カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

車のサブスクサービス!カーリースよりお得な利用法中古車リースはメリット大

効率的な車両調達手段として近年利用者が増加しているカーリースですが、賢い消費者の間で「さらにメリットの多いカーリース」として注目を集めているのが中古車リースですので中古車リースの利用で得られるメリットなどを紹介します。

タイトルアイコン

契約満了で車がもらえる!もろコミで中古車を定額購入

月額料金をさらにリーズナブルにしたければ中古車リースがお得!カーコンカーリースもろコミの中古車リースなら頭金なし、月々定額で急な出費もありません。安心できるカーリースなら契約満了で車がもらえるもろコミへ。

購入せずに車を定額料金で使用できるカーリースが賢い消費者に選ばれている

従来は新車や中古車の購入を行う車両調達が一般的で広く利用されていましたが、消費スタイルやライフスタイルが変貌した近年、「効率的な車両調達手段」として利用者が急増しているのが購入せずに月額利用料で車を借り受けて使用するカーリースです。

カーリースのリースプランにはファイナンスリースとメンテナンスリースが存在する

ひと口にカーリースと言ってもカーリースにはファイナンスリースとメンテナンスリースの2つの契約方法があり月額利用料を抑えられるファイナンスリース、リース車の維持費を直接負担しなくてよいメンテナンスリースと異なるメリットが存在します。

ファイナンスリースは月額利用料を抑えられるものの維持費を直接負担する必要があるのでカーリースの利用メリットが薄れる傾向にあり、月額利用料の支払いだけでリース車を使用できメリットが多いメンテナンスリースの方が一般的な契約方法だと言えます。

リース会社は残価設定を行うことで定額利用料を抑えている

カーリース会社が車両を代理購入するため車両購入費用の償却費用が月額利用料の大部分を占めていますが、カーリース会社は月額利用料を決定する際に残価設定を行い利用者にメリットが出るように月額利用料を抑えています。

残価設定は契約期間満了時リース車に中古車としての資産価値がいくら見込めるのかを予想し車両購入費用からあらかじめ差し引く計算方法で、残価設定が高額なほど月額利用料を引き下げられるメリットがあります。

ただし、中には残価を設定しないかーリース会社もありますので、契約前は必ず残価設定の有無について確認しておきましょう。

残価設定された車両はリース契約満了時にリース会社に返却する必要がある

カーリース会社が行う残価設定には月額利用料を引き下げるメリットがありますが、契約期間満了時に原状回復したリース車をカーリース会社に返却する必要があり、カーリース利用のメリットを損ねる側面も存在します。

原状回復と言っても新車同然に戻す必要はなく通常利用で生じる経年劣化に関しては免責されますが、中古車としての資産価値を下落させる事故や改造、カーリース会社が定める走行距離制限を上回る過走行が認められると違約金や追加料金が発生します。

 

残価設定後の定額料金が高いと感じる!中古車リースを視野に入れよう

カーリース会社は利用者にメリットが出るよう残価設定を行いリーズナブルな月額利用料を実現していますが、車両価格が高額な新車リースでは残価設定後でも月額利用料が高額になってしまうケースが存在するため中古車リースに注目が集まっています。

リース料金のなかで最も比重の高い車両購入費用が抑えられる中古車リース

既述とおり車両購入費用の償却費用が月額利用料の大部分を占めているため車両価格が高額であれば月額利用料も高額となるため、新車と比べると車両価格がリーズナブルな中古車をリース車に使用すれば車両価格に比例して月額利用料を抑えることができます。

同じモデルの場合でも中古車をリース車にするだけでさらにお得な月額利用料でカーリースを利用できるので、中古車リースは効率的な車両調達手段であるカーリースのメリットを最大限に活用できるカーリースサービスだと言えるでしょう。

製造技術の向上や顧客ニーズの高まりで現在中古車は高品質化している

中古車に対して「壊れやすい」や「すぐに寿命に達して長期間使用できない」などのイメージが持たれているようですが、現在中古車市場で取引されている中古車は製造技術の向上で高い耐久性を備えているため故障発生リスクは高くありません。

また顧客ニーズの高まりと共に車両コンディションが悪い車両の商品価値が低下したことで、老朽化した車両は国内市場ではなく海外へ輸出されるようになったことも国内の中古車品質の向上に大きく影響していると考えられます。

高品質車両をよりお得に利用できる中古車リースは究極のサブスクサービス?

月額利用料の支払いで希望車種を使用できるカーリースは近年人気の高まりを見せるサブスクリプションサービスの1つだと言え、新車リースよりお得な月額利用料で使用できる中古車リースは究極のサブスクサービスと言えるのではないでしょうか?

価格が安いだけでリース車がすぐに壊れてしまうのではメリットが薄れますが、現在の中古車の車両コンディションは驚くほど高くなっていることも中古車リースが高く評価され多くの利用者に選ばれる原因の1つだと言えるでしょう。

 

中古車リースの利用によって生じるメリットとは?

短納期で納車されることも中古車の魅力として挙げられますが、車両価格の安さが中古車の最大のメリットだと言えます。車両価格が安いのであれば購入も視野に入りますが、中古車リースには購入では得られないメリットが存在しているため中古車リースが選ばれていると言えます。

中古車とは言っても高額な車両故購入コストを直接負担せず利用できる

中古車を選ぶ最大のメリットが新車よりリーズナブルな車両価格だと言えますが、新車価格の高額化が進む現在では軽自動車をはじめあらゆる車両の中古車価格が上昇しているのも事実で、中古車といっても驚くほどの低価格ではない傾向が強いと言えます。

中古車を購入する場合でもカーローンを使用するケースが一般的となっているため、カーリース会社が代理購入するカーリースを利用すれば、車両購入コストを直接負担することなく車両を使用できるメリットは新車リースも中古車リースも変わりありません。

メンテナンスプランで契約すれば維持費用の直接負担を大幅に軽減できる

現在国内の中古車市場で流通する中古車は品質向上しているものの新車と比べると経年劣化が発生していることは否定できない事実でもあり、新車より消耗品交換などに代表されるメンテナンス費用がかかる可能性があります。

購入した中古車の場合は全ての維持費が利用者の直接負担となりますが、手厚いサポートを受けられるメンテナンスリース契約で中古車リースを行えば、維持費の直接負担を行わず中古車を使用できるというメリットが生じるのも中古車リースの魅力です。

リース料金を経費に計上できる中古車リースは個人事業主にとっても魅力的!

新車の購入費用において、普通自動車は6年間、軽自動車は4年間の耐用年数の期間内に減価償却できますが、中古車の耐用年数は「法定耐用年数-経過年数+経過年数×0.2」の計算で算出した期間となります。

低年式車の場合は耐用年数の最短期間である2年間は減価償却できますが、耐用年数を過ぎると計上できなくなるので耐用年数内で減価償却する必要があります。中古車リースの場合は月額利用料を全て経費として計上できるので法人や個人事業主にとってカーリースの利用は大きなメリットがあると言えます。

 

よりリーズナブルなサブスクサービス利用が実現できる中古車リース

カーリースを利用した車両調達は、非常にメリットが多く効率的であり、近年のカーリース利用者数の増加からも測ることができますが、車両価格が高額な新車リースでは月額利用料を効果的に抑えることが難しいのも事実です。

よりリーズナブルにカーリースのサブスクサービスとしてのメリットを活かすためには新車より車両価格の安い中古車を利用した中古車リースが最適ではないかと考えられます。

なお、中古車リースを取り扱うカーリース会社としてオリックスカーリースやカルモなどが挙げられます。どちらも新車・中古車ともに取り扱い、比較的人気の高いカーリース会社といえるでしょう。

また、「残価設定なし・契約満了でクルマがもらえる!」でお客様満足度97%を誇るカーコンカーリースもろコミも2020年7月より中古車の取り扱いを始めています。

もろコミ中古車リースも、従来の新車リース同様に契約満了でクルマが自分のものになるかつ、乗り出し費用0円とお得なカーリースサービスとなっています。

中古車リースを取り扱うカーリース会社でもサービス内容や取り扱い車種は異なりますので、しっかりと比較検討して自分に合ったカーリース会社を見つけてみてください!

関連する記事

車リースは本当にお得!?新車を購入した時と比較してみた!

近年、カーリースを利用したいという方が増えています。月々の支払いを安く抑えながら新車に乗ることができるカーリースですが、新車をローンで購入する場合と比べるとどちらがお得なのでしょうか?月々の支払いや金利なども含めて比較してみました。カーリースを検討されている方はぜひ参考にしてみてください。