カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

車検切れの車を運転するリスクとは?うっかり忘れるのを防ぐための方法などをご紹介!

車検が切れていることを知らずに車を運転してしまったらどうなるのでしょうか。今回は、車検の時期をうっかり忘れてしまわないようにするために、どんなことができるかを考えてみます。

車検が切れていることを知らずに運転してしまったら罰則や罰金はある?

車検が切れた状態で公道を運転することは禁止されており、違反した場合には下記の罰則があります。

行政処分:違反点数6点(道路交通法違反)
刑事処分:6カ月以下の懲役又は30万円以下の罰金(道路運送車両法違反)

違反点数6点というのは、前歴がない人でも1回の違反で30日間の免停処分を受けることになる厳しいペナルティーです。また、起訴された場合には、上記の通り刑事処分も受けることになります。

車検が切れているということは、車検時に保険料を納める自賠責保険も切れていることが多いでしょう。その場合には、無保険運行の罪にも問われてしまいます。その罰則は下記の通りです。

行政処分: 違反点数6点(道路交通法違反)
刑事処分:1年以下の懲役又は50万円以下の罰金(自動車損害賠償保障法違反)

無保険で運転した場合の違反点数も6点と重いです。ただし、無車検運行の違反点数と合算されることはありません。なぜなら、道路交通法施行令の別表二の備考に「同時に二つ以上の種別の違反行為に当たるときは、これらの違反行為の点数のうち最も高い点数(同じ点数のときは、その点数)によるものとする」(事故を起こした場合以外)と規定されているからです。よって、違反点数は6点のままとなります。

しかしながら、刑事処分に関しては無車検運行と無保険運行の罰則が合算されて、「1年6カ月以下の懲役又は80万円以下の罰金」に処されることになってしまいます。

もちろん、この法定刑はあくまでも最大でのことで、実際の略式裁判では、初犯の場合や悪質性が低い場合には、罰金20~30万円になる場合が多いようです。いずれにしても、一発で免停になる上にこの罰金ですから、厳しい処分であることに変わりはないでしょう。

では、車検が切れていることを知らずに車を運転してしまった場合も、上記の罰則が適用されてしまうのでしょうか?結論から言いますと、そのようなことはありません。

上記のルールは悪意や常習性が認められた場合に当てはまることで、「車検が切れていることをうっかり忘れていた」などの過失による違反の場合には、罰則は適用されずに厳重注意だけで済むことがほとんどです。

もし、車検が切れていることを知らずに運転してしまい、警察に車検切れを指摘されたら、うっかり忘れていたことを伝え、誠実に謝り、車検をきちんと受けることを約束しましょう。そうすれば、大抵の場合は許してもらえます。

ただし、車検が切れてから半年や1年などの長期間が過ぎていた場合には、本当にうっかり忘れていたとしても、悪意があるとみなされて罰則を受ける可能性が高いです。

 

車検切れに気づくのはどのような時?運転前に必ず確かめよう

車検切れが発覚するのはどのような時でしょうか?

取り締まりで捕まった時

警察はスピード違反、飲酒検問、信号無視、一時停止違反、シートベルト検問などの取り締まりをしていますね。その際に違反で捕まり切符を切られることになれば、車検証や車検ステッカーをチェックされて、車検切れが発覚します。

交通事故に遭った時

交通事故に遭った時も車検証の提示を求められます。自分の過失で事故を起こした場合だけではなく、もらい事故の場合にも車検証をチェックされ、結果として車検切れが発覚することになります。

通報された時

近所の人や職場の人などに車検切れが知られて警察に通報されてしまうこともあります。

以上のような場面で、車検切れが発覚するというのはよくあることです。でも、それでは遅すぎるため、日頃から車検証や車検ステッカーを自分でチェックして、車検の有効期限を忘れることがないようにしましょう。

実際、車検が切れた状態で車を運転するのは非常に危険です。車検切れの車の場合、点検整備をきちんと受けていないので、不具合が起き、それが事故につながってしまうリスクがあります。

さらに、車検切れの車を運転して事故を起こした場合、自賠責保険を利用することはできません。任意保険については保険会社によって対応が異なりますが、利用できなかったり、利用できるとしても本来自賠責保険でカバーされる部分は補償してもらえなかったりします。

車検切れの車を運転することには、保険が使えずに多額の賠償金が自己負担になるリスク伴います。ですから、車検が切れた状態で車を運転することが決してないように注意しましょう。

 

車検が切れている状態でどうしても運転しなくてはいけない時はどうする?

前述の通り、車検が切れている場合、その車は公道を走ることができません。それでも、どうしても移動させないといけない時があります。例えば、その車を車検に出すためには車検場まで運転しなければなりません。そのような時にはどうしたらいいのでしょうか?

1つには、車検業者にレッカー車で引き取りに来てもらうという方法があります。ただし、車検業者によってはレッカー移動を行なっていなかったり、レッカーの費用が高額に設定されていたりすることがあります。車検業者に連絡をして、車検切れの車でも引き受けてくれるか、追加料金はどれくらいかかるのかといったことを確認するようにしましょう。

別の方法は、仮ナンバーを取得するということです。仮ナンバーは、車検切れの車を車検業者のところまで移動させたいときなど、臨時で運行の許可を出してもらうためのもので、期間限定で利用できます。

仮ナンバーは市役所や区役所で申請可能です。申請には、印鑑、運転免許証、自賠責保険証、車検証、手数料(750円くらい。市町村により異なる)などが必要になります。また、仮ナンバーの取得目的や車を運転する期間、運転するルートなどを申告する必要もありますから、事前に確認しておきましょう。

 

車検切れのリスクを回避!カーリースなら安心のサポートあり

今話題のカーリースなら、車検の時期が近づいた時にカーリース会社から通知が来ますし、車検手続き自体をカーリース会社が代行してくれますので、車検切れをうっかり忘れて運転してしまうというミスを回避できます。

毎月のカーリースの料金には車両代だけではなく、毎年の自動車税や車検時に必要になる車検基本料、自動車重量税、自賠責保険料などもすべて含まれていますので、車検の費用について心配する必要もありません。毎月定額のリース料を支払っていくだけで、手軽に車の運転を楽しむことができるのです。

しかも、カーリースはローン購入とは違って頭金が基本的に不要であるため、まとまった初期費用を出さずに無理のない負担で新車に乗り始めることが可能です。もし今、車の乗り換えを検討しているのであれば、カーリースの利用も是非考えてみてください。カーリースなら手軽かつお得に車の運転を楽しむことができますよ。

人気カーリースを見る

関連する記事

利用者に聞くのが一番!レビューや口コミから見えるカーリースの特徴とは?

そもそも、カーリースはどのような特徴があるサービスであり、どんなメリットとデメリットがあるのでしょうか?このような疑問の答えを知る一番の方法は、利用者に聞くことです。今ではインターネット上にカーリースについてのレビューや口コミがたくさん載せられていますので、それらのレビューを見ることで、利用者の声をいわば「聞く」ことができます。

カーリースではどんな車種が人気なの?軽自動車と普通車に分けてご紹介!

カーリースではどんな車種が人気なのでしょうか?軽自動車と普通車に分けてランキングをご紹介します。ランキングは主に「オリックス自動車」(オリックス)や「コスモスマートビークル」(コスモ石油)などのカーリース業者が提携している「Yahoo!ショッピング」のサイト情報を参考にして調べました(2018年1月31日現在の情報)。

オフロードを楽しむ!カーリースでジープをお得に手に入れる方法とは?

「どんな悪路も進めるオフロード仕様の機能と力強さがかっこいい!」と男女問わずファンが多く、たくさんの人たちを魅了している「ジープ」。そのジープをお得に手に入れる方法が、ジープを「カーリース」することです。どうしてカーリースだと手に入れやすいのか、その理由と、多くの人が愛してやまないジープの魅力についてみてみましょう。