カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

車のリース料金の相場ってどれくらい?リース料金を抑えるためにできること

自分でローンを組んで購入するのではなく、期間限定のリース契約として車を借りる「カーリース」ですが、実際に毎月の料金はどのぐらいかかるのでしょうか。いくらお得とはいっても、税金やメンテナンスなどの諸経費も含まれるとなればそれだけ高額になるのでは…?などとても気になりますよね。もちろんカーリースの会社によっても相場に違いはありますが、車のリースの平均的な料金を見てみましょう。

車のカーリースを利用した時の料金相場は?

車の車種によっても料金は変わりますが、車のリース料金は実際にどれくらいかかるのでしょうか。詳しくみていきましょう。

月額10000円台の車

・スバル プレオプラス
・スバル ステラ
・ダイハツ ムーブ
・三菱 EKワゴン
・ダイハツキャスト
・ホンダ バモスホビオ 他

月額20000円台の車

・日産 マーチ
・ダイハツ アトレーワゴン
・スズキ アルトワークス
・ホンダ フィット
・スバル ジャスティ
・日産 ウィングロード 他

月額30000円台の車

・トヨタ アイシス
・三菱 RVR
・トヨタ ウィッシュ
・スズキ エスクード
・トヨタ ノア
・マツダ ロードスター 他

他にも月額40000円台だと「スバル レガシィ」「トヨタ アルファード」「トヨタ エスティマ」「日産 ティアナ」などのお値段が高めの高級車が並びます。これが車種の基本料金となり、さらにプラスでオプションをつけることや、必要な装備などもあり、これよりも値段が上がる場合もあります。車のもともとの販売価格によってリース料金が決まっていますので、人気の車種である場合や、新発売したばかりの車種、高級車の場合はどうしてもリース料金が高額になります。

これはあくまでも一例になりますので、カーリースの会社によってはキャンペーンなどで車のリース料金が違うこともあります。詳しい料金の詳細に関しては問い合わせすることをおすすめします。

 

車のカーリース料金には主に何が含まれている?

車のカーリースの料金はもちろん会社によっても異なりますが、基本となっているベースがあります。月額のリース料金は主に「リース料金の基本ベース」+「金利」+「各種税金」+「保険料」+「メンテナンス」で総額が算出されます。これを「リース月数」で割ると「月額のリース料金」になります。

会社によっては保険料やメンテナンスを含んでいない場合もあり、一見毎月の月額リース料金が安いものの、実はその他で加入しなければならず、結果的に総額で比較すると変わらないといったケースもあるので注意しましょう。

各種税金の費用の中には、

・車両の本体価格
・自動車取得税
・新車登録時手数料(※中古の場合は不要)
・自動車税
・自動車重量税

などが含まれており、新規購入でもこの税金を負担してくれるのはありがたいですよね。
車の税金は思っている以上にかかるので、この税金がネックになり購入しない人もいるのではないでしょうか。

メンテナンス費用の中には、

・定期点検整備費
・一般修理費
・事故修理費
・車検費用
・タイヤ・オイル代

などが含まれており、故障してしまったり、部品を交換して欲しかったりする時にとても助かります。
メンテナンス費用の内容についても異なる場合がありますので、確認してみてください。

保険料の費用の中には、

・自賠責保険
・任意保険料

などが含まれており、万が一の際に保障してくれるだけでも安心できます。
実際にカーリースの契約が終わってから別の保険会社に加入する人もいますが、結果的に毎月かかる費用は変わらないことがほとんどです。

こういった必ずかかる諸費用は、車のリース料金に含まれている方がなにかとお得になります。

 

車のカーリース料金に含まれていないものは?

逆に車のカーリース料金に含まれていないものを見ていきましょう。

・ガソリン代
・駐車場代
・保険に加入していない場合はその費用
・メンテナンスが含まれていない場合はその費用

といったところでしょうか。

思っているよりも負担としてかかる費用は少ないはずです。
乗る頻度によってはガソリン代も安く済みますし、駐車場は場所によって大きく異なります。住んでいるマンションに駐車場がついていたりすると、その分費用も安く抑えることができます。

 

車のカーリース料金を少しでも抑える為には?

車のカーリースは実際にお得なようにみえるものの、割引などをしているわけではなく、本来支払う車の料金を分割しているに過ぎません。金利が上乗せされている分、逆に高額になってしまうこともあります。少しでもカーリースの料金を抑える方法はあるのでしょうか。

(1) 買い取り

今手元にある車を買取してもらうのも一つの方法です。カーリースの会社で買い取りを行っているところもあり、その買い取り額に応じて総額から相殺されます。使う車であれば残していてもいいかもしれませんが、ほとんど乗ることのない車であればこの機会に買い取りに出しましょう。

(2) 中古車

新車の返却後の中古車を再度リースとして貸し出しているところもあります。新車に比べて車の価値が下がっているので、スペックの高い車でも比較的お得な金額でリースすることができます。期間こそ短いものの、決まった期間だけ使いたい人におすすめです。

(3) 特選車

カーリースの会社毎にお得な車というのが必ず存在します。台数限定の特選車などで限定されてしまうので好きな車種があるとは限りませんが、お得なリース料金で借りることもできますし流行りの車種などもあるので、タイミングさえあえば料金も押さえて満足できる車を借りられるのではないでしょうか。

少しでもリース料金を安くしたい時はこの3つのポイントを抑えましょう。
新車に越したことはありませんが、特に家族などがいる場合汚してしまうことも考えられますし、実は中古の方が安心して使えるといった意見もあります。
車のリース料金をお得と感じるか、少し高いと感じるかはあなた次第です。リースの場合、傷をつけてしまったり故障してしまったりすると高額になるので、最初から背伸びをした車にせず、手頃な価格帯のものを利用するといいかもしれません。

車のリース料金にもともと含まれているものと含まれていないものをきちんと比較して、できる限りお得になるような契約をしてくださいね。

 
 

関連する記事

カーリースで短期の契約はできる?一ヶ月から契約可能なプランを紹介!

最近注目を集めている車の利用方法でもある「カーリース」。このカーリースですが、基本的には3年から5年といった長期の契約を前提としたサービスとなっています。ここで気になるのは、短期のカーリース契約はできるのかということですよね。今回はカーリースで短期契約ができるかどうかという点や、一ヶ月から契約可能なプランをご紹介します。

リース契約で車を購入する際の流れと注意点

リース契約は月々一定の支払いで車に乗ることができ、各種手続きや支払いなどをすべてリース会社に一任することが出来る手軽さから、最近話題になっている新しい車の所有方法です。しかし、気軽に車に乗れるからと安易に手を出してしまい失敗したといケースも増えています。リース契約で失敗しないためにも、ここでは購入する際の注意点についてご紹介していきます。

軽自動車を白ナンバーに変更できるチャンス!その申請方法とは?

「軽自動車のナンバープレートは黄色い」というのは常識ですが、実は今、期間限定で軽自動車に白ナンバーを申請して付けることが可能になっています。2017年4月から特別仕様の白ナンバーのプレートの交付が始まっているのです。ここでは、「そもそもなぜ軽自動車は黄色いナンバーなのか」、「なぜ特別仕様の白ナンバーが交付されているのか」、「特別仕様の軽自動車の白ナンバーはどのようにして申請するのか」を徹底的に解説します!