カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

自営業者は自動車ローンよりもカーリースの方がお得?

自営業者が業務のために車を持つ場合、購入とカーリースとではどちらが有利なのでしょうか? 費用面では、現金一括払いで購入するのが一番安上がりになるでしょう。一括払いであれば、ローンやカーリースとは違って金利がかからないからです。 しかしながら、車は高額ですから一括払いで購入するのが難しく、ローンやカーリースを選ぶ自営業者も多いです。では、ローンとカーリースとではどちらが有利なのでしょうか?

カーリースの仕組み

最初に、カーリースの仕組みについておさらいしましょう。

カーリースとは毎月定額の料金を支払うことでカーリース会社から車を一定の期間貸し出してもらえる仕組みのことです。

5年や7年などの長期の契約が可能ですので、継続的に車が必要な自営業者にも広く利用されています。ちなみに車の「所有者」はカーリース会社で、契約者は車の「使用者」ということになります。

リースする車は在庫の中から選ぶわけではなく、契約が成立してからカーリース会社がディーラーに車を発注するという流れになります。

このため、利用者は購入の場合と同じように様々なメーカーや車種から車を自由に選択することができます。

自営業者も、業務上の用途に合わせてワンボックスカーやミニバン、軽トラなどを利用でき、オプションも付けられます。

法人や自営業者向けのカーリースには「ファイナンスリース」と「メンテナンスリース」の2種類のタイプがあります。

・ファイナンスリース

リース料金に「車両価格」「自動車取得税」「契約期間中に発生する自動車税」「自動車重量税(初回の車検まで)」「自賠責保険料(初回の車検まで)」が含まれるカーリースです。車を調達したいというニーズに応えるための金融的性格が強いリースです。

・メンテナンスリース

リース料金に「車両価格」「自動車取得税」「自動車税(契約期間分)」「自動車重量税(契約期間分)」「自賠責保険料(契約期間分)」「車検代(契約期間分)」に加え、「任意保険」「整備点検」「オイル交換」「消耗部品交換」「事故時の対応」などの費用も含まれます。

メンテナンスサービスという価値が付加されたカーリースです。今では「メンテナンスリース」がカーリースの主流となっており、自営業者にとってもメリットのある方式です。

月々のカーリースの料金は、「車両価格」から「契約終了時点での予想下取り価格(予想残価)」をマイナスした金額に諸費用を上乗せして設定します。

「車両価格」から「残価」があらかじめ差し引かれる分、月々の支払い額を抑えることができます。

カーリースの契約は「残価」の設定方式によって、下記の2つに分類することができます。

オープンエンドリース方式

カーリース会社が契約時に「予想残価」の金額を明示(オープン)します。契約終了時には返却車両の「査定価格」と「予想残価」の差額清算が行なわれます。

「査定価格」が「予想残価」を上回ればキャッシュバックを受けられる一方、下回ると差額を支払わなければなりません。個人向けのカーリースで多く見られる方式です。

クローズドエンドリース方式

この方式の場合「予想残価」は明示されません。このため、契約終了時の清算はなく、返却車両のコンディションによって追加費用を請求される心配はありません。法人や自営業者向けのカーリースでは多くの場合、この方式がとられています。

 

カーリースのメリット

では、ローン購入とカーリースとではどちらが自営業者にとってお得だと言えるのでしょうか?まず、購入と比べた場合のカーリースのメリットについて見てみましょう。

頭金が不要

自動車ローンの場合は頭金を用意しなければならない場合がありますが、カーリースの場合は基本的に不要です。まとまった額の資金調達が不要ですので、資金に余裕のない自営業者にとってはメリットと言えるでしょう。

節税につながる

車を購入した場合には、車を固定資産として計上しなければなりません。法律の改正により大企業の場合はカーリースでも資産として計上しなくてはならなくなりましたが、小規模の法人や自営業者であればその必要はありませんから、カーリースは節税につながります。

経費の計上が簡単

先に述べた通り、購入した車は固定資産として計上し、購入費用を6年間(軽自動車の場合は4年間)にわたって減価償却しなければなりません。車の保守管理に関わる費用は別に経費として計上する必要があります。

一方、自営業者がカーリース(特にメンテナンスリース)を利用する場合、月々のリース料金をそのまま経費として計上するだけで済みます。

カーリースは減価償却の対象となりませんし、リース料金には車のメンテナンスの費用が含まれているからです。面倒で複雑な事務処理が不要ですので、自営業者にとっては利点と言えます。

車の管理が楽

メンテナンスリースであれば、車の保守管理のほとんどをカーリース会社に任せられます。車のメンテナンスに時間を取られたくない自営業者にとっては大きなメリットと言えます。

車の乗り換えがスムーズ

リース期間が終了すると、契約者は車を返却することになりますが、その際、新たに別の車でリース契約をすることもできます。つまり契約期間ごとに車を乗り換えることができるのです。

購入の場合、車を乗り換えるためには車を売却したり、新しい車の購入手続きをしたりしなくてはなりませんから、いろいろと面倒です。定期的に車の乗り換えをしたい自営業者はカーリースを利用した方が楽かもしれません。

 

カーリースのデメリット

次に、カーリースのデメリットについても見てみましょう。

リース料金に金利やサービス料が上乗せされている

カーリースの料金には「金利」がかけられています。つまり「車両価格」以外の部分にも金利がかかっていることになります。

ローン購入の「金利」は、「車両価格」と「購入に伴う諸費用」のみにかかるわけですから、カーリースの場合はローン購入よりも「金利」の面で損をすることになります。

さらに、リース料金にはカーリース会社の「利益分」もしくはメンテナンスの「サービス料」も上乗せされています。

そのため、自営業者は「金利」や「サービス料」といったローン購入にはない費用が多少発生することは覚えておいた方がいいでしょう。

中途解約ができない

カーリースの契約は原則として途中で解約することができません。例えば、自営業者がリース期間の途中で業務上車が不要になった場合でも、契約期間が終わるまではリース料金を支払い続けなければならないのです。自営業者は契約する前にこのリスクについてよく考えるようにしましょう。

このように、カーリースには便利な部分もあれば注意しなければならない部分もありますので、自営業者にとってローン購入とカーリースのどちらが有利かを断定することはできません。

カーリースのサービス内容を気に入ったのであれば、利用する価値が十分にありますが、その場合もデメリットやリスクについてしっかり考慮することが大切です。

人気カーリースを見る

関連する記事

料金は月々1万円以下!格安のカーリースサービスをご紹介

車を購入すると何かとお金がかかるものです。ローン代に加えて税金やメンテナンスのための出費などがあり、費用がかさみます。しかしながら、今では軽自動車であれば、月々1万円以下の料金で新車をリースできる時代になりました。実際に、車を購入する代わりにカーリースを利用する人も多くなっています。ここでは、月々1万円以下の料金で利用できるカーリースサービスをご紹介します。

車検はどこで出せばいい?場所や費用は?車検の悩みを解決しよう

車検の時期が来るたびに「お金がかかる……」と気分が下がってしまいますよね。車検と言うとディーラーか整備工場をイメージする人が多いかもしれませんが、他にも車検を通すことができる場所があります。ここでは車検を出すことができる場所の特徴と費用を比較します。さらに県外の場合や必要書類についてなど、車検の悩みを解決しましょう。