カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

超長期!9年契約できるカーリースをご紹介!

個人向けのカーリースと言えば、5年くらいの契約期間が一般的です。短い場合で2年や3年、長い場合で7年ほどになります。なお、カーリースの契約期間の年数は車検に合わせて奇数になっていることが多いです。 しかし、中には9年というかなり長い契約期間のカーリースプランも存在します。今回は9年契約のメリットと、おすすめの9年契約のプランをご紹介します。

9年契約のメリット

9年契約のメリットについて見てみましょう。下記の利点があります。

・月々のリース料金を安く抑えられる

月々のカーリースの料金は、契約期間が長ければ長いほど安くなります。契約期間が長いとリース料金を支払う回数が多くなるため、1か月あたりの金額が小さくなるのです。カーリースの料金をなるべく抑えたい方におすすめのプランと言えるでしょう。

・月々の出費が安定する

どの契約期間のプランにも言えることですが、カーリースの料金には、基本的に「各種税金」「保険料」「車検代」「点検・整備費用」などがコミコミとなっています。

そのため、車に関わる月々の出費が安定するというメリットがあります。9年契約であれば、9年間ずっと出費が安定するわけです。家計の支出の計画が長期にわたって立てやすくなるでしょう。

・車の管理をカーリース会社にお任せできる

契約期間に関わらずカーリースに共通して当てはまる点ですが、「税金の支払い」「車検手続き」「点検・整備」などはカーリース会社が代行してくれるため、非常に楽です。9年契約であれば、非常に長い期間その恩恵にあずかることができます。

・最後に車をもらえるプランが多い

カーリースの契約では、契約期間満了まで料金を支払い続けても車は自分の物にはならない場合が多く、基本的には車を返却しなければなりません。自分の物にしたい場合には残価を支払って買い取る必要があります。

しかし、9年契約の場合、契約終了まで利用すれば車をもらえるシステムになっていることが多いです。「最初の9年間はカーリースのメリットを楽しみ、その後は車を自分の物にしたい」という方のためのプランと言えるでしょう。

 

おすすめの9年契約のカーリースプラン!

おすすめの9年契約のカーリースプランをご紹介します。

・もろコミ9(カーコンビニ倶楽部)

カーコンビニ倶楽部の9年契約のカーリースサービスです。

リース料金には「車両価格」「新車登録時手数料」「自動車取得税」「自動車税」「自動車重量税」「自賠責保険料」「車検基本料」が含まれています。軽自動車であれば月々2,700円でメンテナンスパックを付けることができます。

「タイヤ交換」「バッテリー交換」「オイル類交換」「その他の消耗部品交換」がサービスに含まれますのでおすすめです。また、WEB申込限定で全車種に無料でドライブレコーダーが付きます。

契約開始から7年経過後に車の乗り換えや返却を自由にすることができるようになります。一般的なカーリースでは中途解約が不可となっていますが、同プランでは7経過後という条件付きではありますが可能となっています。ユーザーにとって非常にメリットのあるシステムと言えるでしょう。

9年間のリース期間満了まで利用すると車をもらうことができ、走行距離制限は「1か月あたり2,000kmまで」となっています。9年契約の「もろコミ9」の他にも、7年契約の「もろコミ7」というカーリースプランもあります。

「もろコミ」シリーズでは「残価設定0円」の「クローズドエンドリース方式」をとっているため「もろコミ9」だけではなく「もろコミ7」でも契約期間終了後に車を無償でもらうことができます。

・いまのりナイン(オリックス自動車)

オリックス自動車が提供する9年契約のカーリースプランです。

リース料金には「車両価格」「新車登録時手数料」「自動車取得税」「自動車税」「自動車重量税」「自賠責保険料」が含まれています。

リース期間中の「車検」「オイル交換(半年ごと)」「オイルエレメント交換(1年ごと)」を無料で対応してくれるクーポンも付きます。さらに、オリックスレンタカーの基本料金が半額以下になる特典もあります。

「いまのりナイン」も7年経過後に違約金なしで、車の乗り換えや返却ができるようになります。つまり自由に中途解約ができるということです。

9年間の契約期間満了後には無償で車をもらえます(継続車検時の基本点検整備費用と名義変更に関わる手数料はオリックス自動車が負担してくれます)。車が不要であれば返却することもでき、走行距離制限は「1か月あたり2,000kmまで」となっています。

オリックス自動車は9年契約の「いまのりナイン」の他にも、5年契約の「いまのりくん」、7年契約の「いまのりセブン」などのカーリースプランも用意しています。

 

9年契約の料金例

最後に、人気車種を例に取り上げて、9年契約のカーリースの料金について見てみましょう。

・スズキ ラパン G WD

いまのりナイン:月額16,848

もろコミ9:月額16,524円 または 月額8,100円(年2回のボーナス併用払い・50,544/回)

・ホンダ N-BOX G Honda SENSING WD

いまのりナイン:月額19,872

もろコミ9:月額20,412円 または 月額8,100円(年2回のボーナス併用払い・73,872/回)

2社とも特選車価格

・ダイハツ タント L WD

いまのりナイン:月額17,928

もろコミ9:月額18,360円 または 月額8,100円(年2回のボーナス併用払い・61,560/回)

2社とも特選車価格

・ミツビシ ekスペースM e-Asisst WD

いまのりナイン:月額19,872

もろコミ9:月額19,332円 または 月額8,100円(年2回のボーナス併用払い・67,392/回)

・ニッサン ノート X WD

いまのりナイン:月額23,328

もろコミ9:月額24,624円 または 月額13,500円(年2回のボーナス併用払い・66,744/回)

2社とも特選車価格

・トヨタ ハリアー ELEGANCE WD

いまのりナイン:月額45,360

もろコミ9:月額42,876円 または 月額30,024円(年2回のボーナス併用払い・77,112/回)

・トヨタ アルファードX WD

いまのりナイン:月額49,140

もろコミ9:月額45,576円 または 月額30,024円(年2回のボーナス併用払い・93,312/回)

料金は2018年1月31日現在の情報です。料金(特に特選車の料金)は変更になる場合があります。

今回は、9年契約のカーリースのメリットやおすすめの契約プランについて見てきました。「長期間同じ車に乗る方」「最後に車を自分の物にしたい方」「月々のリース料金をなるべく安くしたい方」などにピッタリのプランとなっていますので、興味のある方はぜひとも利用を検討してみて下さい。

人気カーリースを見る

関連する記事

車検にかかる税金とは?知っておきたい税金の種類をご説明!

車の維持にはガソリン代以外にも様々な費用がかかります。中でも大きな出費となるのは車検にかかる費用です。車検を通すには車がきちんと整備された状態でなければいけません。 なお、車に問題がなくても車検が進まないことがあります。見落としがちなその原因は税金の納付状態です。車検は車が整備されているだけでなく、税金もきちんと払っておかなければいけません。この車検に必要な税金とは一体何なのでしょうか。今回は、車検時に必要な税金についてご紹介していきます。

カーコンカーリースもろコミならドライブレコーダーを無料装備してもらえる!

今、ドライブレコーダーが人気を集めており、多くの人が車に装備していますが、何と、ドライブレコーダーを無料で付けてもらえるカーリースサービスが存在します。それが、カーコンカーリースもろコミです。カーコンカーリースもろコミは、一体どんなサービスであり、どのようにして申し込んだら良いのかをご紹介していきましょう。

新車登録から10年が経過したら車検は毎年行わなくてはいけないって本当?乗り換えを検討するべき?

一般的に、自動車は新車登録から10年以上経過した場合、大きく市場価値を失うと言われていますが、注目の集まるビンテージカーなど、新車登録から10年が経過しても魅力が衰えない車は多数存在します。 また愛車も10年が経過すると乗り換えが視野に入ってくるものの、数々の思い出が詰まった愛着のある車であるほど、手放すことに抵抗を感じる方も少なくないのではないでしょうか。 新車登録から10年が経過する車の価値が下がる理由として「毎年車検の必要がある」という認識が挙げられますが、道路運送車両法の改正によって車検の有効期間が延長されていることは、意外と知られていないようです。 今回は、新車登録から10年を経過する車の車検事情や、乗り換えを検討すべきかについて考えます。