カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

車検費用の相場はいくら?業者別や車種別に徹底比較!

自家用乗用車であれば初回は3年後、その後は2年ごとに車検を受けなければなりません。では、車検費用の相場はいくらくらいなのでしょうか?

車検の費用はいくらかかる?相場や内訳をご紹介

車検の費用の内訳は大まかに言って、法定費用と車検基本料金の2つです。法定費用は法律で金額が定められているため、どこで車検を受けても同じになりますが、車検基本料金がいくらになるかは、後述の通り車検を依頼する業者によって変わってきます。

法定費用には自動車重量税、自賠責保険料、印紙代が含まれます。まず、自動車重量税(2年分)がいくらになるかを見てみましょう。車両の重さ0.5tごとに税額が変わります(自家用乗用車の場合)。

軽自動車:6,600円

0.5t以下の車:8,200円
~1.0t以下の車:16,400円
~1.5t以下の車:24,600円
~2.0t以下の車:32,800円
~2.5t以下の車:41,000円
~3.0t以下の車:49,200円

※上記は、エコカーの減税措置や、新車登録から一定の年数経過による増税措置を考慮に入れていない金額です。

自賠責保険料(2年分)は自家用乗用車で25,830円、軽自動車で25,070円となっています。印紙代は小型自動車で1,700円(印紙400円+証紙1,300円)、小型自動車以外では1,800円(印紙400円+証紙1,400円) 、軽自動車は1,400円です。

※上記の印紙代は認証工場で車検を受けた場合の金額です。指定工場の場合には車種に関係なく1,200円(オンライン申請の場合は1,000円)となります。

車検基本料金には、整備が必要な箇所を見定める検査料金、車検に通すための整備料金、法定24か月点検およびそれに伴う整備の料金、検査場まで車を持っていき、車検に通す代行手数料などが含まれます。

24か月点検はその名の通り2年ごとに実施することが法律で義務付けられていますが、車検に通すこと自体には必ずしも必要なわけではありません。

しかし、24か月点検にはブレーキの分解整備など特殊な工具や設備が必要な項目があるため、自力で行うのが困難で、車検と一緒に業者に依頼するのが一般的になっています。これらの理由から、車検基本料金には24ヶ月点検の料金も含まれているのです。

 

業者別の車検費用、目安はどれくらい?

車検費用のうち、法定費用はどの業者でも同じですが、車検基本料金の相場は異なってきますので、業者ごとに車検費用がいくらかかるかを見てみましょう。

ディーラー車検: 法定費用+4万円から10万円

ディーラーは、自社製品を対象としていることもあり、高い質の整備を実施することができます。予防整備など、車に長く安全に乗っていくための整備も実施してくれますので、安全性や安心感を重視する方におすすめです。ただし、料金は高めになります。

車検専門フランチャイズ: 法定費用+2.5万円から8万円

車検だけを専門に扱う業者です。どの店舗でも一定のレベルのサービスを提供するようにしています。ただし、車検に通すための検査技術は高いものの、整備や修理の質はディーラーよりも劣るかもしれません。

民間整備工場: 法定費用+2.5万円から8万円

工場によって設備の充実度や整備士の質にバラツキがあります。普段から親しくしている整備工場がある方や、腕の良い整備士がいる工場を知っている方にはおすすめです。

カー用品店: 法定費用+2万円から6万円

オートバックス、イエローハットなどの大手のカー用品が提供する車検サービスです。料金がリーズナブルで、あらゆる車種の部品の取り寄せに対応できます。ただ、店舗によって従業員の知識量や技量にいくらかのムラがあります。

ガソリンスタンド: 法定費用+2万円から6万円

身近な場所で利用できる手軽さと安さがメリットとなっています。24時間受付をしている店舗もありますので、日中忙しい方にもおすすめです。ただし、車検に通すための必要最低限の整備にしか対応できない場合があります。

 

普通車と軽自動車の違いはいくら?それぞれの車検費用を検証

ここで、普通車(普通乗用車)と軽自動車のそれぞれの車検費用がいくらくらいになるかを見てみましょう。最初の項目でご紹介した通り、法定費用のうち自賠責保険料と印紙代は、軽自動車の方がいくらか安いとはいえ、ほとんど同じです。

ただ、自動車重量税に関してはそれなりに差があり、軽自動車の方が安いです。また、部品代も軽自動車の方が安めであると言われていますので、整備料にもいくらか違いが出ます。具体的な普通車と軽自動車の車検費用(法定費用+車検基本料金)の相場は下記の通りです。

軽自動車: 5万円から7万円

小型乗用車(1.0t以下) :6万円から8万円
中型乗用車(1.5t以下) :7万円から9万円
大型乗用車(2.0t以下) :8万円から10万円
大型乗用車(2.5t以下) :9万円から11万円

※上記の金額はあくまでも一般的な相場です。実際の車検費用がいくらになるかは、業者や車の経過年数によって大きく異なる場合があります。

 

車検費用もコミコミ?おすすめのカーリース会社をご紹介

今回は車検費用の相場がいくらくらいなのかについて見てきました。車種や業者によっていくらか差があるとはいえ、まとまったお金が必要になることには間違いありません。しかも、車検の時期は忘れたころにやってくるので、車検の度にお金の工面で焦るという方も少なくないでしょう。

しかし、カーリースであれば多くの場合に毎月定額の料金に車検費用も含まれていますから、「今回の車検は一体いくらかかるだろう」などと心配する必要はなく、楽に家計のやり繰りをしていくことができます。

最後に、毎月のリース料に車検費用が含まれている、おすすめのカーリース会社をいくつかご紹介します。

カーコンカーリースもろコミ(カーコンビニ倶楽部株式会社)

一般的なカーリースとは異なり、残価設定0円の契約となっていますので、契約満了時に車をそのままもらえます。契約期間は7年契約の「もろコミ7」と9年契約の「もろコミ9」から選択でき、契約満了の2年前から原則解約金なしで車の乗り換えや返却(中途解約)が可能になります。

走行距離制限は月間2,000kmとかなりゆとりがある上、契約満了まで利用した場合には制限を超過しても請求が発生することはありません。リース料には車両価格、各種税金、自賠責保険料、車検基本料金などがコミコミとなっていますので、車検費用について心配する必要はありません。

コスモスマートビークル(コスモ石油マーケティング株式会社)

自分の希望に合わせて契約期間(3年、5年、7年)やメンテナンスパック(3段階)、走行距離制限(月間500km、1,000km、1,500km)、頭金の有無、ボーナス払いの有無を自由な組み合わせで設定できます。

メンテナンスパックにはゴールドパック、シルバーパック、ホワイトパックの3つがありますが、ゴールドパックを選ぶとオイル交換、タイヤ交換、バッテリー交換などフルメンテナンスのサービスを受けられますのでおすすめです。

また、メンテナンスパックに応じて1リッターあたり1円から5円のガソリン代割引の特典も受けられます。
※ホワイトパックではリース料に車検費用が含まれません。

定額ニコノリパック(株式会社MIC)

5年契約のサービスです。毎月のリース料には車両価格や各種税金、車検代のほかにもエンジンオイル交換、バッテリー液補充、クーラント液補充などの費用も含まれていますので、メンテナンス面でも安心です。契約期間中にガソリン代が1リッターあたり5円引きになる特典も付きます。

あなたも上記のおすすめのカーリース会社を利用して、便利で安心できるカーライフを楽しんでみてはいかがでしょうか?

人気カーリースを見る

関連する記事

車検は必ず必要?有効期間はどれくらい?気になる車検制度について徹底解説!

国内で登録されている自動車には「車検を通過する条件に整備されていること」が自動車検査登録制度を採用する日本では義務付けられています。最初の車検は新車登録時に行われ、その後の継続車検は一定期間ごとに車検の必要があることから自動車の維持費用に大きく影響する制度となります。今回は、国内のカーライフと密接な関係にある車検について考えます。

カーリースなのに車がそのまま貰えるって本当?

カーリースはイメージとしては車を借りるという形になるのですが、そのリースした車を貰って、マイカーにすることができるということを皆さんはご存知ですか。 「カーリースなのに車が貰えるってどういうこと?」と思ったかもしれませんが、カーリースではこのような仕組みが存在しています。今回は、カーリースで車がもらえる仕組みや、車を貰うための手続きなどを詳しく紹介していきます。

月々一万円からの料金で利用できる!おすすめのカーリースの業者をご紹介

新車を借りてマイカーのような感覚で長期間利用できる個人向けカーリースサービスが人気です。いろいろなカーリース会社がお得な料金でサービスを提供しています。カーリース会社の中には、月々一万円からの料金プランを用意している会社もたくさんあります。今回は、月額一万円からの料金で利用できるおすすめのカーリース業者をご紹介したいと思います。