カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

車をリースで購入する場合の値段と月々の費用まとめ

リースで車を購入する際の最重要ポイントは月々の支払金額といった方が多いと思います。しかし、各業者のHPをみても本当にその金額で抑えられるのか、その他の費用は必要ないのかなど様々な点が不安になります。ここでは、リース車を購入した際の月々の支払いやその他にかかる費用などを詳しく解説していきます。

カーリースの仕組みについて

カーリースとは、利用者が希望する車をリース会社がカーディーラーより購入し、利用者は毎月の利用料を支払ってリース会社から車両を借ります。車両をリースする上で、やはり気になるのはお金の問題。どのような仕組みで構成されていて、どこまでの費用がリース料金に含まれるのか、詳しく解説していきます。

 

《リース料金の内訳》

月々のリース料金は下記のように算出されます。

 

(車両価格−残存価格−諸費用+その他)÷リース期間=リース料金

 

ほとんどの場合は、支払いは毎月一定額で変動がありません。中には、月々の利用料を抑える代わりにボーナス月に多く支払いをするというプランを設定しているリース会社もあります。

 

・車両価格について

車両をリースすると言っても、全メーカー、全車種から好きな車種・グレード・色を選ぶことが可能です。希望する車を、リース会社がカーディーラーから購入しますが、リース会社は年間を通してディーラーから沢山の車を購入しているため、大きな割引をしてもらっています。

個人で車を購入するときのように交渉の必要もなく、車両価格が安くなる傾向があります。

・残存価格とは?

残存価格とは、リース契約満了時に予想される査定価格です。契約年数に合わせて、走行距離や、自然消耗、損傷などを考慮し設定されます。

 

・諸費用

自動車取得税、自動車税、自動車重量税、登録料、車検代、自賠責保険、メンテナス費用など、車両を取得する際の初期費用や、維持していくためのほとんどの費用がリース代に含まれるのが一般的です。

※プランによってはメンテナンス費用が含まれていないケースもありますので注意が必要です。

 

・その他

希望車両のボディカラーや、カーナビ、ETCなどのオプションを付けたり、任意保険なども月額のリース料に組み込むことができます。

 

リース料金以外にかかる費用

カーリースの場合、初期費用の他に、各種税金や車検代などの車両維持費も月々のリース代含まれていますが、含まれていないものや、リース会社やプランによって異なるものがあります。

▼リース代に含まれていないもの

・ガソリン代

・駐車場代

 

▼リース会社やプランによって異なるもの

下記に関しては、オプションとしてつけることができる場合もあります。

・任意保険

・オイル交換代

・タイヤ交換代

・点検・修理などの整備費用

 

▼返却時に必要とする費用

・走行距離超過料金

カーリースの場合、月々の走行距離が決まっており、超過すると返却時に超過分の料金を支払わなければなりません。走行距離はリース会社やプランによって異なりますが、1,000〜2,000kmで設定されていることが多いです。超過料金は、1kmにつき5〜15円程度で設定されています。契約前にきちんと内容を確認することと、毎月の走行距離を把握して利用しましょう。

 

・残存価格差額分

契約が満了し車両を返却する際に、車両価値を査定します。査定価格と、契約時に設定されていた残存価格が下回った場合は、差額を支払う必要があるのです。反対に、査定価格が残存価格を上回った場合は、差額分のキャッシュバックがあります。

 

▼その他

・解約金

カーリースの場合、基本的に途中解約ができません。契約期間中に、全損などの大きな事故・故障に見舞われ、契約を継続できない場合は、中途解約となり解約金が発生します。解約金は、契約満了時までに支払う予定だった金額から、これまで支払った分の差額に、違約金を足したものになります。つまり、5年契約を結んでいた場合、万が一1年で解約となったとしても、5年分のリース料は支払わなくてはなりません。事故・故障以外にもやむを得ない事情で解約しなければならない場合にも解約金を支払う必要があります。

 

人気車両の月額リース料金相場

カーリースの月額料の相場はいくらくらいなのでしょう。人気車種で調べて見ました。

以下は、5年契約、均等払いの場合の相場です。

《軽自動車》

ホンダ NBOX:約30,000円(税込)

スズキ ハスラー:約26,000~30,000円(税込)

ダイハツ ミライース:約20,000~25,000円(税込)

スズキ ワゴンR:約20,000~25,000円(税込)

ダイハツ タント:約25,000~30,000円(税込)

 

《普通車》

トヨタ クラウン:約90,000~100,000円(税込)

マツダ アクセラ :約45,000~48,000円(税込)

スバル インプレッサG4:約50,000~60,000円(税込)

トヨタ カローラアクシオ約35,000~38,000円(税込)

ホンダ アコード:約83,000~86,000円(税込)

 

《ミニバン》

トヨタ ヴォクシー:約50,000~54,000円(税込)

トヨタ アルファード:約73,000~76,000円(税込)

ホンダ フリード約40,000~45,000円(税込)

ニッサン セレナ約50,000~55,000円(税込)

ホンダ オデッセイ:約60,000~65,000(税込)

 

※上記金額はあくまでも相場費用となるため、車種のグレードやオプション追加などによっても異なります。

 

月々のリース料を比較すると、軽自動車は3〜5万円、普通車は3〜9万円、ミニバン4〜7万円程度となります。リース料金はリース会社やプランによっても異なります。今回は、5年契約、均等払いで比較しましたが、契約年数が長い程月々のリース料が安くなります。また、月々のリース料を抑え、ボーナス月に加算するプランを設けている会社もあります。

 

安く新車に乗りたいなら「もろコミ(カーコンビニ俱楽部)」がおすすめ

カーリースには興味があっても、カーリース会社もたくさんあって迷ってしまうと言った方も非常に多いです。安く新車に乗りたいのであれば、業界NO.1のトータルサービス「もろコミ(カーコンビニ俱楽部)」がオススメです。

▼おすすめする理由

・頭金0円!人気の月々税込1万円〜!

「もろコミ(カーコンビニ俱楽部)」なら、ホンダN-BOXやダイハツのタントなどの人気の軽が月々税込10,000円(ボーナス併用払い)から乗ることが可能です。マツダのCX-5や、ホンダのヴィゼルなど、アウトドアにも大活躍の人気SUV車も月々税込27,000円で乗れます。

・お支払プランは自由設計

支払いプランは、年に2回のボーナス月加算で月々の支払いを安くするボーナス併用払いか、月々の支払い額を一定にする均等払いのどちらかを選択することが可能です。また、カーナビ、ETC、バックアイカメラなどのカーアクセサリーをオプションでつけることができたり、タイヤ交換や、バッテリー交換、各種オイル交換などのメンテナンス費のコミコミプランもオプションでつけることができます。オプションにおいてはカーアクセサリー・メンテナンス費オプションの2つを合わせても月々5,000円未満でつけられます。

・契約7年で返却・乗り換えOK

契約後、7年経過で乗り換え、もしくは車両の返却をすることができます。

・契約9年で車がもらえる

契約後9年で、乗っていた車両がそのままもらえます。
人気カーリースを見る

 

関連する記事

カーリースを利用して“日本で一番売れている軽!N-BOX”に乗り換えよう!

軽自動車の中でも一際存在感を放っているホンダ・N-BOX。登場以来様々な賞を受賞、爆発的な人気となり、あっという間にホンダの看板車種になりました。年齢や性別を問わず多くの方に支持されているようです。2017年には新型も登場してパワーアップしたので、乗り換えを考えている方も多くいることでしょう。 ここではN-BOXの魅力やデメリットとともに近年新車の導入方法として定着しつつあるカーリースの仕組みやおすすめのカーリース会社をご紹介します。カーリースを利用すれば、お手軽に大人気のN-BOXへの乗り換えもできますよ。