カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

車の買い方はリースと購入どちらがお得か徹底比較

車の購入を考えた際、今までは一括購入かローン購入が一般的でした。最近では、新しい車の購入方法として「カーリース」が登場し、車所有がもっと気軽に行えるようになりました。しかし、車の購入は大きな買い物ですので、失敗はもちろん後悔もしたくありません。また、できるだけお得に買いたいと思うはずです。ここでは、リースと購入どちらがお得なのか比較してみました。

まずはカーリースの仕組みを知ろう!

以前は企業向けというイメージが強かったカーリースも、最近では個人の利用者も増えてきています。各カーリース会社も個人向けプランに力を入れています。なぜ、カーリースが人気を集めているのでしょうか。まずはカーリースの仕組みを理解することから始めましょう。

カーリースとは、ある一定期間に渡り、リース会社から車を借りて使用します。車を借りるというと、レンタカーを思い浮かべますが、レンタカーは数時間から数日単位の短期の貸し出しですが、リースの場合は数ヶ月〜数年の長期に渡ります。車検証の使用者の欄にも契約者の名前が記載され、車庫証明も必要になります。尚、リースの場合、所有者の欄には、リース会社が記載されます。

リース料は、車両本体価格から契約満了時の残存価値を引いた月額で支払っていく形になり、リース料には、各種税金、車検代、整備費も含まれます。

 

カーリースのメリット・デメリット

カーリースには、どんなところが魅力的で、デメリットとなる部分はどういった部分になるのでしょうか。リース時における特徴を挙げました。

《メリット》

・経済的な負担が少ない

カーリースの場合は、頭金を用意する必要がなく、リース料の中に税金、車検代、整備費などが含まれているため、月々の支払い額が一定になるため、急にまとまったお金を用意する必要がありません。

・面倒な手続きが不要

納税や車検など、自分でやろうと思うと面倒で、納税書や車検証の管理も煩わしいです。リースの場合は、納税、車検の手続きはリース会社が行なってくれるため、手間がかかりません。

・いろいろな車を試せる

車は、長時間乗ってみないと車の特徴などがわかりづらいものです。リースなら、最短1ヶ月から契約できる会社もあり、気になっている車をいろいろ試せます。

・転勤などの急な生活スタイルの変更にも対応できる

「急遽地方へ転勤になり、車が必要になった。」「出産を控えているけれど、これからお金が必要になってくるから、なるべく費用を抑えて車に乗りたい。」など、リースなら生活スタイルの変化にも対応できます。

・予算内でワンランク上の車に乗れる

リースの場合は、契約期間に合わせてリース料が算出されます。つまり、乗った分だけのリース料の支払いになります。また、リース会社はディーラーから大量に車両を購入するため、大幅な値引き交渉が行われていることが多く、同じ月額の予算内でワンランク上の車種に乗ることができます。

・万が一の事故の際に対応を任せられる

万が一の事故の際にも、処理や手続きなど全てリース会社が行なってくれるので安心です。

《デメリット》

・契約満了時には車両をリース会社返却しなければならない

車両の所有者はリース会社になるため、契約が終了したらリース会社へ返却が必要となります。

・途中解約ができない

カーリースの場合は、中途解約ができません。万が一、中途解約をすると、多額の解約金が発生します。

・走行距離が設定されている

リース契約の際、走行距離が設定されており、超過すると超過料金が発生します。走行距離は1,000〜2,000kmで設定している会社が多く、ライフスタイルに合わせて選べるケースもあります。

・カスタマイズができない

車両を返却する必要があるため、自由なカスタマイズはできません。

 

購入のメリット・デメリット

では、購入時した場合はどうでしょうか。同じように、購入時のメリットとデメリットを挙げました。

《メリット》

・ローン完済後は自分の所有物になる

ローン完済後は自分の所有物となるため、引き続き乗り続ければこれまでローン返済分で支払っていた費用を貯金に回すことができたり、乗り換えの場合は下取りに出したり、中古車として販売することもできます。

・自由にカスタマイズができる

外装や内装など、自分の思い通りにカスタマイズすることができます。

 

《デメリット》

・初期費用でまとまったお金が必要

ローンで購入する場合、頭金が必要です。頭金は、車両価格の20〜30%が目安とされています。また、登録費用や税金がかかります。

・納税や車検などの手続きが面倒

税金の納付や、車検の手続きや手配など、全て自身で行う必要があります。また、車検証や納付証などの書類も自分で管理しなければいけません。

・納税や車検のタイミングで支払いが増える

毎年5月に自動車税の支払いや、2年に一度の車検などのタイミングで支払いの金額が増えます。そのことを踏まえて、積み立てをするなど家計のやりくりが必要です。

・メンテナンスを自分で全て行わなければならない

定期的な点検やメンテナンスを全て自分で行っていかなければなりません。それにかかる費用も自己負担です。

 

結局どちらがお得!?人気車種で料金を比較してみました!

リースもローンもどちらも、メリットとデメリットがありますが、結局はどちらがお得なのでしょうか。具体的な費用を人気車種で比較してみました。

人気の軽自動車「タント」比較

車種:タントL/装備2WD・CVT・660cc (オーディオレス)

《購入価格》

車両価格:1,220,400円

自動車取得税:12,200円

自動車重量税:3,700円

自動車税: 0円

自賠責保険:35,610円(37ヶ月分)

合計金額: 1,271,910円

※上記金額以外に登録諸経費が必要となります。

 

比較対象はローン購入時とカーリース「もろコミ(カーコンビニ俱楽部)」で、9年契約・月々均等払いでの比較となります。

※ローンシミュレーション:ローン購入時の支払総額は一括購入時総支払額を千円単位で四捨五入し、108回払い、金利6%の設定で算出した金額です。

比較項目 ローン購入 「もろコミ(カーコンビニ俱楽部)」
車両価格 1,220,400円 1,220,400円
自動車取得税 12,200円 月々の支払いに含まれる
自動車重量税 3,700円 月々の支払いに含まれる
自動車税 0円 月々の支払いに含まれる
自賠責保険 35,610円(37ヶ月分) 月々の支払いに含まれる
頭金 0円 0円
利息 376,709円
支払い総額 1,646,709円 1,982,880円
月々の支払額 15,247円 18,360円

カーリースとローンの差額は、336,171円でローン購入の方が安く見えますが、「もろコミ」には以下の金額も月額の利用料金に含まれています。

■自動車税:9年分

■車検:3回分 + 整備点検費用など:30,000~50,000×3

■自動車重量税:9年分

■自賠責保険料:9年分

■検査・登録手数料:1,700円

ローン購入した場合は、ローンに組み込まれている自動車税・自動車重量税・自賠責保険料(37か月分)以外の費用は自腹となる訳です。そうすると、336,171円の差があってもカーリースの方が断然お得という結果になります。

 

人気の乗用車「プリウス」比較

車種:プリウスS/装備2WD・DCVT・1800cc(オーディオレス)

《車両価格》

車両価格:2,479,091円

自動車取得税: 61,900円

エコカー減税:-61,900円

自動車重量税:22,500円

エコカー減税:-22,500円

自動車税:32,900円

自賠責保険: 36,780円

販売諸費用:65,727円

リサイクル料金:11,480円

合計金額:2,625,978円

 

比較対象はローン購入時とカーリース「もろコミ(カーコンビニ俱楽部)」で、9年契約・月々均等払いでの比較となります。

※ローンシミュレーション:ローン購入時の支払総額は一括購入時総支払額を千円単位で四捨五入し、108回払い、金利6%の設定で算出した金額です。

比較項目 ローン購入 「もろコミ(カーコンビニ俱楽部)」
車両価格 2,479,091円 2,479,091円
自動車取得税 0円 月々の支払いに含まれる
自動車重量税 0円 月々の支払いに含まれる
自動車税 0円 月々の支払いに含まれる
自動車税 32,900円 月々の支払いに含まれる
自賠責保険 36,780円 月々の支払いに含まれる
販売諸経費 65,727円 月々の支払いに含まれる
リサイクル料金 11,480円 月々の支払いに含まれる
頭金 0円 0円
ボーナス払い なし なし
利息 780,113円
支払い総額 3,410,113円 3,884,112円
月々の支払額 31,575円 35,964円

カーリースとローンの差額は、473,999円でローン購入の方が安いですが、「もろコミ」には以下の費用が全て含まれています。

■自動車税:9年分

■車検:3回分 + 整備点検費用など:30,000~50,000×3

■自動車重量税:9年分

■自賠責保険料:9年分

■検査・登録手数料:1,800円

税金や車検代を考慮すると、こちらもリースの方が断然お得と言えます。

 

乗り続けた際の車の状態によってはさほど差額がない場合も考えられますが、リースの方が楽に車を所有できると言えるでしょう。それぞれのメリットとデメリットを理解した上で、自分のライフスタイルに合わせて選択をすると良いですね。
人気カーリースを見る

 

関連する記事

カーリースするなら知っておきたい追加料金とは?

カーリースは初期費用を抑えて手軽に新車を利用できるサービスです。毎月決まった額を支払うだけで、普通に買うよりも安く車を利用できることもある便利なものですが、きちんとサービス内容を把握していないと、思いがけないところで大きな出費が発生する恐れがあります。 そこで今回は、カーリースをするなら知っておきたい諸費用についてまとめました。契約時と契約満了時にかかる可能性のある費用と、それを抑えるカーリースのプランを知り、かしこく、お得に利用しましょう。

リース車の改造はどこまでOK!?違約金が発生するパターンもある!

リース車は月々のリース料金を支払うことで自分の所有物のように新車に乗ることができるのが大きな魅力ですが、ドレスアップやその他のカスタマイズ、いわゆる「改造」は可能なのでしょうか?可能であればどこまでOKなのか?違約金が発生してしまうケースはどんなケースなのか?など今回はリース車の改造にポイントを絞って解説をしたいと思います。