カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

評価の高いカーリース会社をご紹介!

今、個人向けカーリースが人気を呼んでおり、たくさんの会社がサービスを展開しています。今回は、数あるカーリース会社の中でも高い評価を受けている会社をご紹介したいと思います。

個人向けカーリースはなぜ評価されているのか

高い評価を受けているカーリース会社についてご紹介する前に、そもそも個人向けのカーリースのサービス自体が、なぜ評価を受け、人気を集めているのかを見てみましょう。

料金がお手頃

カーリースでは毎月定額のリース料金を支払っていくことになります。リース料金は「車両本体価格」から「契約終了時における車両の予想残存価格(残価)」を差し引いたものに税金、車検代、メンテナスサービス代などの諸々の費用を上乗せして算出されます。

「車両本体価格」から「残価」が差し引かれるため、カーリースはお手頃な料金で楽しむことができ、これがユーザーからの高い評価につながっています。

月々の出費が安定する

月々のカーリースの料金には「車両価格(残価を差し引いたもの)」「自動車取得税」「登録諸費用」に加えて「自動車税」「自動車重量税」「自賠責保険料」「車検代」などが含まれています。

さらに、契約プランによっては「整備点検代」や「オイル交換代」「消耗部品交換代」などのメンテナンス費用もサービスに含まれます。

ですから、月々のリース料金を支払ってさえいれば、車に関わる毎月の出費は他に「ガソリン代」や「駐車場代」くらいになります。

車検や部品交換などのタイミングで出費が発生することはありません。家計の管理が非常に楽になるでしょう。

車の管理を自分でしなくていい

カーリースでは税金の支払いや車検、メンテナンスなどをカーリース会社が行なってくれます。車の管理の手間がかかりませんので、非常に楽です。これも評価のポイントとなっています。

気軽に車を乗り換えられる

カーリースの期間が終了すると、車を返却して契約を終了したり、同じ車を再リースしたりすることもできますが、新たに別の車に乗り換えることもできます。

契約期間が終わるごとに、車を乗り換える機会が生まれるということです。定期的に車を乗り換えていきたい人にはもってこいのサービスと言えます。

国産であれば、全メーカー・全車種に対応しているカーリース会社も多いですから、契約期間ごとにいろいろな車を楽しむことが可能です。

個人向けのカーリースで評価されているポイントをいくつか見てきました。こうした理由により、カーリースのサービスは高い評価を得て、人気を集めているのです。

 

個人向けカーリースのデメリットと注意点

カーリースにはデメリットや注意点もありますので、見てみましょう。

車の扱いに注意が必要

カーリースの契約終了時に、返却車両の評価もしくは査定が実施されます。車の「評価額」が契約時に設定した「残価」を下回った場合には、差額精算が行なわれます。

もちろん、経年劣化や通常の使用による損耗であれば、評価額が大きく下がる可能性は低いので、あまり神経質になる必要はありませんが、リースした車は大切に扱う必要があります。

また、リース期間中に故障や破損が生じた場合はきちんと修理しましょう。契約内容によってはカーリース会社指定の工場で修理しないといけない場合もありますから、その点も注意しなければなりません。

原状回復ができないような改造やカスタマイズは基本的に許されていません。また、カーリースでは「走行距離制限」が設定されている場合が多く、車両の返却時には走行距離のチェックも行なわれます。

制限を超過して走行していた場合には、距離に応じて追加請求があります。

中途解約ができない

カーリースの契約は原則として中途解約ができません。やむを得ない事情で中途解約する場合には高額な違約金が発生します。残りのリース期間の料金の合計や解約手数料などを支払わなければならないので、注意しましょう。

最後に車を買い取った場合の総費用はローン購入よりも高い

カーリースの契約期間が終了した時に、リースしていた車を「残価」で買い取れる場合があります。ただし、その場合の総費用は車をローンで購入した場合の総費用よりも高くなります。

なぜなら、リース料金にはカーリース会社の利益分やメンテナンスのサービス料が上乗せされているからです。「なるべく安く車を自分の物にしたい」という人はカーリースを利用するのではなく、購入した方がよいということになります。

カーリースにはこうしたデメリットや注意点もありますから、カーリースを利用するかどうかを決める際に考慮に入れるようにして下さい。

実際にカーリースを利用する場合にも、注意点を把握しておくことによって、不要なトラブルを避けることができるでしょう。

 

評価の高いカーリース会社をご紹介!

高い評価を受けている個人向けのカーリース会社をご紹介したいと思います。

カーコンカーリースもろコミ(株式会社カーコンビニ俱楽部)

「カーコンカーリースもろコミ」の評価のポイントは「残価設定0円」であることです。

先程、契約終了時に返却車両の評価や査定が行なわれると述べましたが、「カーコンカーリースもろコミ」は「残価設定0円」ですので、そのような面倒な手続きがありません。車を返却する必要すらなく、追加料金なしで車をそのままもらうことができます。

7年契約の「もろコミ7」と9年契約の「もろコミ9」という2つのプランがありますが、どちらのプランも契約終了の2年前から違約金なしで車の乗り換えや返却ができるようになります。これらも「カーコンカーリースもろコミ」が評価される理由となっています。

カースマ(住友三井オートサービス株式会社)

「カースマ」は多様な契約プランや契約期間を用意していることから高い評価を受けており、5年契約の「カースマ5」、7年契約の「カースマ7」、車を自分好みに選べる「カースマC」があります。

「カースマ5プラス」と「カースマ7プラス」は、契約できるのが売れ筋の車種のみに限定されており、「カースマ5プラス」では、契約終了時に車を返却するか、残価を支払って買い取るかを選択できます。「カースマ7プラス」では契約終了後に車をもらえます。

「カースマC」では全メーカー・全車種から車を選択できます(一部取り扱いが出来ない車種があります)。契約期間は3年・4年・5年の中から設定します。

さらに、メンテナンスプランを「マイメンテプラン」(5年契約のみ)と「フルメンテプラン」から選ぶことができます。「フルメンテプラン」では充実したメンテナンスサービスを受けることができ、契約終了時には車を返却するか、残価を支払って買い取るかを選びます。

 

今回は、個人向けのカーリースサービスが評価されている理由や高い評価を受けているカーリース会社について見てきました。

各カーリース会社は評価を高めるために今後もサービスを向上させていくに違いありません。それに伴い、個人向けカーリースの評価や人気はこれからも高まっていくことでしょう。

人気カーリースを見る

関連する記事

頭金なしで新車に乗れる!カーリースの魅力をご紹介!

新しい形の車との付き合い方としてカーリースのサービスが人気を集めています。昔はカーリースと言えば法人向けのサービスでしたが、今は個人でカーリースを利用する人も大勢います。なお、個人で利用できるサービスの中には、頭金なしで利用できるカーリースもあります。今回は、カーリースの頭金について考えてみます。

リース車を傷つけてしまった!査定や減額、修理代金はどうなるの!?

自己所有、レンタカー、リース…車を所有する手段に限らず、車を運転している以上、傷やヘコミなどは常につきまとう問題です。リース契約している車を傷つけてしまったりヘコミが生じてしまった場合、査定に響いたりするのでしょうか?また修理にかかる費用は誰が負担をするのでしょうか?

カーリースではどんな車種が人気なの?軽自動車と普通車に分けてご紹介!

カーリースではどんな車種が人気なのでしょうか?軽自動車と普通車に分けてランキングをご紹介します。ランキングは主に「オリックス自動車」(オリックス)や「コスモスマートビークル」(コスモ石油)などのカーリース業者が提携している「Yahoo!ショッピング」のサイト情報を参考にして調べました(2018年1月31日現在の情報)。

カーリースは利点がたくさん!?カーリースの仕組みから注意点、メリット・デメリットまで細かく解説!

カーリースには様々なメリットや利点があり、それゆえに人気を集めています。今回はカーリースの利点について、徹底解説します。また、カーリースには利点もある一方で注意点やデメリットもあります。その点についてもご説明しますので、参考になさって下さい。