カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

車検の時にタイヤ交換はした方が良い?迷った時の判断基準とは

車検の時に車検業者からタイヤ交換をすすめられたことがある方は少なくないと思います。そんな時には、車検業者の提案通りにタイヤ交換をした方がよいのでしょうか?

車検の時にタイヤ交換をすすめられるのはどんなケース?

どんな場合に、車検業者からタイヤ交換をすすめられるのでしょうか?

車検業者も闇雲にタイヤ交換を提案するわけではなく、タイヤの状態を見て判断しています。具体的には、タイヤの溝の深さが1.6mm以下になっている(スリップサインが出ている)と保安基準を満たさず、車検に通りませんので、間違いなくタイヤ交換をすすめられます。

また、新品のタイヤの溝は平均的に8mmくらいありますが、一般的には、溝が半分減ったあたりから性能が落ち始め、遅くとも溝が2m~3mになったら交換した方がよいと言われています。そのため、スリップサインが出ていないとしても、溝が2m~3mになっていたり、もしくは半分以下になっていたりした場合には、安全のためタイヤ交換をすすめられることがあります。

さらに、タイヤが劣化していてひび割れが起きていたりする場合には、パンクやバーストなどのトラブルにつながるおそれがありますので、溝の深さに関係なくタイヤ交換を提案されることがあるでしょう。

 

車検業者にタイヤ交換をすすめられたら、まずは費用を確認!

車検業者はきちんとタイヤの状態を確認した上でタイヤ交換をすすめるとはいえ、スリップサインが出ていたり、内部のコードに達するようなひび割れが生じていたりするのでなければ、タイヤ交換をしなくても車検には通りますから、必ずしも車検業者の提案通りにする必要はありません。

しかも、車検業者やディーラーによるタイヤ交換は料金が割高になることが多いため、まずは費用を確認した上で検討することをおすすめします。なぜ、車検時に車検業者やディーラーにタイヤ交換を依頼すると、料金が高めになってしまうのでしょうか?

車検業者やディーラーは、タイヤ交換を自社で行わずに、提携先のタイヤ交換業者に外注していることがあります。そのため、タイヤ代やタイヤ交換の工賃以外に、車検業者やディーラーのマージンが上乗せされてしまい、結果として料金が割高になることがあるのです。

そのため、事前にカー用品店などでタイヤ交換の料金の見積もりをとっておくのは得策と言えます。そうすることで、車検業者の見積もりのタイヤ交換の部分の料金とカー用品店の見積もりを比較して、料金がさほど変わらなければ車検業者に依頼し、料金に差があるようなら、車検とは別の時にカー用品店に依頼するという判断ができるからです。

 

タイヤ交換を安く済ませる方法はある?

前述の通り、車検業者よりもカー用品店などにタイヤ交換を依頼した方が費用を安く抑えられるケースは多いです。では、カー用品店にタイヤ交換を頼むとして、その中でも費用をなるべく安くするにはどうしたらいいのでしょうか?

「ネットショップでタイヤを購入し、タイヤを店舗に持ち込んで交換してもらう」という方法があります。なぜなら、タイヤはカー用品の店舗よりもネットショップの方がかなり安いからです。

「価格コム」などの料金比較サイトを利用すれば、最安の価格でタイヤを入手できますので、そうしたツールを活用しましょう。もちろん、店舗でタイヤを購入した場合と比べて、持ち込みの方が工賃の設定が割高になっているケースが多いですが、それでもトータルで2万~3万円安く済むことがあります。「ガレナビ」というサイトでは、タイヤ持ち込みでタイヤ交換をしてくれる日本全国のショップが検索できます。

ちなみに、タイヤ交換を一番安く済ませる方法は、「ネットショップでタイヤを購入し、自分でタイヤ交換をする」というものです。そうすれば、工賃が一切かかりませんから、費用を最大限に抑えられます。

もちろん、タイヤは車の安全性に直接影響しますから自信がなければ業者に依頼した方がよいですが、タイヤ交換の作業は特別難しいものではありませんので、自分で交換することも十分可能です。

 

カーリースなら車検費用やタイヤ交換がリース料金に含まれるプランも!

今回の記事では「車検時にタイヤ交換をするべきか」というテーマを考えてきました。結論としては、「費用面のことを考えると、車検以外の時にカー用品店などで交換するのが基本的にはおすすめ」ということになります。

さて、車検やタイヤなどの部品交換の費用といった車の諸々の維持費についていちいち悩みたくないという方も多いでしょう。そんな方には、今話題のカーリースがおすすめです。

カーリースとは、レンタカーのように不特定多数の人に貸し出すわけではなく、契約期間を決めてユーザーの専用車として貸し出すサービスです。契約期間は5年や7年などの長期にわたるのが一般的ですので、まるでマイカーのような感覚で車を楽しめます。

レンタカーのように「わ」ナンバーとはなりませんので、見た目でカーリースの車だと他人に知られることもありません。また、車は在庫の中から選ぶわけではなく、ユーザーが希望する車をカーリース会社がディーラーから調達してリースするという流れになるため、いろいろなメーカーや車種から自由に車を選ぶことが可能です。

毎月定額のリース料には、車両代だけではなく、登録諸費用や自動車取得税、自動車税、自動車重量税、自賠責保険料などが含まれているケースが多いです。また、契約プランによっては、車検基本料やタイヤ交換などの消耗部品の交換費用もコミコミになっています。そのため、カーリースなら車の諸々の維持費についてあれこれ心配する必要がないのです。

例えば、カーコンカーリースもろコミ(カーコンビニ俱楽部株式会社)の場合、毎月のリース料に、車両本体価格、新車登録時手数料、自動車取得税、自動車税(期間分)、自動車重量税(期間分)、自賠責保険料(期間分)、車検基本料などが含まれている上、月々税込2,700円からの料金でタイヤ交換を含む以下のメンテナンスパックを付けることができます。

メンテナンスパックの内容

もろコミ7 もろコミ9
タイヤ交換4本セット 1回 1回
バッテリー交換 1回 2回
エンジンオイル交換 6回 8回
オイルエレメント交換 6回 8回
オートマチックオイル交換 1回 2回
ブレーキオイル交換 2回 3回
ブレーキパッド交換 1回 1回
Vベルト交換 1回 1回
LLC交換 2回 3回
点火プラグ交換 1回 1回
ワイパーゴム交換 2回 3回

※もろコミ7(7年リース)ともろコミ9(9年リース)ではメンテナンス回数が異なります。
※メンテナンスパックは軽自動車のみ適用となります(ただし、特選車を除く)。

カーコンカーリースもろコミをはじめとする、車検やタイヤ交換などの車の維持費が料金にコミコミになっているカーリースサービスなら、とても手軽に車を楽しんでいくことができます。あなたも、利用を検討してみてはいかがでしょうか?
人気カーリースを見る

関連する記事

人気のカーリース会社のお得なサービスをご紹介!

個人向けのカーリースでは、月々の料金に「車両代」に加えて「登録諸費用」「各種税金」「自賠責保険料」「車検代」などが含まれるのが一般的です。多くのカーリース会社では、他にもメンテナンスサービスを実施したり、付加的な特典を付けたりして、他社との差別化を図っています。 今回は、人気のカーリース3社(カーコンビニ倶楽部株式会社、コスモ石油、オリックス自動車)がどんなサービスを提供しているのかをまとめてみました。

自家用車をリースで購入する場合のメリット・デメリット徹底調査

以前までのカーリースは、財務上でのメリットがあることから営業車や商用車として多くの企業に利用されてきました。しかし、最近では、「同じ予算内でワンランク上の車に乗れる」などの広告の影響もあり、個人向けカーリースの人気も高まっています。なぜ、人気が高まっているのか、カーリースのメリット・デメリットについて徹底解説していきます。

カーリースでベンツにも乗れちゃう!輸入車のリース方法をご紹介

ベンツ(正式名称:メルセデス・ベンツ)は、ドイツの自動車会社ダイムラーが所有する車のブランドです。日本においては、ベンツは特に高級車として有名ですので、ベンツに憧れている人は少なくありません。今回は、そんなベンツをはじめとする輸入車をリースする方法をご紹介したいと思います。

リース車の事故で全損!修理代や解約金はどうなるの??

気を付けていてもリース契約をしている車両で一部破損事故や全損事故を起こしてしまった場合、どのようなことが発生するのでしょうか。「修理費用は自己負担なのか?」「解約金が発生するのか?」という疑問の答えから、自己負担が大幅に軽減されるカーリース車専用の保険も合わせてご紹介します。