カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

車のリースは個人にもお得?個人向け車リースのメリットとおすすめリース業者のご紹介

近頃、新しい車の利用方法として「個人向けの車のリース」に注目が集まっています。 今までは欲しい車があれば自分で購入する費用や税金などを賄う必要があり、毎月の車にかかる固定費がどうしても高くなってしまうため、車を所有するのを諦めていた人もいるかと思います。しかし、個人向けの車のリースであれば余計な負担を感じることなく、車を使えると人気が出ているのです。

個人向けの車のリースの仕組みとは?


カーリースとは利用者が乗りたい車を代理店が代わりに購入して貸し出す仕組みのことをいいます。利用者は代理店との契約になりますので、利用期間中のリース料金を支払うことで、車の所有者が支払う車にかかる税金(自動車取得税・消費税・自動車重量税・燃料税など)を代行会社が請け負ってくれます。

リース契約を結んだ後は、自分の車のように好きなタイミングで好きなだけ車を使うことができ、決まったリース金額を支払い、乗った分だけのガソリン補給を行えば良いという仕組みです。さらに、代理店のなかには一定期間リース料金を支払うとその車を自分のものにすることができるというプランがある場合もあります。

駐車場や車にかかる保険代は自分で負担する必要がありますが、もともと駐車場を持っている人なら尚更負担額になるものがほとんどかからないため、安心してお得に車を使うことができます。

個人で車のリースを行なうメリット&デメリットは?

個人で車のリースを行なう場合、メリットもあればデメリットもあります。事前にこのポイントを知らないと後になって後悔することになりますので、しっかりとチェックしておきましょう。

「メリット」

・車のローンを組むよりも毎月の支払額を抑えることができます。
・車検などの定期メンテナンスも業者にお任せできるので手間がかかりません。
・毎月のランニングコストが一定になるので、他の生活費とのやりくりが楽になります。
・一括や初期費用がかからない分、貯金を残しておくことができます。

「デメリット」

・一度契約してしまうと途中で解約することができず高い解約金がかかります
・あくまでも代理店からリースしているので車の改造などの自由度は低いです。
・あとからリース料金の差額を請求されることがあります。
・代理店の分、手数料が取られているので余分な費用がかかってしまうことがあります。
・車が盗難・事故にあった時にリースだとかかる負担やリスクが大きいです。例えば車が全損になってしまった場合、強制的に解約になり、残りの差額分を一括で支払うことになる場合もあります。

このように、個人向けの車のリースの場合はメリットもあればデメリットもあるため、どこを落とし所にするのか、何がクリアできていればいいのかなどを、自分のライフプランと照らし合わせつつ、しっかりと検討する必要がありそうです。

個人向けの車のリースを行っている会社は?

個人向けの車のリースを行っている会社は年々増えています。

そのなかでもお得に利用できる代理店はどこになるのでしょうか。

(1) オリックスの個人向けカーリース

レンタカーでも知られる大手のカーリースとして勢いがある「オリックス」は利用者にとって嬉しい特典がたくさんあります。

2~3年で車を乗り換えたい人向けの「いまのりくん」や、5年以上同じ車に乗り続ける人向けの「いまのりセブン」、月々のリース料金を少しでも安くしたい人向けの「いまのりナイン」など、利用用途に合わせてプラン選択ができます。

いまのりナインなら7年たったら車の乗り換えが自由にできること、9年後は車を自分のものにできるなどのメリットもあり、しかもオリックスの強みとしてどんな車にも対応している全メーカー全車種対応なので、車選びに妥協する必要もありません。

しかも頭金0円・月々定額払いと余計な費用がかからず、オイル交換や車検の基本点検費用が無料になるクーポンなどもついており、車にかかる定期的なメンテナンス費用も準備する必要がありません。支払い方法も「銀行振込」「クレジットカード」などの選択ができますし、ネットで手続きもできるなどのメリットがたくさんあります。

大手だからこその安心感もあり、オリックスの個人向けの車のリースは、業界的にも支持されています。

(2) 日産マイリースプラン

日産でもカーリースは行っており、家族の成長やライフスタイルに合わせて選べるプランがたくさんあります。シンプルな「3年プラン」「5年プラン」をはじめ5年契約3年後見直しプランでは乗り換え手数料を少額支払うだけでお好きな車に乗り換えができるプランとなります。

日産の場合も頭金0でも利用することができ、車両本体価格からリース期間満了時の車両価値の差し引きがあるので毎月の支払い料金が安くお得に抑えることができます。各種税金の支払いも代理で行ってくれる為、メンテナンス毎に余計な出費もかかりません。

さらに残存価格が決まっているので市場の相場に左右されることもなく、リース中は安心して使えます。任意の保険料も毎月の支払いに組み込むことができ、整備・点検などの費用も含まれています。

このように、余計な費用がかからずに安心して利用できるのが日産マイリースプランだといえるでしょう。日産の場合、車種の指定はありますが、電気自動車から軽自動車・ミニバン・スポーツ車・セダンなどもあり、毎月10000円前後の金額でリースができるのでとてもお得です。おしゃれに車を乗りこなしたい、家族が増えたので大きな車が欲しいなど様々な用途で利用できて、無駄な費用がかからないのが嬉しいですね。
個人向けの車のリースは通常のローンを組むよりも費用がお得になる反面、万が一の時の補償や負担額が心配になります。どちらの方があなたのライフプランにあっていて理想通りなのかをしっかりと検討した上で契約しましょう。どうしても心配な人は3年契約などの短いプランを選択して、まずはお試し期間を設けてみるといいかもしれません。

 

車の維持費は思っている以上に高額ですし、日々の生活を圧迫しかねません。そんな時に便利なのが個人向けの車のリースになりますので、興味のある方は是非、利用を検討してみてくださいね。

関連する記事

スポーティさが魅力!カーリースを利用してBMWに乗ろう!

近年、カーリース市場が拡大しています。カーリースについて、なんとなく知っている人は「車を借りるサービス」という程度の認識かもしれません。しかし、最近のカーリースではなんと人気の外車を選択することもできるのです。今回はそんな数ある外車のなかでも多くの人に愛されているBMWのカーリースについてご紹介します。

均等払いでカーリースを利用したい!均等払いでも支払い額を抑えられるカーリースプランの選び方とは?

カーリースといえば、月額一定の料金を支払うことで、車を利用することができるサービスとして知られています。月々の支出を安定させることができるので、家計も計画的に行うことが可能です。しかし、本当にカーリースの利用料金は毎月一定なのでしょうか。今回は、気になるカーリースの均等払いについてまとめていきます。

他のコンパクトカーとは一線を画すマツダデミオの特徴を徹底解説!

ホンダのフィットが登場した時から、コンパクトカーはスペース重視の設計が主流となっています。しかし、その中にあってマツダのデミオは、美しさを重視したデザインとドライバーのことを第一に考えた設計によって異彩を放っています。今回は、そんなマツダデミオの特徴や魅力について徹底解説したいと思います!

ペーパードライバーから抜け出したいのに車がない…そんなときはカーリースを活用しよう!

ペーパードライバーを抜け出したい!と思っても、急に車を買うのは事故のリスクの高さや気持ちの準備だけでなく、お金も必要ですので、簡単な決断ではありません。その点、カーリースはフラットな支払いで生活を圧迫することなく車に慣れるのに最適です。今回はペーパードライバーの方にカーリースがおすすめである理由を詳しく紹介していきます。