、一般修理などをプラスしたものです。メンテナンスをお任せできるので便利です。

以上が、福祉車両を扱う優良リース会社です。もちろん、他にも良いリース会社はたくさんありますから興味のある方はいろいろと調べてみると良いでしょう。

この記事では、福祉車両のリースについて見てまいりました。福祉車両はそれなりに高額ですので、購入するのが予算上難しい場合があるかもしれません。しかし、リースであればそんな場合でも予算内で利用できる可能性があります。しかも福祉車両のリースでは、消費税が非課税の優遇制度が適用されますので、是非一度利用を検討してみて下さい。

人気カーリースを見る

関連する記事

カーリース契約中にできてしまった車両のへこみはどうすればいい?知っておきたい対応方法とは?

購入するよりもお得に新車を利用できる個人向けカーリースの人気が高まっていますが、「うっかりリース車両をぶつけてしまいへこみができた!」などのトラブルも増加しています。 自由に使えるとは言っても、リース車両はカーリース会社からの借り物ですから、へこみの対応に頭を抱える利用者も少なくないでしょう。今回は、カーリース契約中のリース車両のへこみや傷などの効果的な対応方法を探ります。