カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

自家用車をリースで購入する場合のメリット・デメリット徹底調査

以前までのカーリースは、財務上でのメリットがあることから営業車や商用車として多くの企業に利用されてきました。しかし、最近では、「同じ予算内でワンランク上の車に乗れる」などの広告の影響もあり、個人向けカーリースの人気も高まっています。なぜ、人気が高まっているのか、カーリースのメリット・デメリットについて徹底解説していきます。

リースとローンはどう違う?

新車を購入すると数百万円というまとまったお金が必要になるため、分割での支払いを選択する方が多いのではないでしょうか。一般的に分割と聞くとローンとなりますが、毎月支払いを行なっていく点では、リースとローンどちらも同じです。しかし、この2つには「自分の所有物」になるかどうかという大きな違いがあります。

ローンの場合、支払いが完了すれば、車両は自身の所有物になります。しかし、リースの場合は、あくまでも車両の所有権はリース会社になるため契約期間が終了したら車両はリース会社へ返却する必要がありるのです。

ここだけみると、リースは損なのでは?と思うかもしれませんが、カーリースは、ローンを組むよりもお得に乗れるケースもあります。

 

まずは、リースの仕組みを正しく理解しよう

カーリースの場合、契約者(ユーザー)は、リース会社がカーディーラーから購入した車両を借り受けます。車の所有者は「リース会社」となり、契約者は車両の「利用者」となります。

このようにリースするということは傍から見ると「借り物」となる訳ですが、レンタカーのようにナンバーが「わ」もしくは「れ」のように外から見て一目でわかるものではなく、一般的な車両と同様にナンバーが振り分けられます。基本的にリースする期間は一定のリース料金を支払っていくことになりますが、車両本体価格・車検費用・各種税金などが含まれているので、すべてリース会社に一任できるところが特徴です。プランによってはメンテナンス費用や任意保険費用を含めることも出来るので、煩わしい手続きや支払いがラクになります。

リース契約期間も各業者で異なりますが、一般的には3~5年となっており、中には最短1か月から可能という業者も存在します。使い方によっては非常に便利な車の新しい所有方法と言えるでしょう。

 

リースで購入するデメリット

最初に記載した通り、カーリースの場合はあくまで車両の所有者はリース会社です。そのため、以下のようなデメリットが挙げられます。

 

 

・契約期間が終了すると、車両をリース会社に返却しなければならない

カーリースの場合、車両の所有者はリース会社になるため契約期間が終了したらリース会社に返却をしなければなりません。個人で車を購入した場合は、ローンを払い終わった後も何年でも乗り続けることができます。しかしリース車両は、リース車が気に入って手放したくないときは、再度契約しなければならないのです。再度契約はリース料が割高になることがありますので、個人で所有したほうが安く車両を手に入れられることも考えられます。

なお、最近では契約期間が終了すれば車がもらえるといったサービスを提供するリース業者もありますので、デメリットではなくなりつつあるとも言えるかもしれません。

 

・設定されている走行距離を超過すると、追加料金が発生する

カーリースは月間の走行距離が予め設定されているものと、選択できるものがありますが、走行距離をオーバーすると返却時に超過距離に応じて追加料金が発生します。そのため、通勤や通学などで日常的に長距離を運転する方にはデメリットとなるでしょう。。走行距離を気にしながら使用しなければならないのは、ストレスに感じるかもしれません。

 

・中途解約ができない。

一度契約をすると、原則的に期間内の中途解約ができません。どうしても解約をする場合は、多額の中途解約金が必要となります。解約金の料金はリース会社によって多少異なりますが、一般的には、契約満了時までの期間のリース料と、これまで支払ったリース料を差し引いた金額になります。例えば、月額3万円の5年契約をした場合、総支払い予定額は180万円となります。やむおえず2年で解約した場合は、これまで支払った72万円を差し引き、残りの108万円を支払わなくてはなりません。中途解約をしなければ良いのですが、全損事故を起こしてしまった、車両の修復が不可能となってしまった、やむを得ない事情で手放さなければならなくなったなど、予期せぬ理由が発生してしまった場合は、大きな負担となります。

 

・カスタマイズができない

契約終了時にはリース会社に車両を返却しなければならず、自由なカスタマイズができません。内装を変えたり、音響にこだわったり、色々と手を加えてカスタマイズをしたいと考える方にとっては、カーリースは向かないかもしれません。

 

リースで購入するメリット

カーリースのデメリットを紹介しましたが、メリットもたくさんあります。

 

・頭金ゼロ!初期費用も必要なし。

カーリースなら、頭金を用意する必要がありません。ローンを組んで車を購入しようとすると、頭金の他に、税金や保険料など、車両価格の10〜20%の初期費用がかかるとされています。そのため、車を購入するためには、ローンを組むとしてもある程度のまとまったお金が必要です。カーリースの場合は、初期費用も月々のリース料に含まれているので、まとまったお金を用意する必要がありません。乗りたい車が見つかったり、乗り換えのタイミングで、気軽に新しい車に乗ることができます。

 

・月々の支払い金額が一定

車を購入すると、車を持ってからも月々のローンのほかに、税金や車検など、まとまった金額が必要になる時期があり、家計の管理が大変です。カーリースなら、税金や車検、メンテナンス費用も月々のお支払い料金の中に含まれているので、基本的にまとまったお金を用意する必要がありません。毎月一定金額の支払いなので、家計の管理がしやすく、車検の手続きや、税金の納付、車のメンテナンス費用などの面倒がなく、車のことでかかる煩雑な手間から解放されます。

 

・好きな車にお得に乗れる!

カーリースといえども、新車を個人で購入する流れと変わりはありません。自分の好きな車種・グレード・色を選択することが可能です。

カーリースの契約は最初に残価を設定するタイプと残価を設定しないタイプがあります。残価を設定する場合は残価分の金額が車両本体価格から引かれたものがリース料金に反映されるので、個人で購入する際の月々の予算より安くなることが考えられます。その分、グレードアップした車両をリースすることも可能です。

 

・故障やメンテナンスの際の対応がラク

これはプランによりますが、メンテナンスがサポートされたものを契約すると故障・メンテナンスも電話一本で対応してくれます。特に車のことに疎い女性でも、安心して車を所有し続けられるでしょう。なお、トラブル時もサポートしてくれるので安心です。

 

・税金対策になる

法人や個人事業主の場合、カーリースだと税金対策にもなります。車を購入すると、車両は固定資産となり、固定資産税がかかったり、ローンで購入した場合は、借入金となります。カーリースの場合は、自動車税、車検代などもリース料に含まれているので、リース料は賃借料として全て計上することが可能です。また、複数台リースしても全て一括でメンテナンスなど管理してもらえます。

このように、カーリースは他の購入方法に比べて非常にラクな購入方法だという事がわかります。自分のライフスタイルや家計を考え、最適な車の購入を検討してください。
人気カーリースを見る

 

関連する記事

おすすめの7年契約のカーリースプランをご紹介!

カーリースの契約期間はリース会社や契約プランによって様々な種類があります。 1ヶ月単位で契約できる短期のカーリースもあれば、7年や9年などの長期にわたるカーリースもありますので、自分のライフスタイルに合わせて契約期間を選択することができます。 今回の記事ではおすすめの7年契約のカーリースプランをご紹介していきます。

リース車の購入デメリット5選!リースでの購入に向いてる人向いていない人

いま人気のリース車。購入を検討しようかと考えている方も多いのではないでしょうか。しかしリース車は長期間契約になりますので、契約した後に「失敗した」という状況は避けたいところ。リース車で失敗しないためには、まずデメリットを把握しておくことが大切です。今回はリース車の基礎的な部分からデメリット、向いている人・向いていない人などを解説しますので、ぜひお役立てください。

車をもっと身近に!あなたの町のクルマ屋さんでカンタンに契約ができる、話題のカーリース“カーコンカーリースもろコミ”とは?

車を購入するには色々な面倒な手続きが必要ですし、購入後にかかる車の維持費も心配の種になります。ですから、車を購入するというのは多くの人にとってハードルが高いことです。でも、小さなクルマ屋さんでも契約できるカーリースなら、購入よりももっと気軽に車を利用できます。今回は、カーリースが気軽に利用できる理由について解説します!