カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

車検を格安で受けるには?知っておきたいポイントや注意点をご紹介!

車検の度にお金のやり繰りに苦労していて、どうにか車検を格安で受けられないかと考えている方も多いことでしょう。そこで今回は、車検を格安で受ける方法について解説します!

車検の費用、いったいどのくらいかかる?

そもそも、車検の費用というのは、相場としてどれくらいかかるのでしょうか?車検の費用は、法定費用と車検基本料の合計で決まります。

法定費用

法定費用には自動車重量税、自賠責保険料、印紙代が含まれ、どこで車検を受けても金額は基本的に同じです(※印紙代は工場によって多少異なる)。法定費用の具体的な金額は下記の通りとなっています。

自動車重量税(2年分)

軽自動車:6,600円

エコカーは5,000円、登録13年経過車は7,600円

1.0t以下の車:16,400円

エコカーは10,000円、登録13年経過車は22,800円

1.5t以下の車:24,600円

エコカーは15,000円、登録13年経過車は34,200円

2.0t以下の車:32,800円

エコカーは20,000円、登録13年経過車は45,600円

2.5t以下の車:41,000円

エコカーは25,000円、登録13年経過車は57,000円

3.0t以下の車:49,200円

エコカーは30,000円、登録13年経過車は68,400円

※自動車重量税は車種により免税となる場合もあります。

自賠責保険料(2年分)

・自家用乗用車:25,830円
・軽自動車:25,070円

印紙代

指定工場

OSS申請:1000円、窓口申請:1200円

認証工場

・小型自動車:1,700円(印紙400円+証紙1,300円)
・小型自動車以外の自動車:1,800円(印紙400円+証紙1,400円)
・軽自動車:1,400円

※OSSとは、自動車の各種手続きをオンラインで申請することができる、「自動車保有関係手続のワンストップサービス」の略称です。

法定費用の自動車重量税、自賠責保険料、印紙代を合計すると、大体3万円~7万円ほど金額になります。

※上記の情報は2018年11月26日現在のものです。法定費用は変更になる場合があります。

車検基本料

車検基本料の内訳は、整備が必要な箇所を調べる「検査代」、法律で実施が義務付けられている「24か月点検整備の料金」、検査場まで車を持っていき車検に通す「代行手数料」などです。

車検基本料は、車検サービス会社によって金額の設定が異なります。そのため、車検を格安で受けられるかどうかは、車検基本料によって決まるということになります。

車検基本料の相場は下記の通りです。各車検サービス会社の相場に振れ幅があるのは、車両のコンディションによって部品交換や修理が必要になったりすると、その分料金が上乗せになるからです。

・ディーラー車検: 4万~10万円くらい
・民間整備工場での車検: 2.5万~8万円くらい
・専門フランチャイズでの車検: 2.5万~8万円くらい
・カー用品店での車検; 2万~6万円くらい
・ガソリンスタンドでの車検: 2万~6万円くらい

以上でご説明した、法定費用と車検基本料の合計が車検費用ということになります。

 

車検を格安で受けるために必要なものとは?

では、車検費用を格安にするためにどんなことができるでしょうか?

車検費用を格安にする方法とは、ズバリ、複数の車検サービス会社から見積もりをとって最も格安なところに依頼するということです。

ただし、車検サービス会社がたくさんある中で、1件1件見積もりをとっていたら、とんでもなく時間がかかってしまいます。そこで、活用するべきなのがインターネットです。

今では、「EPARK車検」や「カーセンサー」といったサイトで、自宅からの距離が近い車検サービス会社から一気に見積もりをとることができるようになっています。是非、そうした便利なサイトを活用しましょう。

もちろん、インターネットでとれる見積もりは、概算であり正式な結果ではありません。ですから、インターネットで見積もりをとって、格安で引き受けてくれそうなところを見つけたら、そこで実車見積もりをとってもらいましょう。その際、1件だけに絞るのではなく、複数のところで実車見積もりをとってもらうことが大切です。

実車見積もりをして正式な見積もり書を提示してもらったら、値引き交渉をしてみましょう。車検の料金は交渉が可能ですので、交渉して得することはあっても損することはありません。他社での見積もり結果などを引き合いに出して、「この金額より安くしてくれたらここにお願いしたいと思います」などと言って交渉できるでしょう。

このようなプロセスを踏むと、車検の費用を格安で済ませることができます。ちなみに、前の項目で記載した相場からも分かる通り、ディーラーは料金が高めですので、車検をとにかく格安で済ませたい場合には、最初から見積もり先から除外できるでしょう。

 

車検を格安で受けることのリスクとは?

車検を格安で受けることにはリスクも伴います。車検に限らずほとんどのサービスに共通して言えることですが、料金とサービスの質は比例するものだからです。

例えば、ディーラー車検は費用が高くつきますが、整備の質も良いと言われています。自社製品ですので車のことを熟知していますし、交換部品も純正のものを使用しますから、安心感は抜群です。車検に通すための点検整備だけではなく、車に安全に長く乗るための予防整備も実施してもらえます。

一方、格安車検の場合は、車検に通すための整備と、法律で実施が義務付けられている24か月点検は行うものの、それ以上のことはしてくれません。また、24か月点検は車検に通すこと自体には必ずしも必要なわけではないので、オプションとして別料金にしている場合もありますので、よく確認しましょう。

さらに、格安車検の場合は、整備の質がディーラー車検に比べていたり、店舗によってサービスのレベルにバラツキがあったりしますので注意が必要です。

車検を格安で受けることにはこうしたリスクもありますので、それを理解した上でコストを抑えながらも、ある程度安心して任せられる車検サービス会社を探すことが大切です。

 

カーリースを利用した場合、格安で車検が受けられる?それとも割高になる?

新しい車との付き合い方として最近話題のカーリースでは、毎月定額のリース料を支払ってさえいれば、車検のたびに別に費用が発生することがないので、とても便利です。

ただし、これは、カーリースを利用すれば車検費用がかからないとか、格安で済ませられる、ということではありません。契約期間中に発生する車検費用の合計を契約月数で割った金額が毎月のリース料に上乗せされているからです。ですから、カーリースには車検費用が格安になるというメリットは特にありません。

それでも、車検費用がリース料に含まれているため、急な出費に焦らなくて済むというメリットはあります。さらに、車検の期限が近づくとカーリース会社が連絡をしてくれたり、車検の手続き自体をカーリース会社がしてくれたりと、何かと手厚いサポートもしてもらえます。

「車検のたびにお金のやり繰りで苦労するのはもうイヤ」、「格安で引き受けてくれる会社をわざわざ探すのが面倒」、「もっと楽に車を維持していきたい」という方には、カーリースはとてもおすすめのサービスです。

人気カーリースを見る

関連する記事

車検はいつからいつまで受けられるの?見積もりから当日の流れまで詳しく解説

車を持っていると必ずやってくるものが「車検」です。何年かごとに受けるのは知っていても、いつまでなのかはあやふやかもしれません。しかし、車検をいつまでに受けるのか、手続きをしっかり知っておくことは大切です。いつのまにか有効期限が迫っていて満了日を過ぎてしまうと面倒なことになってしまいます。 車検をいつまでに受ければいいのでしょうか。この機会に、車検の手続きはどのような流れで行われるのか、しっかり把握しておきましょう。

ローンが通らなくてもカーリースができる!自社ローンの仕組みとメリット・デメリット

カーリースは、基本的に信販会社と契約を結ぶことで利用することができます。つまり、審査に通らなければ利用はできないということになります。 審査に通らなそうだからと言って、金利の高いローン契約をしてしまうのも考え物です。そんな方におすすめなのが「自社ローン」となります。 ここでは、自社ローンの仕組みと自社ローンでカーリースする際のメリット・デメリットについて詳しく答えます。

カーリースの上手なクルマ選びとは?おすすめのカーリース業者と併せてご紹介

クルマ選びをする際に、カーリースを選択肢に入れる人が増えてきています。ちなみに、カーリースというと法人用が多いような気もしますが、近年では個人用のマイカーリースも手頃な価格で利用できるようになっています。月10,000円以下など負担も小さいので、非常に人気です。

普通乗用車も軽自動車も福祉車両も!カーリースをかしこく利用して手軽に乗り始めよう

カーリースではどんな車種が利用できるのか、あまり考えたことがない方もおられるかもしれません。カーリースでは、軽自動車から乗用車、福祉車両まで豊富なラインナップがあり、中には業務用トラックなど、作業車のカーリースもあります。今回は、乗用車などをカーリースする際に知っておきたいポイントをお教えします。