カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

車検の価格相場はどれくらい?価格を下げる方法はある?

車を持つと、車が国の定める保安基準に適合しているかを検査する車検を定期的に受けなければなりません。では、車検の価格の相場はどれくらいなのでしょうか。車検をなるべく安く受けるにはどうしたらよいのでしょうか?

車検の価格はどのような内訳になっている?

まず、車検価格の相場を理解するために、車検価格の内訳について理解しておきましょう。

車検の内訳は大まかに言うと下記の3つになります。

・法定費用
・車検基本料
・部品交換の費用

それぞれの費用について詳しく見てみましょう。

法定費用

法定費用の内訳は自動車重量税、自賠責保険料、検査手数料(印紙代)です。金額が法律で定められていますので、どの業者に車検を依頼しても、基本的に法定費用は同じになります。

自動車重量税は、自家用乗用車の場合、車両の重さ0.5tごとに4,100円/年が課税されます。軽自動車の場合は、重さに変わりなく3,300円/年です。エコカー減税対象車の場合は税額が減免され、新車登録から13年以上経過した車に関しては増税になります。自動車重量税は年単位で課税されるものですが、車検時に次の車検までの2年分をまとめて支払うことになります。

自賠責保険料は、自家用乗用車で25,830円(2年)、軽自動車で25,070円(2年)ですので、車種による金額の違いはほとんどありません。

検査手数料は、車検の依頼先の工場の種類(指定工場/認証工場)や申請手続きの方法、車種などによって多少変わりますが、1000円~1,800円となっています。

※上記の金額は2019年1月19日現在のものです。

車検基本料

車検基本料の内訳は、整備が必要な箇所を見定める検査料金、法定24か月点検整備の料金、検査場まで車を持っていき、車検に通す代行手数料などが含まれます。車検基本料は業者によって金額設定が異なります。

部品交換の料金

点検の結果、部品交換が必要になればその料金も請求されることになります。また、すぐに交換しなければならない状態になくても、消耗部品はいずれ交換が必要なものですから、車検業者がそれを見積内容に含めているというのは、よくあることです。部品交換の料金も車検業者によって変わります。

 

車検価格の相場を車種ごとにご紹介!

前述の通り、法定費用は車の重さや車種によって変わってくるうえ、車検基本料や部品交換の料金は車検業者によって異なります。まとめると、「車検価格は車種や車検を受ける場所によって変わる」ということになりますね。ここで、車種および業者ごとの車検価格をご紹介したいと思います。

ディーラー

ホンダカーズ東京中央の価格例

軽自動車 1,500cc以下 2,000cc以下 3ナンバー
自動車重量税 6,600円 24,600円 32,800円 41,000円
自賠責保険料 25,070円 25,830円 25,830円 25,830円
検査手数料 1,100円 1,200円 1,200円 1,200円
法定点検料 19,980円 22,140円 23,220円 25,380円
保安確認検査料 9,180円 9,180円 9,180円 9,180円
継続手続き料 9,180円 9,180円 9,180円 9,180円
価格合計 71,110円 92,130円 101,410円 111,770円

http://www.hondacars-tokyochuo.co.jp/home/194_inspection02.html

民間整備工場

民間整備工場の価格の平均

軽自動車 1,500cc以下 2,000cc以下 3,000cc以下
自動車重量税 6,600円 24,600円 32,800円 41,000円
自賠責保険料 25,070円 25,830円 25,830円 25,830円
検査手数料 1,100円 1,200円 1,200円 1,200円
車検整備料 18,900円 25,200円 23,220円 25,380円
検査機器測定料 5,800円 6,480円 6,480円 7,560円
代行手数料 8,640円 8,640円 8,640円 8,640円
価格合計 66,110円 91,950円 98,170円 109,610円

(https://car-teach.com/car-inspection-market)

車検専門フランチャイズ

ホリデー車検の価格例

軽自動車 1t以下 1.5t以下 2t以下 2.5t以下
自動車重量税 6,600円 16,400円 24,600円 32,800円 41,000円
自賠責保険料 25,070円 25,830円 25,830円 25,830円 25,830円
検査手数料 1,100円 1,200円 1,200円 1,200円 1,200円
基本料 5,184円~10,584円(店舗により異なる)
検査料 10,800円
事務手数料 3,780円
価格合計 52,534円~ 63,194円~ 71,394円~ 79,594円~ 87,794円~

https://www.holiday-fc.co.jp/price/mitsumori

カー用品店

イエローハット練馬店の価格例

軽自動車 1t以下 1.5t以下 2t以下 2.5t以下
自動車重量税 6,600円 16,400円 24,600円 32,800円 41,000円
自賠責保険料 25,070円 25,830円 25,830円 25,830円 25,830円
検査手数料 1,100円 1,200円 1,200円 1,200円 1,200円
車検基本料 14,904円
法定点検料 4,860円
事務手数料 1,620円
価格合計 54,154円 64,814円 73,014円 81,214円 89,414円

http://www.yellowhat.jp/store_service/inspection/storeprice/0202.html

※価格は税込表示です。
※自動車重量税はエコカー減税や年数経過による重課税を考慮に入れていない金額です。
※部品交換の料金は価格に含まれていません。
※上記は価格の例ですので、実際の価格とは異なる場合があります。
※2019年1月19日時点の情報です。

 

車検価格を少しでも下げるためのポイントは?

車検価格を少しでも下げるためには、具体的にどんなことができるでしょうか?

複数の車検業者で見積もりをとって比較する

車検価格を少しでも安くするために、複数の車検業者で見積もりをとって比較することをお勧めします。今では、地域や条件を指定した上で複数の車検業者の見積もりを一括で確認できるサイトもありますから、そうしたツールを活用しましょう。

ただし、サイト上で確認できる見積もりは概算であり、正式な結果ではありませんので、業者を最終的に決定するためではなく、あくまでも実車見積もりを依頼する業者を絞るために活用できます。その後、2〜3社で実車見積もりをとったら、見積もりの内容や金額を比較して価格が安いところを選びましょう。

自分で部品交換をしておく

車検の検査項目に関係する部品のうち、可能であれば自分で事前に交換しておくことで、車検価格を安く抑えることができます。例えば、タイヤやワイパーゴムの劣化、ランプの電球切れなどは検査項目の中に含まれますが、事前に交換しておくことで費用を抑えられます。自分で交換すれば、工賃がかからず、部品もリーズナブルな物を自分で探して選べるからです。

不要不急の部品交換をしない

業者に車検を依頼すると、大抵の場合、エンジンオイル、バッテリー、エアコンフィルターなどの消耗部品の交換を勧められます。しかし、それらは車検に合格するために必ず必要なわけではありませんので、整備内容から外してもらうことで車検価格を安くできます。

 

車検価格のことで迷いたくない人は、料金コミコミのカーリースがおすすめ!

今回は、車検価格の相場や車検価格を下げる方法などについて見てきました。

車検価格はそれなりの金額になりますから、車検のタイミングが来るたびにお金のやり繰りで苦労している人は少なくないでしょう。そんな人にお勧めなのがカーリースです。

カーリースは、毎月の料金を支払うことでカーリース会社から一定の期間車を貸し出してもらえるサービスです。契約期間は5年や7年などの長期にわたるのが一般的ですので、マイカーのような感覚で新車を楽しめます。

また、ユーザーが希望する車をカーリース会社がディーラーから調達して貸し出すという流れになりますので、さまざまなメーカーや車種から自由に車を選ぶことが可能です。

カーリースの月々の料金には、車両代だけではなく、毎年の自動車税や車検時に支払う自動車重量税、自賠責保険料、検査手数料、車検基本料などが含まれているケースが多いため、車検価格についてあれこれ心配することはなくなります。

毎月定額のリース料を支払ってさえいれば、車検価格を別に捻出する必要はないのです。ですから、カーリースのユーザーは「今回の車検ではどれくらいのお金がかかるのかな」、「車検価格をどうやったら安く抑えられるだろうか」などと悩むことはありません。車検価格のことで悩みたくない人は、是非カーリースの利用を検討してみてください。

人気カーリースを見る

関連する記事

多面的な魅力と価値を持つ人気車!ヴェゼルに乗るなら購入とカーリースどちらがお得?

SUVに乗りたい人なら必ず候補に挙がると言ってもいいのがホンダのヴェゼルです。今回は、ヴェゼルに魅力に徹底的に迫ってみましょう。またSUVに乗るには予算が多くなりがちです。その中でもお得にヴェゼルに乗るにはどのような購入方法がいいのでしょうか。通常購入とカーリースを比較して、おすすめの買い方を見てみましょう。

人気のカーリース会社のお得なサービスをご紹介!

個人向けのカーリースでは、月々の料金に「車両代」に加えて「登録諸費用」「各種税金」「自賠責保険料」「車検代」などが含まれるのが一般的です。多くのカーリース会社では、他にもメンテナンスサービスを実施したり、付加的な特典を付けたりして、他社との差別化を図っています。 今回は、人気のカーリース3社(カーコンビニ倶楽部株式会社、コスモ石油、オリックス自動車)がどんなサービスを提供しているのかをまとめてみました。

もうすぐ契約が満了するとなったらどうする?カーリース契約満了時の疑問を解決!

カーリースは、契約期間が満了したら、利用している車をどうすればいいのか、どこに連絡をすればいいのか、満了後どのような選択肢があるのかなど、知っておくべきポイントがいくつかあります。 今回はカーリースで気になる契約満了時の疑問について詳しく解説していきます。これを読めば、カーリースの契約満了時の対応に関する疑問がすべて解決していくでしょう。