カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

車検証の住所変更はいつ行えば良いの?タイミングや手続き方法を分かりやすく解説!

家を引っ越した場合、車検証の住所変更はいつしたらいいのでしょうか?今回は車検証の住所変更のタイミングと手続き方法について徹底解説します!

車検証の住所変更を行うタイミングは?

車検証の住所変更を行うタイミングは、道路運送車両法第12条で下記のように決められています。

「自動車の所有者は、登録されている型式、車台番号、原動機の型式、所有者の氏名若しくは名称若しくは住所又は使用の本拠の位置に変更があったときは、その事由があった日から十五日以内に、国土交通大臣の行う変更登録の申請をしなければならない」

この条文からわかる通り、車検証の住所変更は住所が変わってから15日以内にしなければなりません。そして、これに違反した場合の罰則もしっかり法律に明記されており、最大で罰金50万円を課される可能性があります(道路運送車両法第109条第2項)。

「そんな罰則があるなんて知らなかった!」と驚いた人も多いことでしょう。引っ越しをしたのに住所変更をしないまま放置していて、「じゃあ、私は罰金を支払わないといけないの?」と焦った人もいるかもしれません。

でも実際には、車検証の住所変更の手続きをしていないことで罰則を受けた人はほとんどいません。住所変更が法律で義務付けられているのは間違いないのですが、現実には取り締まりは行われていないのです。もし別の交通違反で捕まり、警察に車検証を確認されて住所変更の手続きをしていないことが明るみになったとしても、「住所変更してくださいね」と軽く注意されるくらいで済む可能性が高いです。

 

車検証の住所変更をしなかったらどんな問題が発生する?

前の項目で、車検証の住所変更が法律で義務付けられていることを確認しました。それと同時に、それに違反したとしても罰則を受けることは現実にはほとんどないことも分かりました。

しかし、だからと言って「車検証の住所変更はしなくてもいい」ということにはなりません。法律上の義務ですから、住所が変わったら車検証の住所変更の手続きをした方が良いでしょう。実際、住所変更をしておかないと以下の問題が起きることがあります。

自動車税の納税通知書が旧住所に送られてしまう

車検証の住所変更をしていないと、毎年支払わなければならない自動車税の納税通知書が旧住所に送付されますので、税金を支払うのを忘れてしまう可能性があります。この事態を避けるためにも車検証の住所変更は大切です。

ただし、車検証の住所変更をしなくても、郵便局に転送届を出すことによって1年間は旧住所宛の郵便物が新住所に転送されますので、引っ越してから1回目の自動車税の納税通知書はきちんと新住所に届きます。

納税通知書には住所変更届が同封されていますので、新住所を記入して投函するか自動車税事務所または都道府県税事務所に連絡をすれば、次回以降の自動車税は新住所に送られてくることになります。

車を売却したり廃車にしたりする時の手続きが面倒になる

車を売却したり廃車にしたりする時には、車検証の住所と実際の住所が紐づけされていることを証明しなければなりません。引っ越しをしたのが1回だけの場合、住民票さえあればそこに現住所と引っ越す前の住所が記載されていますので証明できますが、何度も引っ越した場合にはそれができません。

証明するためには、今までの引っ越し先の住所が記載されている戸籍の附票が必要になります。戸籍の附票は本籍地で取得することになりますので、本籍地が現住所から遠い場合には少し面倒でしょう。しかし、車検証の住所変更をきちんとしていればこの問題を避けることができます。

 

車検証の住所変更の手続き方法や必要書類をご紹介!

では、車検証の住所変更はどのようにして行ったらいいのでしょうか?ここで、必要書類や手続きの流れ、費用についてご説明したいと思います。

必要書類

住所変更を業者に代行してもらう場合には下記の書類が必要になります。

・住民票(発行日から3カ月以内のもの)
・委任状(所有者の認印の押印があるもの)
・車検証
・車庫証明書(発行日から1カ月以内のもの)

※住民票は、車検証の住所から現住所までの繋がりが分かるものである必要があります。
※車庫証明書は、併せて業者に依頼する場合には不要です。
※上記は、車の所有者と使用者が同一である場合の必要書類です。

自分自身で住所変更の手続きをする場合には下記の書類が必要です。

・住民票(発行日から3カ月以内のもの)
・車検証
・車庫証明書(発行日から概ね1カ月以内のもの)
・手数料納付書(申請窓口で入手できる)
・自動車税・自動車取得税申告書(申請窓口で入手できる)
・申請書(申請窓口で入手できる)

※住民票は、車検証の住所から現住所までの繋がりが分かるものである必要があります。
※上記は、車の所有者と使用者が同一である場合の必要書類です。

手続きの流れ

車検証の住所変更の手続きは運輸支局で行います。手続きの流れは下記の通りです。なお、住所変更にナンバーの変更が伴わない場合には6~8のステップは不要です。

1 窓口で手数料納付書、自動車税・自動車取得税申告書、申請書を入手し必要事項を記入する

2 運輸支局内の印紙販売窓口で印紙を購入して手数料納付書に貼り付ける

3 書類一式を窓口に提出する

4 車検証の交付を受ける

5 運輸支局内の税申告窓口に変更内容が記載された自動車税・自動車取得税申告書と車検証を提出する

6 運輸支局内のナンバー返却窓口にナンバープレートを返却する

7 運輸支局内のナンバー交付窓口で新しいナンバープレートを受け取る

8 ナンバーを取り付けて封印してもらう

※上記は、自分自身で手続きを行う場合の流れです。業者に依頼する場合には、必要書類と料金を業者に渡すだけで済みます。

費用

車検証の住所変更には下記の費用がかかります。なお、住所変更を業者に依頼する場合には、これらの費用に加えて代行手数料も発生することになります。

・変更登録手数料(印紙代): 350円
・住民票発行料: 350円
・車庫証明書の取得費用: 2,500円~3,000円くらい(地域差がある)
・ナンバープレート変更費用(変更がある場合): 1,500円くらい(地域差がある)

 

住所変更などの煩わしい手続きは不要!カーリースなら安心のサポートあり!

今回は、車検証の住所変更の手続きについて見てきました。手続きについては、やや面倒に感じる人もいることでしょう。そんな人におすすめなのがカーリースです。

カーリースを利用すれば、車の諸々の維持管理をカーリース会社にお任せできます。車検自体をカーリース会社が実施してくれますし、住所変更などの煩わしい手続きも代行してくれます。

また、毎年の自動車税の支払いや消耗部品の交換などのメンテナンスをお任せすることも可能ですので、面倒な手間をかけず、楽に車を利用していくことができるのです。さらに、車について不明な点があれば、カーリース会社に気楽に相談できたりもします。

あなたも、何かと充実したサポートを受けられるカーリースで、手軽かつ安心のカーライフを送ってみてはいかがでしょうか?

人気カーリースを見る

関連する記事

車をリースで乗る!今、個人向けのカーリースが大人気の理由とは!?

個人事業主や法人を対象としたカーリースはこれまでも数多くありましたが、10年くらい前から個人向けのカーリースも増え始め、その人気は年々上昇しています。「憧れのマイカー」を手軽に手に入れることができ、月々の出費も抑えることができるカーリース。その魅力をご紹介します。

カーリース期間中のスタッドレスタイヤのサービスは?タイヤ交換はしてもらえるの?

車両を維持するためのさまざまな費用が月額料金に含まれ、自分で新車購入するよりもお得に利用できる個人向けカーリースへの注目が高まっています。数多くあるカーリースプランの中で、メンテナンス費用込みのカーリースプランにはどんなサービスが含まれるのかが気になるところです。 決して安くはない夏タイヤとスタッドレスタイヤの交換は、家計に大きく影響する費用ですので、カーリース会社負担か利用者負担かはカーリース利用の前に知っておきたいものです。カーリース期間中の車両のタイヤ交換、特にスタッドレスタイヤへの交換について紹介します。

カーリースと中古車購入はどっちがお得?それぞれのパターンに向いている人の特徴やメリット・デメリットとは

中古車購入をためらっている方の中には、修理費用がかさむ、新型を選べないなどの理由を挙げる方もいます。しかし、中古車には新車にはないメリットもあります。今回は、中古車購入のメリット、カーリースのメリットについて、それぞれ説明します。

車の買い方はリースと購入どちらがお得か徹底比較

車の購入を考えた際、今までは一括購入かローン購入が一般的でした。最近では、新しい車の購入方法として「カーリース」が登場し、車所有がもっと気軽に行えるようになりました。しかし、車の購入は大きな買い物ですので、失敗はもちろん後悔もしたくありません。また、できるだけお得に買いたいと思うはずです。ここでは、リースと購入どちらがお得なのか比較してみました。