カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

車検費用をクレジットカードで支払う2つのメリットと注意点

キャッシュレス化が推し進められ決済ツールにクレジットカードが利用されることが珍しくなくなりましたが、車検費用は現在でも現金で支払われるケースが少なくないようですのでクレジットカードで車検費用を支払うメリットの紹介と共にカード決済の注意点を紹介します。

タイトルアイコン

車検費用もコミコミ!毎月定額で車購入

毎月定額で車が手に入るカーリースなら家計に負担をかけずに車の維持が可能!支払いや手続きを一本化させてシンプルなカーライフを実現できます。頭金なしで初期費用が抑えられるのもカーリースの魅力、新しい車の乗り方としておすすめです!

車検費用をクレジットカードで支払うメリット1 ポイントが貯まる

現金決済は現金を支払うと完結してしまうのに対し、利用額に応じて現金同様に使用できるポイントの還元を受けられるクレジットカード決済は、実質的な割引きを受けながら支払いが行えるお得な決済方法だと言えます。

クレジットカードのポイントを集める「ポイ活」はコスパの高い生活を実現できるライフハックとして広く浸透していますが、経済的負担が小さくはない車検費用は現金で支払われる傾向にあるのも事実です。

高還元率でポイント還元を行っているクレジットカードを利用してポイントを稼ぎながら車検費用の支払いを行うことで、コスパの高い理想的なカーライフを実現することができると言えるでしょう。

 

車検費用をクレジットカードで支払うメリット2 分割・後払いができる

カード会社が車検費用を一旦立て替えて支払い、利用者は一括払いや分割払い、リボ払いなどを選んでカード会社が立て替えた車検費用の返済を行えるのがクレジットカード決済の魅力です。

後払いができるため現金の持ち合わせがなくても予定どおりに車検を受けることができますし、分割払いやリボ払いを利用して分散させることで車検費用の経済的負担を小さく抑えることができます。

ポイントを手に入れながら予算に合わせた返済計画を立てることができるのがクレジットカードで車検費用を支払うメリットだと言えます。

 

クレジットカードで支払う際の注意点

現金決済よりもポイント還元や分割・後払いができるクレジットカード決済の方が効率的な車検費用の支払いを行えると言えますが、クレジットカードでの車検費用の支払いで失敗しないためには次の注意点をクリアする必要があります。

車検費用のクレジットカード決済に対応している店舗であるか?

クレジットカード決済に対応するためには加盟店としてVISAやJCBなどに代表されるカードブランドやカード会社に登録する必要があり、クレジットカードの加盟店登録をしていない整備工場ではカード決済ができません。

また、クレジットカードを利用すると決済手数料が発生し、一般的には加盟店が手数料を負担しますが、クレジットカード払いの手数料を利用者負担とする加盟店も存在し、負担する手数料がポイント還元より割高になる場合もあるので注意が必要です。

法定手数料の支払いがクレジットカード対応していないケースも存在する

車検に掛かる費用は法定費用と車検基本料の二種類に大別でき法定費用には自動車重量税や自賠責保険料、一般的に印紙代と呼ばれる検査手数料が含まれており車検基本料には点検整備費用や代行手数料などが含まれます。

車検基本料が整備工場内で発生するコストであるのに対して法定手数料は車検時に国や保険会社に支払う経費となるため、車検費用をクレジットカードで支払える場合でも法定手数料は現金払いで車検基本料のみクレジットカード決済に対応しているケースも珍しくありません。

分割払いはクレジットカード決済のメリットであるが金利手数料が発生する

カード会社が立て替えて支払った車検費用は利用額としてカード会社から利用者に請求されますが、分割払いやリボ払いを利用すれば車検費用を分散させて返済することができるのがクレジットカードの魅力です。

しかし一括払いの場合はクレジットカードの決済手数料のみが発生しますが、分割払いやリボ払いの場合は金利手数料が車検費用に加算され、返済総額が車検費用より高額となるので注意が必要です。

 

クレジットカードで支払う前に準備しておきたいこと

決して少額ではない車検費用の支払いをクレジットカードで行えば大量ポイントの還元が期待できますし、分割で車検費用を分散させたり手持ちの現金が少なくても予定どおり車検を受けられるなどのメリットが車検費用のクレジットカード決済には存在します。

クレジットカードで上手に車検費用の支払いを行うためには、あらかじめクレジットカード決済に対応する整備工場を探しておくことや対応カードの種類を確認しておくこと、法定費用の支払い条件を確認しておくことなどが必要です。

また分割返済で車検費用を分散させて返済する場合は返済総額と車検費用の差額がどのくらいあるのかを確認しておくことが重要ですし、軽自動車や普通自動車の場合は次回の車検までに完済できるように24回払いまでの返済計画を立てることをおすすめします。

 

カーリースなら車検を含めてすべての支払いをクレジットカードで支払える!

車両購入した場合はローン返済中でも車検費用を含む車両維持費用を利用者が負担する必要がありますが、カーリースは月々のリース料金に車検費用が含まれるメンテナンスリース契約で利用されるのが一般的で、利用者が車検費用を直接負担する必要がありません。

またメンテンナンスリース契約を結ぶと契約期間中に発生する自動車税や自動車重量税、自賠責保険料なども月々のリース料金に含まれているので、サブスクサービスとしてカーリースを利用することができます。

さらにカーリース会社への支払いにクレジットカードを利用することができるので結果的に自動車諸税や自賠製保険料を含めた車検費用を月々のリース料金で分割し、クレジットカードのポイント還元を受けながら希望車両を利用することができます。

理想的なカーラーフをリーズナブルに実現できる最強の組み合わせと言っても過言でない高還元率のクレジットカードとカーリースの利用で、自動車諸税や自賠責保険料を含めた車検費用の問題をクリアしてコスパの高いカーライフを楽しんでみてはいかがでしょうか?

関連する記事

一日でも早く新しい車に乗りたい!カーリース契約時に即納は可能?

新しく車を契約すると納車まで時間がかかるのが一般的です。人気の車種や特殊なオプションであれば、数ヶ月かかることもあり得るため、即納ということはごく稀です。吟味して契約した車は一日も早く乗りたいものですが、納車されるまで首を長くして待たなければいけません。 しかしながら、納車まで時間がかかるのは、カーリースで契約した場合も同じなのでしょうか。カーリースで即納が可能なのか、カーリースの仕組みから見てみましょう。

アルバイトでもカーリースを利用できる?気になるカーリースの審査や申し込みの流れについてご紹介!

月々の支払いが安定して経済的なカーリースですが、カーリースを利用するためには一定の審査を通過しなければならないものが多いです。支払い能力によって、審査を通過するか否かがわかれるのですが、その場合、アルバイトをしている人はカーリースを利用することができるのでしょうか。今回はアルバイトの人がカーリースを利用できるのかというポイントを中心に、カーリースの審査や申し込みの流れを解説します。