カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

車検にかかる諸費用とは何を指す?気になる内訳についてご説明!

車検料金の内訳で「諸費用」という表示を見たことがあるかもしれません。では、この諸費用とは具体的には何を指すのでしょうか?

そもそも車検とは何をするの?

車検とは、車が国の定める保安基準に適合しているかどうかを定期的に検査するための制度です。車検は「自動車検査登録制度」の略で、通常は「継続検査」とも呼ばれています。ミニカーやトラクターなどの小型特殊自動車を除く自動車と、250cc以上排気量を持つバイクは車検を受ける必要があります。

車検は基本的には運輸支局の検査場で実施します。そのため、多くの車検業者は自社の工場で点検整備を行ったうえで運輸支局に持ち込んで車検を受けることになります。しかし、各地の運輸支局から認定を受けた「指定工場」を有している車検業者やディーラーは、自社工場で車検の検査を完了させることができ、税金の支払いや書類上の手続きだけを運輸支局で行うことになります。

車の車種や用途ごとに車検の有効期限が定められています。有効期限が切れてしまうと車検切れの状態となり、その車は公道を走ることができなくなります。車種や用途ごとの有効期限は以下の通りです。

・自家用乗用自動車:新車登録から3年後、以降は2年ごと
・軽乗用自動車:新車登録時から3年、以降は2年ごと
・小型自動車二輪(250cc超):新車登録から3年後、以降は2年ごと
・レンタカー(乗用自動車のみ):新車登録から2年後、以降は1年ごと
・バス、タクシー:新車登録から1年後、以降も1年ごと
・軽貨物自動車:新車登録から2年後、以降も2年ごと
・大型特殊自動車:新車登録から2年後、以降も2年ごと
・貨物自動車(8t未満):新車登録から2年後、以降は1年ごと
・貨物自動車(8t以上):新車登録から1年後、以降も1年ごと

※2019年1月1日現在の情報です。車検の有効期限は法律の改正で変更になる場合があります。

 

車検料金の「諸費用」とは何を指す?

ここで、車検料金の中の諸費用とは一体何を指すのかを見てみましょう。

車検料金の内訳は大きく分けて、車検基本料と法定費用の2つです。

車検基本料

車検基本料の内訳は、整備が必要な箇所を見定める検査の料金、法定24か月点検整備の料金、検査場まで車を持っていき、車検に通す代行料などが含まれます。また、検査の結果、修理や部品交換が必要になればその料金も上乗せされます。業者ごとの車検基本料の相場は以下の通りです。

・ディーラー: 4万円~10万円くらい
・車検専門フランチャイズ: 2.5万円~8万円くらい
・民間整備工場: 2.5万円~8万円くらい
・カー用品店: 2万円~6万円くらい
・ガソリンスタンド: 2万円~6万円くらい

法定費用

法定費用の内訳は自動車重量税、自賠責保険料、検査手数料(印紙代)です。この法定費用のことを諸費用と呼ぶ場合があります。事実、一般社団法人「日本自動車整備振興会連合会」のサイトでも、法定費用を諸費用と呼んでいます。ですから、「車検料金の諸費用とは?」という質問に対する答えは、自動車重量税、自賠責保険料、検査手数料ということになります。

自動車重量税は、自家用乗用車の場合は車両の重さ0.5tごとに4,100円/年が課税される仕組みになっています。軽自動車の場合は重さに関係なく3,300円/年です。エコカーの場合は税額の減免措置を受けられますが、新車登録から13年以上経過した車に関しては重課税になります。次の車検までの分をまとめて支払いますので、自家用乗用車の場合は車検時に2年分の税金を支払うことになります。

自賠責保険料は、自家用乗用車で25,830円(2年分)、軽自動車で25,070円(2年分)です。

検査手数料は、認証工場で車検を受ける場合、小型自動車(4、5、6、7ナンバー)で1,700円、小型自動車以外(3ナンバーなど)では1,800円、軽自動車は1,400円となります。指定工場の場合は、車種に関係なく1,200円(オンライン申請の場合は1,000円)です。

※2019年1月1日現在の情報です。諸費用の金額は法律の改正で変更になることがあります。

 

諸費用を含めた車検費用の相場は?

諸費用を含めた車検費用の相場を見てみましょう。前の項目の説明からわかる通り、諸費用のうち自賠責保険料と検査手数料は車種による金額の違いはほとんどありませんが、自動車重量税に関しては重さが軽い車の方が安くなります。また、整備料や部品代も小型の車の方が安めなのが一般的ですので、諸費用を含めた車検費用の相場は小型車の方が低くなっています。

・軽自動車: 6万円弱
・小型乗用車(1.0t以下) :7万円前後
・中型乗用車(1.5t以下) :8万円前後
・中型乗用車(2.0t以下) :9万円弱
・大型乗用車(2.5t以下) :10万円弱

※上記は修理や部品交換が不要な場合の車検費用の大まかな目安です。車検費用は車検を受ける場所や車の状態によって変わります。

 

カーリースなら車検基本料も諸費用もコミコミ!

車をローンで新車購入した場合、毎月の返済とは別に、車検の度にまとまった支払いが発生しますから、お金のやり繰りを大変に感じることもあるでしょう。さらに言えば、毎年自動車税も支払わなければなりませんから、それも心配の種となり得ます。

しかし、毎月のリース料を支払うことでお好みの新車を5年や7年などの長期間借りられる今話題のカーリースのサービスなら、こうした悩みを解消できます。

なぜなら、毎月定額のリース料に車両代や新車登録諸費用だけではなく、車検費用(車検基本料+諸費用)や自動車税なども含まれているからです。さらに、契約によっては定期点検料や消耗部品の交換費用といったメンテナンスにかかる諸費用もリース料に含めることが可能です。そのため、カーリースを利用すれば、毎月の車にかかる出費が安定し、家計のやり繰りがしやすくなります。

カーリースのメリットは、リース料に諸費用が含まれていることだけではありません。カーリースは頭金が不要であるため、まとまった初期費用を用意しなくても新車に乗り始めることができます。

また、車検の手続きや税金の支払い、メンテナンスなどの車の管理をカーリース会社にお任せすることができるため、車にあまり詳しくない人や車の管理に手間をかけたくない人からも非常に人気があります。

さらに、多くのカーリースの契約には「残価設定」があり、購入する場合と比べて車両に対する支払いを安く抑えられますので、無理のないリース料でワンランク上の車を楽しむことも可能です。

※残価設定とは、契約満了時の車の予想下取り価格(残価)をあらかじめ設定し、その金額を車両価格から差し引いた上でリース料を決めることです。

あなたも、魅力満載のカーリースサービスで、お得で便利なカーライフを送ってみてはいかがでしょうか?

人気カーリースを見る

関連する記事

車検証とはどんなもの?発行や再発行にはどのような手続きが必要?

車を保有するのであれば欠かせないのが車検ですが、車検証の重要性を実感する機会は少ないのではないでしょうか。普段は、自賠責保険証と一緒にグローブボックスに入れっぱなしになっていて、しっかりと内容を確認したことがないという方も多いのではと思います。 ここでは、車検証とはどういうものなのか、氏名や住所変更の際にはどんな手続きが必要なのか、また万が一、紛失してしまった場合にはどうすればいいのかなどをご紹介します。

無免許の人でもカーリース利用は可能?さまざまなケースをご紹介!

一般的に周知されつつあるカーリースですが、まだまだ、その詳しい仕組みはよく知らないという方も少なくありません。車を購入するのと、どんな違いがあるのでしょうか?購入より手続きや条件が複雑なイメージがありますが、実際どうなのでしょうか。 また、ここではカーリースをする際に「もしも免許をもっていなかったら?」というケースも紹介します。無免許なのに車を手に入れるというのは、どういうことなのでしょうか。実はこの状況は誰にでもあり得ることなのです。今はその状況になくても、万が一の時に役立つ情報として知っておきましょう。

圧倒的な存在感と高級感!ヴェルファイアに乗るならカーリースを利用しよう!

ファミリーや若者など様々な層から支持されているヴェルファイアはミニバンの人気車種です。ヴェルファイアに乗りたいと購入を検討している方も多いのではないでしょうか。 しかし気になるのは費用です。ミニバンは他の車種に比べ車両価格が高く、重量税や自動車税などの諸費用も多くかかります。とてもヴェルファイアには手を出せないと諦めてしまう人も少なくありません。 そこで、ヴェルファイアに乗るときにぜひとも利用したいのがカーリースです。カーリースであれば憧れのヴェルファイアであっても気軽に乗ることができるのです。そんなヴェルファイアの魅力と、カーリースで乗るのがおすすめである理由についてみてみましょう。