カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

車にかかる維持費はどのくらい?車にかかる費用を抑えながらカーライフを楽しむ方法とは

車は購入時以外に、維持費も必要です。思わぬ出費に苦労しないためにも、あらかじめ把握しておくことが大切です。どんな維持費が必要になるのか、できるだけ維持費を抑えてカーライフを楽しむにはどんな方法があるのかを解説します。

車にかかる諸費用

車を所有するには、車両本体価格のほかに、維持費など、さまざまな諸費用が必要です。まずは、車を購入する際に必要な費用、購入後の維持費についてどのような種類があるのかを見ていきましょう。

※車を購入する際に必要になる費用の例

頭金

頭金の目安は車両本体価格の2~3割程度と言われていますので、200万円の車なら40~60万円程度となります。

オプション

バイザー、フロアマット、アルミホイール、カーナビなどの装備品を選択した場合、オプション費用として車両本体価格に上乗せされます。

諸費用

消費税、自動車取得税、自賠責保険料、自動車重量税、自動車重量税、車庫証明費用、検査登録手続き代行費用、自動車リサイクル料などが必要になります。車両本体価格の1~2割程度が目安です。

 

このように、車を購入する際は上記のような各種費用が必要になります。続いては車を購入した後に必要になる維持費を見てみましょう。

※車を購入した後に必要となる維持費の例

ガソリン代

車を利用するうえで、ガソリン代は必須です。燃費の良い車を選んだり、安いガソリンスタンドなどをフル活用したりして、節約したいところです。

駐車場代

駐車場を保有していなければ、月極駐車場やマンションの駐車場などを借りるしかありません。都市部では月額で数万円程度することも珍しくありません。

任意保険料

自賠責保険ではカバーしきれない範囲を補償してくれるのが任意保険です。強制ではありませんが、車には常に事故のリスクが伴いますので、加入することをおすすめします。

車検費用

新車登録から3年後、以降は2年ごとに車検を受けなければなりません。検査費用のほか、自動車重量税、自賠責保険料の支払いや、部品交換代も必要になります。

メンテナンス費用

安全に走行させるためには、車検以外に定期的なメンテナンスが欠かせません。特に頻度が高いオイル交換は3,000~5,000km、あるいは3ヶ月ごとの交換が目安です。

毎月のローン

車をローンで購入した場合は月々の支払いが必要です。

その他

修理代、有料道路代、車内装飾品などの費用も別途かかります。

 

ざっと挙げただけでも、車の維持費はこれだけ多くの種類のものが必要となるということが分かります。この中で節約しやすいのがガソリン代です。車を利用する際には、ガソリン代を節約して、できるだけ維持費を抑えていきたいところです。

 

車の平均燃費はどのくらい?

燃費とはそもそもどのようなものでしょうか?

「ガソリン1Lあたり何km走行したか(走行できるか)」を表す数値が燃費です。

メーカーのホームページには「18.0km/L」のように掲載されています。この場合、1Lのガソリンで18.0km走ることができるという意味です。

車のタイプ別平均燃費を見てみると、次のようになります。

普通乗用車10km/L
軽自動車15km/L
ハイブリッドカー20km/L

記事執筆時点のガソリンの全国平均はレギュラー137.0円、ハイオク151.3円、軽油115.2円です。

単純計算で月に2,000km走行したとすると、ガソリン代は以下のようになります。

普通乗用車(200L)
レギュラー 27,400円
ハイオク 30,260円

軽自動車(133.3L)
レギュラー 18,262円

ハイブリッドカー(100L)
レギュラー 13,700円
ハイオク 15,130円

ハイブリッドカーが、いかに燃費が良く、維持費の節約に繋がるかは一目瞭然ですが、車種や乗り方次第で大きく差が出てしまいます。

まず1500ccや2000ccなどの排気量ですが、この排気量が大きいほど、エンジンのパワーが高いことを意味します。エンジンが空気やガソリンを吸い込む力が大きくなりますので、排気量が大きいということはその分燃費が悪くなります。

次にターボエンジンを搭載している車種の場合です。

ターボに切り替えることで空気をより多く吸い込み、一時的にガソリンの爆発力を高めるという仕組みですが、やはりターボモードを利用した場合も燃費が悪くなります。

また4輪すべてが駆動する4WDも、前輪のみや後輪のみといった2WDと比べてパワーがあり、やはり燃費は悪くなると言われています。

ほかにも、タイヤの空気圧が低い状態で乗りつづけていたり、オイル交換をせずに乗りつづけていたり、街乗りが多く頻繁に停車や発車を繰り返しているといった場合、燃費が悪くなる傾向にあります。

 

カーリースなら月々の支払いが均一に!

車の購入時はもちろんですが、乗りつづけていくためには、実にさまざまな維持費が必要になることがお分かりいただけたことと思います。

自動車税の支払い、定期的なオイル交換などのメンテナンス、車検、自動車重量税や自賠責保険料の支払いがあり、毎月の出費が不安定になりがちです。

車検費用、自賠責保険料、自動車税、自動車重量税、任意保険料、メンテナンス代などは、安全に乗るためにも節約することができません。

しかし、もしも、これらの維持費が毎月均一になるとしたらどうでしょうか?

「車の定期点検で予想外の出費があってやりくりに困った」
「来月車検でまとまった費用が必要だから数ヶ月は貯蓄に回せない」

そんな悩みも吹き飛んでしまうと思いませんか?

実は、カーリースなら月々の支払いを均一にすることが可能なのです。

カーリースはローンと違って頭金不要のため、初期費用を抑えて新車に乗ることができます。

リース期間中の「自動車税」や「自賠責保険料」などの維持費を毎月均等に支払っていくことで、車検や税金など、一時的な多額の出費も心配なくなります。

カーリースを利用することで、毎月の支払いを一定にできるため、家計が安定し、将来を見据えた予算が組みやすくなるというメリットが生まれるのです。

 

ガソリン代キャッシュバックキャンペーン中の「カーコンカーリースもろコミ」でカーライフをより楽しく!

カーリースは車の維持費を均一にすることで大きなメリットをもたらしてくれますが、どうしても避けることができないのがガソリン代です。

そこで、最後にご紹介したいのが、カーコンカーリースもろコミです。

カーコンカーリースもろコミでは現在、9年または7年のリース期間中、ガソリン1Lにつき20円をキャッシュバックしてくれるキャンペーンを展開しているのです(毎月100Lまで、つまり2,000円が上限となります)。

9年リースした場合
2,000円×12ヶ月×9年=216,000円

となり、なんと最大で20万円以上もキャッシュバックされることになります(※キャンペーンは変更される場合がありますので、目安としてご参考ください)。

キャンペーンの詳細や注意事項は、ガソリン代補助サービスのページに記載されていますので、ぜひチェックしてください。

カーリースを考えているなら「頭金0円」に加えて「登録時諸費用」や乗っている間の「車検基本料」「自動車税」「自賠責保険料」「自動車重量税」がもろもろコミコミ、さらに月々の支払いが均一になるだけでなく、ガソリン代までキャッシュバックまでしてくれるカーコンカーリースもろコミがおすすめです。

人気カーリースを見る

関連する記事

カーリースとローンはどっちがお得なの?費用をシミュレーションしてみた

最近利用者が増えて話題になっているカーリースですが、ローンと比べるとどちらがお得なのでしょうか?まずはカーリースがどのようなサービスなのかを調べてみましょう。それから実際に料金のシミュレーションをしてカーリースとローンではどちらがお得なのかを比較します。

普通乗用車も軽自動車も福祉車両も!カーリースをかしこく利用して手軽に乗り始めよう

カーリースではどんな車種が利用できるのか、あまり考えたことがない方もおられるかもしれません。カーリースでは、軽自動車から乗用車、福祉車両まで豊富なラインナップがあり、中には業務用トラックなど、作業車のカーリースもあります。今回は、乗用車などをカーリースする際に知っておきたいポイントをお教えします。

ペーパードライバーから抜け出したいのに車がない…そんなときはカーリースを活用しよう!

ペーパードライバーを抜け出したい!と思っても、急に車を買うのは事故のリスクの高さや気持ちの準備だけでなく、お金も必要ですので、簡単な決断ではありません。その点、カーリースはフラットな支払いで生活を圧迫することなく車に慣れるのに最適です。今回はペーパードライバーの方にカーリースがおすすめである理由を詳しく紹介していきます。