カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

車検はどこで受けるのが一番良い?信頼度や費用面などを徹底比較!

昔は車検をディーラーや民間整備工場で受けるのが当たり前でしたが、今では規制緩和によって、いろいろな所で車検を受けられるようになっています。では、車検はどこで受けるのが一番良いのでしょうか?

車検はどこで受けられる?それぞれの特徴は?

車検を受けられる場所には、大きく分けて、ディーラー、民間整備工場、車検専門フランチャイズ店、カーショップ、ガソリンスタンドがあります。以下で、それぞれの特徴をご紹介していきます。

ディーラー

自動車メーカーの正規ディーラーには整備工場が備えられていることが多く、そこで車検を受けられます。自社メーカーの車については、他業者よりもはるかに豊富なノウハウと情報を持っており、技術レベルもかなり高いです。サービスの質を全店舗で統一する努力をしていますので、全国どこでも良質な整備を受けられます。

ディーラーは、料金の安さよりも質を重視しています。安全のため、早めの部品交換を勧めてきますし、使用する部品も純正のものやメーカー指定のものですので、料金は割高になります。そのため、ディーラー車検は料金よりも安全性や安心感を重視する人にお勧めです。料金の相場は、法定費用+4万~10万円くらい、所要時間の目安は1~3日くらいとなっています。

民間の整備工場

民間の整備工場には、家族だけでやっているような小規模の所から、整備士を何人も雇っている規模の所まであります。ディーラーよりも車検料金が安いですが、ベテランの整備士がいて、しっかりとした点検整備を実施してくれる所がたくさんあります。

特に、社長やそこで働く整備士と知り合いだったりする場合には、料金をサービスしてくれたり、何かと融通を利かせてくれたりすることもあるでしょう。しかし、最新の機器には弱かったり、工場によってはサービスの質が悪かったりする場合もあります。

民間の整備工場での車検は、工場と付き合いのある人、信頼できる工場を知っている人にお勧めと言えます。料金相場は、法定費用+2.5万~8万円くらい、所要時間の目安は1~3日くらいです。

車検専門フランチャイズ店

車検を専門に扱うフランチャイズ店で、「車検のコバック」、「ホリデー車検」などが有名です。車検専門フランチャイズ店には直営店もありますが、民間の整備工場をフランチャイズ化して店舗数を伸ばし、近年注目を集めています。チェーン店のメリットを活かし、作業の効率化、部品の共同購入、広告の共有化などによってコスト削減をし、車検そのものの料金はかなりリーズナブルです。

30分や1時間などの短時間で作業を終わらせる「スピード車検」のメニューを用意していることも、その特徴です。また、整備項目がメニュー化されていて、料金システムも分かりやすいので、全国どこでも安心して利用できます。

ただし、車検以外の付加的な点検や整備には弱く、対応できなかったり、料金が高めだったりする場合があります。料金の相場は法定費用+2.5万~8万円くらい、所要時間の目安は30分~1日くらいです。

大手カーショップ

「オートバックス」や「イエローハット」などの大手カーショップでも、車検を受けられます。汎用部品を豊富に揃えていますので、幅広い車種に対応できます。また、改造車であっても車検に通るように、その場でパーツを交換することが可能です。カーショップはコンビニ感覚で来店しやすいというメリットもあります。

ただし、店舗によっては、車検関連の技術や経験が不足している場合もあり、全国どこでも安心して依頼できるわけではないのがデメリットです。料金の相場は法定費用+2万~6万円くらい、所要時間の目安は1時間~1日くらいとなっています。

ガソリンスタンド

ガソリンスタンドは、普段給油で利用する身近な存在であり、24時間受付をしている店舗も多いので、とても手軽に利用できます。また、洗車やガソリン割引などのサービスが付く場合もあります。

しかしながら、ガソリンスタンドは下請け工場に車を回すことが多く、その場合にはやや時間がかかり、どこで整備されるのかがよくわからないという不安があるのがデメリットと言えるでしょう。料金の相場は法定費用+2万~6万円くらい、所要時間の目安は3時間~3日くらいです。

 

どこで依頼する車検よりも安く済む!「ユーザー車検」とは?

前の項目で、車検を受けられる場所と業者ごとの特徴について見てきましたが、どの業者にも依頼せずに、自分で車検場に車を持ち込んで車検を受ける「ユーザー車検」という方法も存在します。業者に支払う料金がかからず、法定費用だけで済みますので、車検費用を最大限に安く抑えることが可能です。

普通車の車検は、運輸支局で受けられます。自分が住んでいる都道府県だけではなく、全国どこでも受けることができます。事前の予約が必要ですので、必ず国土交通省の「自動車検査インターネット予約システム」を通してオンラインで予約を入れてください。

ユーザー車検の必要書類は下記の通りです。新しい自賠責保険証明書については、運輸支局の中や周辺に保険の代理店がありますので、そこで継続加入の手続きをして入手できます。

・車検証
・自賠責保険証明書(新旧2枚)
・自動車税納税証明書(所定の条件を満たせば省略可)
・自動車検査票(運輸支局の窓口で入手可)
・自動車重量税納付書(運輸支局の窓口で入手可)
・継続検査申請書(運輸支局の窓口で入手可)
・定期点検整備記録簿(車検後に法定点検を実施する場合は不要)

ユーザー車検では、自分で検査ラインに入場して受検することになります。検査項目で不具合があると車検に通りませんので、最低限の点検と整備を実施しておく必要があります。

ユーザー車検のメリットは、とにかく安く済むことです。デメリットは、すべての手続きを自分でしなければならないので労力がかかることと、車にある程度詳しくないと難しいということです。

また、車検を業者に依頼すると、車検と同時に法定24ヶ月点検や不具合を予防するための整備を実施してくれますので、車をより安全な状態にできますが、ユーザー車検の場合はあくまでも車を車検に通すだけですので、安全面で不安が残ります。

ユーザー車検をするにしても、車の安全性を考えると、車検の前か後に整備業者に法定点検と整備を依頼した方がよいでしょう。新車登録から年数が経過している車であればなおさらです。

 

カーリースの場合、車検はどこで受けても良いの?

さて、カーリースの場合、月々定額の料金に車検費用などの車の諸々の維持費が含まれているケースが多いですが、中には車検を受ける工場が指定されている場合もあります。その場合には、無断で他の業者や工場に車検を依頼すると、車検費用が自己負担となってしまう可能性がありますから注意しましょう。

しかし、これは言い方を変えれば、カーリースを利用すれば車検業者選びでいちいち悩む必要がないことを意味し、車検費用がリース料に含まれているため、お金の面での心配もないことになります。事実、これがカーリースの最大の魅力です。

つまり、ローン購入の場合とは違って、毎月の支払いとは別に税金や車検などのタイミングでその都度出費が発生しませんので、楽にお金のやり繰りができます。また、税金の支払いや車検の手続きをカーリース会社にお任せできますので、余計な手間もかかりません。

今や、車を手に入れる方法というのは、購入だけではありません。カーリースも一つの賢い選択肢なのです。あなたも、カーリースの利用を検討してみてはどうでしょうか?
人気カーリースを見る

関連する記事

カーリースした車がリコール対象車になったらどうする?知っておきたい車のリコールについて

カーリースした車が、万が一リコールやサービスキャンペーンの対象になったら、どうすれば良いのでしょうか?今回は、リコールとはそもそも何か、どうすれば自分の車がリコール対象になっているかを知ることができるのかなどを含め、その対処方法について詳しく説明します。

カーリースは頭金ありのローンと何が違う?契約前のチェックポイントを徹底解説!

個人向けのカーリースが増えつつあり、ライフスタイルに合わせたカーリースでの車の所有といった、新しい車の乗り方が提案されています。カーリースを利用する上で、メリットとなるのがコスト面ですが、カーリースと頭金ありのローンはどう違うのでしょうか。今回はカーリースと頭金ありのローンの違いや、契約前のチェックポイントを解説します。

車検を受けるなら事前の準備は確実に!自動車税の納税証明書は必要?

初めて車検を受ける場合、このような悩みをお持ちの方もいらっしゃるでしょう。また、久しぶりの車検で、用意するものを忘れてしまった方もいるかもしれません。そこでこの記事では、車検を受ける際に必要なものについて解説します。中でも、納税証明書は平成27年度から扱いが変わっていますので、特に詳しく説明していきます。3分程度で読めますので、ぜひ参考にしてくださいね。