カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

車検見積もりの重要性とは?車検の手順や選び方のポイントをご紹介!

車検を行う際、見積もりを取っていますか?取っていたとしても何となくチェックして、比較検討することもなくそのまま車検を行ってはいないでしょうか。車検ではどのくらいの費用が必要になるのかはっきりせず、不安に思う方も少なくないといいます。その不安は実は見積もりをしっかりと取ることで解消できるのです。 そこで、ここでは車検の見積もりの重要性や車検の手順、選び方についてもご紹介します。車検の際には、参考にしてみてください。

車検見積もりはとても重要!見積もりをすることでわかることとは?

車検は車を維持していく上で欠かせないものですが、それなりにまとまった料金もかかり、経済的な負担も大きいという面があります。それでも車検を行わなかったら、日本では車は公道を走行できないので、必ず車検は行わなければなりません。

車検を行うに際しては見積もりを取ることが大切です。見積もりを取ると自分の車に必要な整備内容がはっきりし、車検にかかる費用の内訳を掴めるようになります。業者任せにせず、自分自身でしっかりと車検の実施内容、金額を確認しておけば、本来必要のない整備をすることもなくなり、車検の費用を抑えることにつながります。

車検の見積もりは複数の業者からとるのが基本です。比較検討することによって平均的な車検料金を把握するとともに、金額の差がどこにあるのか、高くなっている原因は何か、またその実施内容は絶対に必要なものなのかなどの判断がつくようになります。

業者によっては時期によって金額が変動する場合もあります。早期に予約すれば、いわゆる早割制度が用意されている場合もあり、できるだけ早く予約したほうが安くなる傾向もあるようです。

そういった面も考慮に入れながら、必ず複数の業者から見積もりを取り、自分が車検を実施する時期に最適な業者を見つけてください。

 

車検の見積もりの手順や選び方のポイントについて

まずは、見積もりを依頼する業者を選択する必要があります。現在ではネットを使用して探す方法が効率よく一般的でしょう。車検を特集しているサイトなどを検索して自分の住んでいる地域や職場の近くなど、自分の条件に合った業者を探してみましょう。

車を購入したディーラーや前回の車検を行った業者、そのほかにも行きつけの車検ができるガソリンスタンドがあれば、そういったところからも見積もりをとってみるといいかもしれませんね。

ある程度業者の選定ができたら、見積もり予約を取ることになりますが、その前にオンライン見積もりを利用してみましょう。最近では多くの業者がインターネット上で見積もりできるようになっています。

おおよその車検費用、整備の実施内容の目安になります。オンライン見積もりは無料なので、オンライン見積もりでは多くの業者で見積もりを取り、その結果を比較して、よさそうな業者に実際の車を見て見積もりを出してもらう実車見積もりをお願いするのも良いでしょう。

オンライン見積もりである程度の車検料金が把握出来たら、次の段階として実車見積もりを依頼することになります。オンライン見積もりは、あくまでも概算です。使用年数や走行距離などの限られた情報から判断したものなので、オンライン見積もりだけで済まさず、必ず実車見積もりを行ってください。

より正確な車検費用がわかります。業者に問い合わせて、実車見積もりの予約を取ってください。実車見積もりも複数の業者で行って比較するといいでしょう。

実車見積もりは、車検予定日の一ヶ月程度前には済ましておくのが理想的です。複数の業者で見積もりを行って比較するとなると、見積もりそのものにも時間がかかりますし、比較検討する時間も必要になるからです。

複数の見積もりを依頼はしたものの、比較検討する時間がないとなると本末転倒です。余裕を持ったスケジュールで見積もりを依頼するようにしましょう。

実車見積もりの結果を十分に比較検討し、納得のできる車検業者が見つかったら車検満了日の一ヶ月前から車検満了日までの間に、車検が終了するように予約を入れ、車検を行いましょう。

車検の見積もりでは、手間がかかるかもしれませんが、必ず実車を持ちこんでの実車見積もりを行うこと、複数の業者から見積もりを取って見積もり結果を比較検討することが車検費用を抑えるための大きなポイントとなります。

 

車検の際、見積もり結果によっては乗り換えも検討してみよう

いざ車検の見積もりを取っては見たものの、思ったより車検費用が高かったということもあるでしょう。

特に年数を重ねた車は経年変化が避けられず、あらゆる部分が劣化している可能性があります。パーツ交換などが多数必要になり、車検費用が高額になってしまうことが多いケースもあり、走行距離が長い車も同様です。

現在では車の寿命は10年程度だといいますから、新車購入後10年を超えた車はメンテナンスの手間や費用がそれなりにかかるようになってきます。車検費用も車検の度に高額になっていく可能性も否定できません。

あまりに車検費用やメンテナンス費用が膨らむようであれば、乗り換えという選択肢もあります。乗り換え時かなと思いながら、高い車検費用を払って車検を通した後に乗り換えるのは車検費用がもったいないですよね。

見積もりの段階でおおよその車検費用が判明していれば、こうした判断も可能になります。しかし、いくら車検費用が高いといっても、新車を購入するとなるともっと高額の頭金を用意しなければならないと悩んでいるのであれば、最近話題のカーリースがおすすめです。

カーリースなら車両代金や自動車税などはもちろんのこと、プラン内容によっては車検費用や各種メンテナンス費用も月々の使用料にコミコミになっているものもあるのです。

 

カーリースなら車検や諸経費まで月々の支払いにコミコミ!

従来のマイカー購入の方法として、一般的な現金一括購入やオートローンに加えて、近年では第3のマイカーの導入方法としてカーリースも定着してきています。

カーリースは月々の決まった料金のみで新車をマイカーのように使用できるのが最大のメリットです。通常新車購入の際に必要になる高額な初期費用は必要ありません。

カーリース会社が契約者の選んだ新車を購入し、契約者は月々の使用料を払ってその車を使用します。車の所有者はカーリース会社となるので、新車の購入もカーリース会社が行います。

そのため、新車購入につきものの煩わしい各種手続きや、税金の支払いもカーリース会社が代行してくれるので、契約者はカーリース会社との契約を済ませたら後は乗るだけといった状態で車の管理はかなり楽になります。

カーリースの月々の使用料には、車両代金に加えて登録費用や自動車税、自動車重量税、自賠責保険などが含まれています。カーリース会社やプラン内容によっては、車検費用やメンテナンス費用を含んでいるものも存在します。

そういったプランを選べば、車検時にも大きな出費はありませんし、車に関する費用はほぼカーリース料金以外に必要なくなり、家計が安定しますね。

近年は地震や台風、大雨などの自然災害も増えていますし、病気などで突発的にお金が必要になることもあるので、車に関する出費だけでも一定に抑えられるのはかなり大きいのではないでしょうか。

車検を行う際には見積もりを複数の業者で行い、比較検討することが車検費用を抑えるポイントです。

しかし、乗り換えが視野に入り始めた時期に、車検の費用が予算よりも高額になるようでしたら、まとまった初期費用が不要で、新車の乗り換えが可能なカーリースも検討してみてはいかがでしょうか。
人気カーリースを見る

関連する記事

カーリースは免許がなくても契約できる?基本的な仕組みやおすすめのカーリース会社もあわせてご紹介!

生活の幅を広げてくれるマイカーの存在は非常に魅力的ではあるものの、自動車購入は経済的負担が大きいのも事実です。そこで、お得にカーライフを送る選択肢として、節約上手な人たちの間で個人向けカーリースの存在に注目が集まっています。 しかし、個人向けカーリースの情報に詳しくない方は「カーリースってどうお得なのか?」と疑問を感じる方も少なくありません。また、様々な理由から、免許がない状態でカーリースを契約したいと考えている方もいるのではないでしょうか。 ここではカーリースの基本的な仕組みと共に「自動車運転免許がなくてもカーリース契約ができるのか?」について紹介します。

カーリースに向いている人とはどんな人?法人・個人両方から見たメリットとあわせてご紹介!

最近、注目を集めている車の利用方法である「カーリース」。利用を検討している人も多いかと思います。そんな中で、カーリースはどんな人に向いているのか気になるところですよね。そんなときは、カーリースの特徴やメリット・デメリットを両面から見ていきましょう。今回は、カーリースに向いている人の特徴を中心にまとめていきます。

カーリースの保険にはどのようなものがある?カーリース専用保険をご紹介

自動車を運転するためには、自賠責保険(強制保険とも呼ばれる)に加入しなければなりませんが、それだけではダメなのでしょうか?ここでは、カーリース利用時に任意保険に加入するメリットと、カーリースを契約する際におすすめのカーリース専用保険について詳しく解説します。