カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

車を分割払いで購入するメリットや方法を解説

あると便利な車ですが、決して安い買い物ではありません。車の購入の際に助かるのが分割払いですが、分割払いにも種類があります。今回は分割払いで車を購入するメリットや分割払いの方法について解説します。

車の購入は分割払い、それとも一括購入?それぞれのメリットとデメリットを比較

車の購入方法には分割払いと一括購入があります。「お金がある人は一括、お金がない人は分割」ということではなく、それぞれにメリットとデメリットがあるので、2つの選択肢と考えることができます。

・分割払いのメリット・デメリット

分割払いのメリットは、手元に車両代金全額がなくても車の購入ができることです。頭金や諸費用など、ある程度の額を用意すれば、残金を借りて月々の分割払いで返済することができます。

ある程度の貯金があるとしても、分割払いにすれば資金を手元に残したまま車を手に入れることができます。突然予定外の出費が発生したとしても、資金に余裕があれば安心です。車の購入後も車検を含めた維持費がかかるので、資金は残しておいたほうがいいでしょう。

分割払いのデメリットは、利息を払わなければならないことです。ローンを組む金融機関によって金利に差がありますが、総支払額は一括購入よりも高くなってしまいます。また、ローンが完済するまで車が自分のものにならないことも忘れてはなりません。

タイミング次第では低金利のキャンペーンを行っていることがあるので、うまく利用すれば総支払額を抑えることができるでしょう。

・一括購入のメリット・デメリット

一括購入のメリットは分割払いで発生する利息分を節約できることです。総支払額を見ると、分割払いの際の利息は数十万円にも及ぶことになります。一括購入しても十分な資金が余るのであれば、基本的に一括払いがメリットの多い購入方法です。

一括払いで車を購入すれば、将来車を乗り換えたいときに、ローンが残っている場合に比べて処分しやすくなります。

車両代は高額なので誰もが一括購入できるわけではありません。新車の購入だと200万円以上のまとまった金額を支払うことになり、貯金が一気に減ってしまいます。一括購入のために無理をすると、後で予定外の出費が必要になったときに困ります。

・結局どちらがお得?

分割払いと一括購入は人によって合う合わないがあるので、よく考えたうえで決定する必要があります。もちろん車両代金を全額揃えることができなければ選択肢は限られてしまいます。

車両代金が予算内に収まらないのであれば、無理はせずに資金に余裕を持たせたほうが安心です。無理をすると後でオプション装備を付けられなくなったり、急を要する出費が必要になって車を手放さなければいけなくなったりします。

貯金に余裕があれば総支払額を抑えられる一括払いがお得になります。自分や家族の経済状況を考えながら、無理のない支払いができるように検討しましょう。

 

車の分割払いの4つの方法を解説

車の分割払いには下記の4つの方法があります。特徴をまとめますので、比較しながら自分に合った方法を探してみてください。

・ディーラー系自動車ローン

ディーラーで車を購入する時に利用できるカーローンです。ディーラーが提携している信託会社のローンサービスを利用することになりますが、ディーラーとのつながりが深いため、審査基準が比較的緩いと言われています。

ディーラーで直接申し込むことができ、審査結果も即日知ることができるので手続きが楽なのもメリットです。

ただし、銀行系自動車ローンに比べて金利がやや高く設定されています。金利が高いと総支払額にかなりの差が出ることもあります。手続きが簡単だからとすぐに利用するのではなく、他のカーローンと比較しながら決めるようにしましょう。

・銀行系自動車ローン

銀行系の自動車ローンは銀行で直接組むことができる自動車専用のローンです。最大のメリットは金利が安いことです。金利の数字は小さくても、支払回数によって総支払額に数十万円もの差が出るのでとても大切なポイントです。

金融機関によって金利に幅があるのでできるだけ多くの見積もりを取ることをおすすめします。ネット申し込みで金利がさらに安くなることもあります。車を自分の名義にできる場合もあります。

金利が低いということは審査が厳しいことでもあります。借入希望額が高すぎたり、信用情報に問題があったりすると審査に通らない可能性が非常に高くなります。審査に時間がかかることや手続きが面倒なことも注意点になります。

・残価設定ローン

ディーラーが提供している残価設定ローンあります。残価設定クレジット(残クレ)と呼ばれることもあります。残価とは、一定期間が過ぎたときの車の価値のことで、下取り価格とも理解することができます。

あらかじめ残価を設定して、車両費用から差し引いた額でローンを組むことになります。その分少ない支払いで済むのが残価設定ローンのメリットです。

一定期間が過ぎると、車は返却しなければなりません。または残価を支払って買い取るオプションもあります。このときに残価設定クレジットがデメリットになることもあります。

残価はあくまでも予想下取り価格です。車にひどい汚れや傷がついていたり、既定の走行距離をオーバーしたりしていると、下取り価格が低くなってしまいます。その差額を追加料金として請求されます。

・自社ローン

自社ローンとは中古車販売店が独自に分割払いを請け負うローン形態のことです。販売店ごとに審査基準が異なっていますが、一般のカーローンに比べて審査基準が緩いと言われています。

中古車販売店は貸金業ではないので、利息によって利益を得ることは法律で禁止されています。そのため自社ローンの金利はどこも0%です。販売店ごとに審査するので、時間や手続きの面でもメリットが多いと言えます。

金利は0%ですが、自社ローンを使うと車両価格に利息分の利益を上乗せするケースが多いため、一括購入よりも高くなってしまうことがあります。また、借入額の上限があったり支払回数を少なく設定したりする販売店が多いので注意が必要です。

 

月々定額のカーリースというサービスもある!

分割払いや一括購入に加えて、カーリースというサービスを利用する方法があります。カーリースも分割払いのように月々の支払いをすることによって車を使用することができ、さまざまなメリットがあることから注目を集めています。

カーリースはリース会社が車の所有者となって使用者に長期契約で貸すサービスです。借りたら返すことになりますが、返す以外にも新車に乗り換える、車を買い取るといった選択肢があります。中にはそのまま車をもらえるプランもあります。

カーリースのメリットのひとつは、初期費用としてまとまったお金を用意する必要がないことです。頭金はなしで、登録にかかる諸費用や税金をすべて月々のリース料に含めることができます。

まとまったお金を用意する必要がないので家計を圧迫せずに車に乗れますし、月々定額なので家計の管理が楽になります。メンテナンスパックを付けて車を楽に維持するという活用の仕方もあります。

カーリースは新しい車の利用法として注目されていて、年々利用者も増えています。分割払いと同じように月々定額で乗れるカーリースも選択肢のひとつに加えてみるといいでしょう。

関連する記事

日産の人気車、カーリースの料金は?日産の人気車種の見積り額を徹底比較!

日本を代表する自動車メーカーの日産。その技術力は高く評価され、「技術の日産、販売のトヨタ」などといわれた時代もあったようです。 フェアレディZやスカイラインなど、歴史に残る名車を多く生み出してきました。実は日本で初となる3ナンバー車、セドリックシーマやグロリアシーマを販売したのも日産です。このシーマは大ヒットとなり、一大ブームを巻き起こしました。 カーリースでも、日産の人気車種も、もちろん利用できます。そこで、現在の日産の人気車種のカーリース料金を、カーリース会社別に比較してみました。サービス内容の違いにも注目です。

オリックスカーリースの口コミや評価を徹底調査!

長期のリース契約を結んでマイカーのように新車を楽しめる個人向けのカーリースのサービスが人気を集めています。大手の業者の1つがオリックス自動車のカーリースで、全国的な規模でサービスを展開しています。ここでは、オリックスのサービスやプランの内容を解説すると共にカーリースの口コミや評価をお伝えしていきます。

カーリースで最高級セダン“クラウン”に乗り換えよう!おすすめのカーリース会社もご紹介!

クラウンといえばトヨタの最上級セダンで日本を代表する車でもあります。2018年に新型モデルが発表され、従来の重厚さと高級感はそのままに若々しい魅力もプラスされました。 先進のコネクティッド機能も搭載され、車好きの注目を一身に集めているといっても過言ではないでしょう。実は、こういった高級車こそ、まとまった初期費用なしで新車が利用できるカーリースがおすすめなのです。ここでは、その理由をじっくりとご説明しましょう。