カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

車の購入で悩んでいる方は要チェック!カーリースとカーローン、お得なのはどっち?

カーリースとカーローン、お得に使えるのはどちらなのでしょうか?カーリースとカーローンのお得さの違いや、メリット・デメリットから金額の比較表までご紹介します。車がほしいとお考えの方は必見です。

カーリースとカーローンの違い

 

カーリースとカーローンの違いについて、項目ごとに詳しくまとめてみましたので、比較しながらどちらがお得なのかをチェックしてみてください。

 

1) 車両購入の頭金

・カーリース

頭金の代わりに契約終了時の予定残存価格を設定することにより、下取り価格が決定しており、その価格が頭金として組み込まれているので事前の頭金用意は不要となります。

・カーローン

事前に頭金を用意することで購入価格の値引きや月々のローン返済額を抑えることができますので、今後の返済額を減らしていきたい場合は用意することで支払い額が少なくなります。

 

2) 月々の支払い

・カーリース

ガソリン代を除く自動車税や保険料、メンテナンス費用は月々支払うリース料金に含まれておりますので、一定額の支払いで済みます。維持費が別途かかることはありません。

・カーローン

ガソリン代、自動車税、車検代、保険料などを月々のローン返済と合わせて支払いをしていきますので、月々の出費に変動があります。

 

3) 車両の所有権

・カーリース

カーリース会社に所有権があり、契約満了時になっても契約者の所有物にはなりません。

・カーローン

所有権は購入者自身にあります。

 

4) 新しい車への乗り換え

・カーリース

契約期間満了とともに以下の選択肢から選ぶことができます。

・新しい車種への変更

・再リース契約

・リース車を買い取る

・リース契約終了

幅広い選択肢の中から選ぶことができますので、そのときのライフスタイルに合わせることができます。

 

・カーローン

支払いが終了してもそのまま乗り続けることが一般的ですが、ある程度の走行距離を走ったり、車種が古くなってくると新しい車へ乗り換えることになります。

 

5)車両に関する手続き

・カーリース

税金をはじめメンテナンスなどのサービス、提携の任意保険に加入の場合はリース会社が更新手続きをはじめ対応してもらえます。

・カーローン

車両に関わる税金、メンテナンス、保険契約更新などの諸手続き全般を購入者本人が行います。

 

このように、カーリースとカーローンのお得さを比べてみると、金銭的にお得なのは圧倒的にカーリースだと言えます。ただし、所有権などを求める場合にはカーローンを利用する必要があります。所有にこだわらない人はカーリースを利用するのが断然お得でしょう。

 

 

車をローンで購入した時とリース利用した時の金額を比較

 

次に、カーローンで車を購入した場合と、カーリースを利用した場合での金額の比較をしていきます。必要経費を以下にまとめてみました。

 

■ローンの場合

1)初期費用の支払い

・頭金

・新車本体

・自動車税

・自動車重量税

・自賠責保険料

・法定点検料

・車検代

・その他消耗品費

 

2)毎年かかる費用

・自動車税

・自動車重量税

・自賠責保険料

・法定点検料

・車検代

・その他消耗品費

・ローン返済

 

■リースの場合

1)初期費用

0円

※月々のリース料金の中に先述の料金が含まれているので初期費用不要でリースができます。

 

2)毎年かかる費用

・リース料金

・ガソリン代

・任意保険料

 

毎年の維持費をみてみると、カーリースとローン購入では年間約数十万円の差がつき、カーリースの方が圧倒的に安い金額で車を持つことができます。さらにリース年数が長くなればローン購入との維持費の差も広がり、長い目で見てもリース契約は非常にお得なサービスとなっています。

 

 

カーリースが向いている人はこんな人!

 

・頭金の準備が難しい

通常、車の購入は頭金を用意してローンを組み、月々の返済を抑えるというのが一般的ですが、カーリースの場合は頭金不要で車を使用することができるので、初期費用を抑えることができます。

 

・月々の出費を抑えたい

自動車税やメンテナンス費用、保険料等一定のリース料金を毎月支払うことにより使用できるので、ガソリン代以外での出費の変動を抑えることができます。

 

・面倒な諸手続きの負担を減らしたい

自動車税の手続き、提携の任意保険更新手続き、メンテナンス手配など諸手続きの全般を請け負ってもらえます。

 

・数年ごとに新しい車種に乗りたい

リース契約は数年ごとになりますので、契約満了時には別の車種を選ぶこともできます。数年ごとに好きな車種に変更することも可能です。

 

・修理、メンテナンス業者を探すのが面倒

自分で修理会社やメンテナンスをしてくれる業者を探して見積もりをとったり手配をしたりといった手間が一切かからず、リース会社提携の業者へ依頼ができるので、安心、安全に車の状態を見てもらうことができます。

 

以上、カーリースとカーローンのお得さを比較してきましたが、いかがだったでしょうか。自分の生活スタイルによってリースかローン購入どちらが得になるかを選択する判断材料としてご覧いただけたら幸いです。どちらも決して安い買い物ではないので、慎重に自分に合った方法で車を選んでいくことがベストといえるかもしれません。

 

関連する記事

困ったときに知っておきたい!パンクやすり減りなどカーリース中のタイヤ問題について

車の生命線とも言える大事な部品のタイヤは、消耗品ですので定期的に交換することが不可欠です。また、寿命が来ていなくても、鋭利なものが刺さったりしてパンクしてしまうこともあります。では、カーリースの車でタイヤのパンク修理やタイヤ交換が必要になったときにはどうしたらいいのでしょうか?

カーリースの利用は引越しをしても継続可能?サービスの詳細について解説!

希望車種を「リーズナブルな価格で自由に乗りこなせる」として、個人向けカーリースの人気が高まっています。数年間のカーリース契約を結ぶことで利用者は車を購入することなくカーリース会社が利用者の希望する車種を手配してくれます。 しかし、数年間の契約期間中にライフステージが変わることも十分考えられますし、転勤や転職などで引越しをすることも予想されます。今回はカーリース契約期間中に、引越しを行う際に必要となる手続きを紹介します。

専業主婦でもカーリースの契約は可能?その条件と契約方法をご紹介!

初期費用が不要で、毎月定額の利用料を支払うことで車に乗ることができる「カーリース」。車を購入するときの頭金など、まとまったお金を用意する必要がなく、月々の支出を安定させることができます。そんなカーリースですが、専業主婦でも利用できるのでしょうか。今回は、専業主婦がカーリースを利用するための条件や契約方法などをまとめていきます。