カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

車検はどのくらいの間隔で行う必要がある?有効期限を確認しておこう

車検はどれくらいの間隔で受けなければならないのでしょうか?今回は、車検の有効期限についてのルールを徹底解説していきます。

車検の間隔があいてしまうと「車検切れ」に!どのようなペナルティがある?

 

車検は「一度合格すれば終わり」というものではなく、有効期限があります。そのため、車検は一定の間隔で定期的に受けなければなりません。もし、定められた間隔を過ぎると車検切れとなり、その状態で公道を走ることは法律で禁止されています。違反した場合の罰則も、下記の通り、しっかり定められています。

・行政処分:違反点数6点(前歴がなくても30日間の免停処分になる)
・刑事処分:6カ月以下の懲役又は30万円以下の罰金

さらに悪いことに、車検が切れた時には、車検時に継続加入の手続きをする自賠責保険の有効期限も切れていることが多く、その場合には下記の無保険運行の罰則も適用される可能性があります。

・行政処分: 違反点数6点
・刑事処分:1年以下の懲役又は50万円以下の罰金

ちなみに、行政処分に関しては、車検切れの違反点数と合算されずに高い点数の方が適用されるというルール(道路交通法施行令 別表第2備考1-1)がありますので、違反点数は6点のままです。ただし、刑事処分の罰則は合算され、最大で1年6カ月以下の懲役または80万円以下の罰金に処されます。

以上の罰則は非常に厳しいものですが、あくまでも車検が切れていることを把握しながら車を運転した場合に適用されます。車検が切れたことをうっかり忘れていたという場合には、警察も厳重注意で済ませてくれることが多いようです。

ただし、車検が切れた時点から長い間隔があいていた場合などは、本当に忘れていたとしても悪意があるとみなされてしまう可能性があります。

車検切れに気づいた場合、速やかに車検を受けて車検切れを解消する必要がありますが、車検切れの車は公道を走れないわけですから、車検業者のところまで持ち込むことができません。

その場合、車検業者にレッカー移動してもらうか、役所で仮ナンバーを交付してもらうかしなければなりません。そうなると、余計な費用や手間がかかってしまいます。車検の間隔をあけ過ぎて車検切れの状態になってしまわないように気をつけましょう。

 

車検を受ける間隔は車種によって違う!

車検を受ける間隔は車種や車の用途によって異なります。車種や用途ごとの車検の具体的なサイクルは下記の通りです。

自家用乗用自動車

初回が新車登録から3年後、2回目以降は2年ごとの間隔となります。ただし、キャンピングカーなどの8ナンバーの特殊車両の場合は、初回が2年後で2回目以降も2年ごとのサイクルになります。

軽乗用自動車

初回が3年後、2回目以降は2年ごとの間隔となります。

レンタカー(乗用自動車の場合)

初回が2年後、2回目以降は1年ごとです。

バス、タクシー

初回が1年後、2回目以降も1年ごとのサイクルとなります。

貨物自動車(8t以上)

初回が1年後、2回目以降も1年ごとの間隔です。

貨物自動車(8t未満)

初回が2年後、2回目以降は1年ごとです。

軽貨物自動車

初回が2年後、2回目以降も2年ごとの間隔となります。

大型特殊自動車

初回が2年後、2回目以降も2年ごとの間隔です。

 

では、自分が乗っている車の次の車検がいつかをどのように確認したらよいのでしょうか?

車検の有効期限は、フロントガラスの上部のルームミラー付近に貼られている車検ステッカー(検査標章)に記載されています。ただし、有効期限の年と月までしか記載されていませんので、正確な日付まで確認したい場合には車検証を見る必要があります。車検証には「有効期限の満了する日」という項目があり、正確な有効期限の日付を確認できるようになっています。

ちなみに、車検は有効期限が切れる前であれば、いつでも受けられます。つまり、何カ月も前に前倒しで受けることもできるということです。ただし、その場合は前倒しした分だけ次の有効期限も早まってしまいますので、実質的に損をすることになります。

一方、1カ月以内の前倒しであれば、どの日に車検を受けようと次の有効期限が元の有効期限の日付から起算されるというルールがありますので、有効期限まで1カ月を切ってから車検を受けるのがベストです。

 

車検と法定点検の間隔の違いは?

ほとんどの人は自家用乗用車や軽乗用車を所有していますから、車検の間隔は、初回は3年後、それ以降は2年ごとになるでしょう。でも、時々「車検の間隔は1年じゃないの?」と言う人がいます。その人は、おそらく車検の間隔と法定点検の間隔を混同している場合が考えられます。

車検を業者に依頼すると車検の1年後に12カ月点検の案内が届くことがあります。その案内が「法律上点検を受ける義務があります」といった固い文面になっているため、車検と間違える人がいるようです。

法定点検ですので受けなければならないのは間違いないのですが、車検とは別物であり、点検を受けなくても罰則はありませんし、公道を走れなくなることもありません。実際、12カ月点検を実施しないまま走行している人はたくさんいると考えられます。

ちなみに、12カ月点検を実施しておくと、点検項目に関係する箇所の不具合が起きた場合にメーカー保証を受けられます(ユーザーに重大な過失がある場合は除く)。また、整備不良を原因とする事故が起こった時に、ユーザーの法的責任が軽くなる可能性があり、点検結果を「点検整備記録簿」に記録しておくことにより、売却する際の査定額にプラスの影響を期待できます。

法定点検には24カ月点検というものもあります。24カ月点検は、車検業者が車検時に実施するのが通常で、料金にはそのための費用も上乗せされています。結果として、多くの車がきちんと24カ月点検を受けていることになります。

ただし、自分で車検に通すユーザー車検をする人は、車検とは別の時に(車検の前と後どちらでもよい)、業者に依頼して24カ月点検を実施してもらわなければなりません(自力で実施するのは現実的ではない)。法定点検を実施しなくても車検には合格できますので、ユーザー車検をする人の中には24カ月点検をしないままの人もいるようですが、安全性の観点から問題があります。また、それが故障につながって結局出費が大きくなるということも考えられます。

 

カーリースは車検もメンテナンスも万全!

今回は、車検を受ける間隔について見てきました。

車検の時期というのは忘れた頃にやってきますので、お金の準備をしてなくて焦る人や、最悪の場合車検切れになってしまった人もいることでしょう。この点、カーリースなら毎月のリース料に車検の費用が含まれていますし、車検の期日についての案内もカーリース会社から届きますので、車検の時に焦るということは一切ありません。

契約によっては、定期点検や消耗部品の交換といったメンテナンスサービスも付きますので、車にあまり詳しくない人も車を常に安全な状態に保つことができ、安心して運転ができます。あなたも、「車検もメンテナンスも万全!」のカーリースで安心、安全のカーライフを送ってみてはいかがでしょうか?

人気カーリースを見る

関連する記事

見積もりや申し込みも簡単!車リースの利用方法

長期間に渡って車を貸してもらえる車リース(カーリース)のサービスは、そのお手頃な料金や利便性から人気を集めています。オンライン上で簡単に見積もりを確認できたり申し込みができたりする業者も多いです。今回はそんな車リースの見積もりなど、契約時の流れについておさらいしてみたいと思います。

カーリースで実現する理想的なカーライフ!カーリース会社選びの重要なポイント

月々の定額料金で利用できるサブスクリプションサービスへの対応がさまざまな分野で推し進められサブスクサービスの人気が高まりつつあるなかで、希望する車両の新車を定額料金で使用できるカーリースが注目を集めています。 しかし車のサブスクサービスと言えるカーリースで理想的カーライフを実現するのには、「どのカーリース会社とカーリース契約を結ぶか?」が非常に重要ですので上手なカーリース会社選びの参考になるカーリースのシステムやおすすめのカーリース会社などを紹介します。

納税証明書がない車両は車検が受けられない?車検に必要な納税証明書とは

国内の公道を走行する全ての自動車は国土交通省へ登録を行うと共に車検に合格することで、車両が国が定める保安基準を満たしていることを証明することが道路運送車両法で義務付けられています。 車検を通過できない車両は公道を走行できないので必ず車検に合格する必要がありますが、車検の受検条件には自動車諸税の納付が含まれ税金未納の車両は車検を受けられませんので、車検の必要書類である納税証明書や納税証明書がない場合の対処法などを紹介します。

カーリースはパートでも契約できる?カーリースの審査やおすすめの会社をご紹介

パートをしている人でも自動車に乗りたいと考える人は多いでしょう。しかし、自動車を一括で購入したり、毎月のローンを払い続けたりするのはパートには難しいものがあります。そんな時に利用したいのがカーリースのサービスです。カーリースでは、パートでも契約することは可能なのでしょうか。パートがカーリースを利用することができるのか、また審査が必要な場合はどのような条件があるのかなどについて解説します。