カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

自賠責保険の更新が車検時に行われるのはなぜ?必要な手続きは?

車検時には自賠責保険の更新も同時に行わなければなりません。では、なぜ車検のタイミングで更新しなければならないのでしょうか。また、どんな手続きで更新するのでしょうか?

車検時にチェックされる「自賠責保険」とは?

そもそも、自賠責保険(正式名称:「自動車損害賠償保険」)とは何でしょうか?それは、公道を走行する車の所有者すべてに法律で加入が義務づけられている損害保険です。必ず加入しなければならないため、「強制保険」とも呼ばれています。

自賠責保険の目的は、任意保険とは違って、「契約者の金銭負担を軽減すること」ではありません。その目的は、あくまでも「被害者が最低限の補償を受けられるようにすること」です。そのため、自賠責保険は契約者にではなく車そのものにかけられ、誰が運転していたかに関係なく、被害者が補償を受けられるシステムになっています。

また、事故で負傷した人は、過失割合に関係なく(車の所有者や運転者に過失が無い場合を除く)被害者として扱われ、相手方の自賠責保険から保険金を支払ってもらえることや、話し合いがスムーズにいかない場合に、被害者から加害者側の保険会社に直接補償を請求できることなども、自賠責保険が「被害者の救済」に重点を置いていることを示しています。

自賠責保険の内容は「対人賠償」のみとなっています。 つまり、人を死傷させてしまった場合にのみ、保険が支払われ、物損については補償の範囲外となります。物損は「最低限の補償ではない」とみなされているわけですね。

具体的な自賠責保険の補償額(限度額)は下記の通りとなっています。

・傷害による損害: 120万円まで
・後遺障害による損害: 4,000万円まで
・死亡による損害: 3,000万円まで

では、自賠責保険の更新をなぜ車検の時に行わなければならないのでしょうか?先ほどご説明した通り、自賠責保険は法律で加入することが義務付けられているものです。しかし、法律で義務付けられているからといって、すべての人がそれを守るとは限りません。

そこで、国は自賠責保険を更新しないと車検に通らない制度にすることによって、公道を走るすべての車が自賠責保険に確実に加入するようにしているのです。

ちなみに、自賠責保険が切れている状態で公道を走ると「1年以下懲役もしくは50万円以下の罰金」の刑事処分を受ける可能性があります。また、行政処分としては「違反点数6点」と定められていますので、前歴に関係なく免停となってしまいます。ただし、車検を毎回きちんと受けていれば、その時に自賠責保険も更新するわけですから、自賠責保険切れとなることは通常ないでしょう。

車検の時には、車検の有効期間(2年間)に合わせて毎回24ヶ月以上の自賠責保険に継続加入することになります。車検時に24ヶ月以上の保険料を前払いしますので、次回の車検まで特に手続きは必要ありません。

ちなみに、車検の有効期限の満了日よりも自賠責保険の期限が切れるタイミングが少しでも早いと次の車検を受けることができませんので、何らかの事情で次回の車検を受けるタイミングが遅れる可能性を考慮に入れて、25ヶ月分の自賠責保険に加入することもあります。

自賠責保険料の金額は下記の通りです。

・普通車: 24ヶ月で25,830円、25ヶ月で26,680円
・軽自動車: 24ヶ月で25,070円、25ヶ月で25,880円
※2019年1月25日現在

 

自賠責保険の更新は車検時に行われる!

前の項目でご説明した通り、自賠責保険の更新は車検時に行います。ほとんどの方は車検を車検業者に依頼するかと思いますが、自賠責保険の継続加入の手続きも車検業者がしてくれますので、自賠責保険の手続きについて心配する必要は特にありません。

ちなみに、車検業者に車検を依頼する場合には、以下の書類や物が必要になります。

・車検証
・自賠責保険証明書(現在加入中のもの)
・自動車納税証明書
・認印(車検証に記載されている使用者名義のもの)
・任意保険証券(代車を利用する場合)
・ロックナットアダプター(ホイール盗難防止用のロックナットを取り付けている場合)

※車検業者によって必要物が異なる場合がありますので、必ず業者に直接確認するようにしてください。

車検を車検業者に依頼すると、車検業者が車を点検整備したのちに、自賠責保険の更新を含めた書類上の手続きと検査場での車の完成検査を済ませてから、車と一緒に新しい車検証や自賠責保険証などを渡してくれます。

または、自社の工場で完成検査を済ませ、書類上の手続きは後日行って郵送してくれることもあります。その場合は、完成検査が済んだらすぐに(早い場合には30分や1時間で)車を返却してもらえます。

 

ユーザー車検では自賠責保険の手続きも自分で行う必要がある

車検を車検業者に依頼せずに、自分で車を車検に通す、つまりユーザー車検をする方もいます。その場合は、自賠責保険の更新手続きも自分で行わなければなりません。

車検の検査場がある運輸支局や軽自動車検査協会の中や周辺には、保険の代理店がありますので、そこで自賠責保険の継続加入の手続きができます。つまり、車検の当日に手続きができるということです。

その他にも、コンビニや郵便局で更新することもできます。車検の前に書類の準備を済ませておきたい場合は、そうすることができるでしょう。

ただし、次の車検の有効期間をすべてカバーする自賠責保険に加入する必要がありますので、自賠責保険を更新した後車検を受けるまで日にちが空く場合には、24ヶ月ではなく1ヶ月余裕を見た25ヶ月分の保険に加入した方がよいかもしれません。

あとから1ヶ月追加で加入することもできますが、最初から25ヶ月分に加入するよりもかなり割高になってしまいます。

ちなみに、自賠責保険の更新の手続きには、下記の書類が必要です。

・車検証
・自賠責保険証明書(現在加入中のもの)

 

カーリースのリース料には自賠責保険料が含まれている!

さて、カーリースの毎月のリース料には、自賠責保険料が含まれています。それだけではなく、自賠責保険料と同様に車検時に支払う自動車重量税や車検基本料、毎年の自動車税などもすべてリース料に含まれているケースが多いです。

さらに、契約によっては、点検整備や消耗部品の交換といったメンテナンスもサービスに含まれますし、任意保険料を料金に組み込むことができます。

そのため、カーリースを利用すれば車に関係する毎月の出費が安定します。リース料と別に発生するのは、ガソリン代や駐車場代程度になり、非常に楽に家計のやり繰りをしていけます。さらに、メンテナンス作業をカーリース会社にお任せすることができますから、手間をかけずに車をいつでも安全で快適な状態に維持していくことが可能です。

このように、カーリースなら費用面でも労力面でも楽に車を楽しんでいくことができ、その人気は近年上昇を続けています。あなたも、カーリースでストレスのない楽しいカーライフを送ってみてはいかがでしょうか?
人気カーリースを見る

関連する記事

カーリース契約時の審査不要!審査なしの業者まとめ

カーリースは頭金などの初期費用や月々の支払いを抑えながら車に乗ることができるとても便利なサービスですが、リース期間中はローンと同じように毎月支払いをしていかなければなりませんので、基本的には借りるための「審査」があります。具体的にどのような審査基準があるのか、もし審査に落ちてしまった場合はどうすれば良いか、などについて解説をいたします。

カーリースは18歳からでも利用できる?カーリース会社の規則とは

月々の使用料のみで利用できる手軽さから人気を集めているカーリースですが、その最大の魅力は高額な頭金なしに自分の好きな新車に乗れることではないでしょうか。 そんな中、免許を取りたての18歳が、リーズナブルに車を利用できるカーリースの魅力に惹かれることもあるでしょう。ですが、18歳という未成年でもカーリースは利用できるのでしょうか。 ここではカーリースが18歳から利用できるのか、各カーリース会社の規則なども参考にしながら見ていきましょう。