カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

車検にかかる日数はどれくらい?車検に時間がかかるケースや業者ごとの違いについて解説!

車検は有効期限が切れるまでに受けなければいけません。車検が切れてしまうとその車は公道を走れなくなってしまいます。そこで気になるのは、車検完了までにいったい何日かかるのかということです。 車検にかかる日数は一律なのでしょうか。それとも、年式や業者によって異なるのでしょうか。車検に出すベストなタイミングを決めるためにも、車検にかかる日数についてみてみましょう。

車検の日数は業者によって異なる?

車検は有効期限があるため、前もって受けたくなりますが、前倒しで受けると次回の有効期限はその日からカウントされます。つまり早く受けると残っていた有効期限の分が無駄になってしまうのです。

有効期限の日にちを変えることなく車検を受けられるのは有効期限1ヶ月前からです。この有効期限が切れる1ヶ月の間に車検を受けて終わらせなければいけません。

そうすると重要なのが「車検にどれくらいの日数がかかるのか」です。有効期限ぎりぎりに車検に出したら、思った以上に日数がかかり期限が切れてしまった、ということもあり得ます。

車検の日数がどれくらいかかったか人に聞くと、様々な答えが返ってくるでしょう。即日という人から1週間かかったという人までいます。なお、この業者によって車検の日数が異なるのは理由があります。

1つは繁忙期による混雑具合です。大手のカーメンテンナンス店であれば、整備士を多数在籍させて、その場ですぐに整備ができます。一方、小規模であれば、対応できる人に限りがあったり、外部の整備工場に依頼したりします。そうすると、日数が他よりかかってしまうかもしれません。

車検の有効期限は車を登録した時からカウントされます。車検の繁忙期はより多くの人の有効期限が切れるとき、つまり、車が最も売れる時期です。

12月から3月は、年末商戦から始まり、年度末の決算前値引きがあるため、車の販売台数が多くなります。また、4月の新生活前に前倒しで車検を受けてしまおうという人もいます。そのため、12月から3月が車検の繁忙期になります。この時期は業者によっては車検の日数が多めにかかる場合があります。

もう1つは交換部品の取り寄せ日数です。部品を交換しないといけない場合、その部品の取り寄せによって車検にかかる日数が左右されます。業者の在庫状況は、混雑状況によっても変わってくるかもしれません。業者がどのような部品の取り寄せのルートを持っているかによっても、車検の日数が異なります。

また、車が輸入車や特殊車両だったり、部品が特注品だったりする場合も日数がかかります。海外から取り寄せないといけないとそれだけで1週間程かかることもあります。これらの理由で業者によって車検にかかる日数には幅があるのです。

 

車検にかかる日数を業者別に徹底比較!

車検を行なっている業者は数多くあり、それぞれが車検にかかる日数を設けています。業者によって異なりますが、業者の種類により、かかる日数が左右されます。そこで、業者別の一般的な違いと日数を見てみましょう。

ディーラー 1日から2日

ディーラーでの車検は大きな故障がなければ基本的には1日で終わります。朝一番で入庫すると夕方には、午後に入庫すると次の日には終わる場合がほとんどです。

多くのディーラーは認定工場という車検を自社設備で行う資格を取っています。そのためディーラー内で整備と車検をまとめて行うことができ、スピーディな車検ができます。交換部品もディーラーなら多めに揃えてあることも日数が少なく済むポイントです。

民間の整備工場、2日から4日

いわゆる町の修理工場や、修理と販売を行なっているモータースと呼ばれる工場での車検は最短2日のところがほとんどです。認定工場の資格があれば早く終わりますが、民間の整備工場は車の整備が行える指定工場でることが多いです。

そうすると、整備までは自社でできますが、整備後陸運局に持っていって車検を受ける必要があります。それだけで半日から1日かかるので、合計2日はかかります。

そして、点検の結果部品の交換が必要になるとさらに日数がかかります。ディーラーとは異なり、純正部品の在庫を多く持っているわけではないので、整備内容によっては部品待ちで車検に時間を要します。

カー用品店 数時間から1日

オートバックス、イエローハットといった大型のカー用品店でも車検を行なっています。カー用品店での車検は必要最低限の点検ですが素早く行われます。待っている間は店内を見て回れるので、用事のついでに車検ができます。

最近では、見積もりを別の日に出すところも増えています。事前に見積もりを出すことで、値段を比較検討できます。二度手間にはなりますが、どれくらい整備に時間がかかるのか分かるというメリットがあります。

ガソリンスタンド 数時間から3日

同様にガソリンスタンドでも素早い車検が行えます。しかし整備工場が併設されていないと外部の整備工場に依頼することになるので、時間がかかります。

また整備は行わずに車検のチェックだけ行うガソリンスタンドもあります。これは車の整備に自信がある場合は安く、早く行えるメリットがあるものの、不合格になると余計に手間がかかってしまう可能性もあるため注意が必要です。

車検専門店 30分から数時間

車検専門店なだけあって、スムーズな手続きができます。車検の点検に慣れている整備士を複数おいて、効率よくチェックしていくため、スピーディな車検が行えます。

このように車検の検査自体は1日で終わるので、自社で行えるか陸運局に持ち込むかによって日数の違いが出てきます。平均的には1日から2日を見ておくと良いでしょう。

 

走行距離や年数によっても車検にかかる日数は変わる?

車検というのは車がある基準に適っているか検査する作業を指しています。車に不備があれば、車検の基準をクリアするように直さなければいけません。そのため、故障があればそれを直すまでに日数がさらにかかります。

車検にかかる平均的な日数は、あくまでスムーズに点検が進んだ場合なのです。走行距離が多かったり、年数がたっていたりすると、それだけ車の不備が増える可能性は高まります。そうすると、車検の日数が思ったよりかかることがあります。

例えば、10万kmを超えると様々な不具合がでてきるので、車検の際は余裕を持った日数を見ておく方が良いでしょう。部品交換を頻繁に行なっていないなら、車検の際に様々な部品を替えなければいけない可能性が高いです。簡単な部品であれば1日で入荷できますが、特殊なものだとさらに日数がかかってしまうかもしれません。

部品交換のタイミングは年数よりも走行距離が大きく影響します。ただし年数が古くなればなるほど、部品の流通が減り、取り寄せるのに時間がかかるというケースがあります。

 

車検の管理が不安、手続きが面倒な方におすすめのカーリースとは?

どの業者に車検を頼むか、どのタイミングで出すか、といった車検の管理を面倒に感じる人も多くいます。値段だけを見て、質の悪い車検業者に頼んでしまうのではないかという不安もあります。

カーリースで車を手に入れるとそういった煩わしさから解放されます。多くのカーリース会社は車検もカーリース料金に含んでいたり、車検無料クーポンをセットにしていたりします。そのため、車検の費用を別に取り分けておく必要がありません。

また、カーリース会社が車検に出す提携工場を指定していたり、自社設備で行なっていたりします。カーリース会社も自社の車をきちんと整備したいと思っているので、きちんと車検を受けられます。車検の質が悪いという心配は不要です。カーリースは車をお得に乗れるだけでなく、面倒な手続きなどもお任せできる方法なのです。

人気カーリースを見る

関連する記事

カーリースのボーナス払いを“なし”にできる?お得にカーリースを利用する方法

車をローンで購入する場合には、ボーナス払いをありにするかどうかを選択します。なお、カーリースの料金の支払いにも、ボーナス払いは同様にあります。では、ボーナス払いは必ずしないといけないのでしょうか?今回はカーリースのボーナス払いや、月々の支払額を抑える方法について解説します!

カーリースは頭金ありのローンと何が違う?契約前のチェックポイントを徹底解説!

個人向けのカーリースが増えつつあり、ライフスタイルに合わせたカーリースでの車の所有といった、新しい車の乗り方が提案されています。カーリースを利用する上で、メリットとなるのがコスト面ですが、カーリースと頭金ありのローンはどう違うのでしょうか。今回はカーリースと頭金ありのローンの違いや、契約前のチェックポイントを解説します。

カーリース期間中のスタッドレスタイヤのサービスは?タイヤ交換はしてもらえるの?

車両を維持するためのさまざまな費用が月額料金に含まれ、自分で新車購入するよりもお得に利用できる個人向けカーリースへの注目が高まっています。数多くあるカーリースプランの中で、メンテナンス費用込みのカーリースプランにはどんなサービスが含まれるのかが気になるところです。 決して安くはない夏タイヤとスタッドレスタイヤの交換は、家計に大きく影響する費用ですので、カーリース会社負担か利用者負担かはカーリース利用の前に知っておきたいものです。カーリース期間中の車両のタイヤ交換、特にスタッドレスタイヤへの交換について紹介します。

ミニバンで国内トップクラスの人気!ヴォクシーに乗るならカーリースを利用しよう!

ミニバンはファミリー層に高い人気を誇りますが、その中でも特に人気を集めているのがトヨタのヴォクシーです。憧れる方も多いのではないかと思いますが、コンパクトカーなどと比較すると、車両価格も高額でなかなか新車購入はハードルが高いといえるのではないでしょうか。 しかし、カーリースを利用すれば初期費用の負担が少なく、憧れのヴォクシーでのカーライフが実現するかもしれません。