カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

車検が切れたらどうする?再取得の方法や車検に出す際の移動手段を分かりやすく解説!

車検の時期を忘れていて車検が切れてしまった場合、どうしたらいいのでしょうか?今回はその対処法について解説します!

車検が切れた時に運転するリスクとは?

車検が切れた状態で車を運転するとどうなるのでしょうか?車検切れのまま公道を走ることは、法律ではっきりと禁止されています。違反した場合の罰則も、下記の通り定められています。

行政処分:違反点数6点(前歴がなくても30日間の免停処分になる)
刑事処分:6カ月以下の懲役又は30万円以下の罰金

車検が切れた時には、車検時に保険料を納める自賠責保険の期限も切れた状態になっていることが多く、その場合には下記の無保険運行の罰則も適用されます。

行政処分: 違反点数6点
刑事処分:1年以下の懲役又は50万円以下の罰金

行政処分に関しては、車検切れの違反点数と合算されることはなくより高い点数のほうが適用されるという法律(道路交通法施行令 別表第2備考1-1)がありますので、違反点数は6点のままとなります。

ただし、刑事処分の罰則は合算され、最大で1年6カ月以下の懲役または80万円以下の罰金に処される可能性があります。

このように、車検切れで車を運転することには厳しい罰則があります。ただし、これらの罰則は車検が切れていることを知りつつ、車を運転した場合に適用されます。

車検が切れたことをうっかり忘れていて運転してしまったという場合には、警察も厳重注意だけで済ませてくれることが多いです(車検が切れた時点から半年などの長期間が経過していた場合には、本当に忘れていたとしても悪意があるとみなされてしまうかもしれません)。

いずれにしても、車検が切れた状態で車を運転することは法律違反ですし、厳しいペナルティを受ける可能性がありますので、車検が切れたことに気づいたら、そのままの状態で車を運転することは決してないようにしてください。

 

車検が切れた!車検再取得の方法や流れとは?

では車検が切れた場合、どうすれば良いのでしょうか?答えは単純明快で、「車検を再取得しなければならない」ということです。ここで、車検を再取得する流れや費用についてご説明します。

車検を再取得する流れは下記の通りです。

1 車検を受ける方法を決める

まず車検の方法を決めましょう。方法としては、自分で点検整備を行い陸運局へ持ち込む(ユーザー車検)、ディーラーに依頼する、車検サービス会社に依頼する、などがあります。

2 車検場所に車を移動させる手筈を整える

車検方法を決めたら、陸運局や車検の依頼先まで車を移動させる手筈を整えましょう。その移動方法については、次の項目で詳しくご説明します。

3 車検を受ける

必要書類を整えてから実際に車検を受けます(車検を業者に依頼します)。無事に車検に通ると、有効な車検証を発行してもらうことができます。

では、車検を再取得する費用についてはどんな注意点があるでしょうか?

車検でかかる法定費用や車検で検査される項目は通常の車検と全く同じです。ただし、車検切れを放置していた期間が長いと、その分整備にかかる費用が多少高くなることは考えられます。

また、詳しくは後述しますが、車検を受ける場所に車を移動させるのにも費用が発生する場合があります。そのため、車検が切れたあとになって車検を再取得することには、通常のケースよりも費用や手間がかかるのは間違いないでしょう。

 

車検の切れた車を車検に出すための移動法はある?

前の項目でご説明した通り、車検を再取得するためには、車検の切れた車を車検場所まで移動させることが必要です。しかしながら、車検の切れた車で公道を走行することは禁止されていますので、車を移動させる手段を考えなければなりません。

そこで、この項目では車検の切れた車を車検に出すための移動手段について解説します。具体的な方法は下記の2つです。

1 ディーラーや車検サービス会社に移動してもらう

ディーラーや車検サービス会社など、車検を依頼する業者にレッカー車で引き取りに来てもらうという方法があります。ただし、業者によってはレッカー移動に対応していないことや、高額な追加料金が発生する場合もありますので、車検の依頼先を決める前に問い合わせて確認しておきましょう。ディーラーの場合は、回送ナンバー(後述の仮ナンバーに類似するもの)を使って持って行ってくれることもあります。

2 役所で仮ナンバーを取得する

仮ナンバーを取得するという方法もあります。仮ナンバーを車に付ければ、車検が切れた状態でも公道を走ることが可能になるのです。仮ナンバーは市役所や区役所の窓口で申請できます。申請に必要なものは下記の通りです。

・申請書(窓口で手に入る)
・自賠責保険証
・車検証
・印鑑(認印も可)
・運転免許証
・申請手数料(市町村により異なるが750円程度)

自賠責保険が切れていると仮ナンバーを取得することができません。ですから、車検と同時に自賠責保険も切れた場合には、まずは自賠責保険に加入しましょう。ちなみに、自賠責保険は車検を取得する期間だけ加入することも可能です。

申請の際には、仮ナンバーの取得目的や車を移動する期間、移動する経路などを申告する必要もありますから、事前によく確認しておくことをおすすめします。

仮ナンバーには3日~5日の有効期限があります。期限が切れた場合には公道を走ることはできなくなりますので、期限が過ぎる前に用を済ませましょう。また、仮ナンバーは有効期限が満了してから5日以内に返却しなければならない点も要注意です。

 

車検が切れたら困る…そんな不安を持つ人は、カーリースを利用しよう!

今回は車検が切れた場合の対処法について見てきました。車検が切れたまま公道を走ると厳しいペナルティを受ける可能性があることや、車検が切れたあとになって車検を受けることには余計な費用や手間がかかることがおわかりいただけたのではないでしょうか。

また、車検を直前になって思い出すと出費が急に発生して焦るということもあるでしょう。ですから、車検の期限は絶対に忘れないようにしたいものです。

「車検を忘れてしまわないか心配」、「車検の度にお金をやり繰りするのは大変」、「車検の手続き続き自体が面倒」という方は、カーリースを利用するのがおすすめです。

カーリースなら、月々のリース料に車両代だけではなく車検時に必要になる重量税や自賠責保険料、車検基本料金が含まれているケースがほとんどです。そのため、車検のタイミングで毎回お金のやり繰りに苦労する、ということはありません。

さらに、車検の時期もカーリース会社から事前に通知してもらえて安心でき、車検の手続き自体もカーリース会社にお任せできたり、いろいろ相談できたりと、何か手厚いサポートを受けることができます。

「車検が切れたら困る…」という不安をお持ちでしたら、是非カーリースのご利用をご検討ください。

人気カーリースを見る

関連する記事

カーリースの中途解約は可能?もし契約期間中に解約をしなければならなくなったら…

カーリースの契約期間中に、何らかの事情によって「どうしても解約をしなければならない」という状況になってしまう可能性はゼロではありません。カーリースは中途解約が可能なのでしょうか?また可能であればどのような手続きを経て解約をすることができるのでしょうか?カーリースを利用する前にぜひ押さえておきたいポイントですので、しっかりと把握しておきましょう。