カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

車検費用を分割で支払うことは可能?分割で支払い際の注意点やおすすめの乗り換え方法などをご紹介!

車検費用はまとまった金額になるため「一括で支払うのが難しい」という方もいることでしょう。では、車検費用は分割で支払うことはできるのでしょうか。できるとすれば、どんな分割払いの方法があるでしょうか?

車検費用はどのようにして決まる?気になる内訳や相場について

そもそも、車検費用はどのようにして決まるのでしょうか?ここで、車検費用の内訳や相場についてご説明します。車検の費用は「車検基本料」と「法定費用」の合計で決まります。

車検基本料には、整備が必要な箇所を見定めるための検査料、法定24カ月点検整備の費用、車を検査場まで持って行って車検に通す代行手数料などが含まれます。後述の法定費用の金額は法律で決められているため、どこで車検を受けても同じになりますが、車検基本料は業者ごとに異なります。

また、点検の結果で修理や部品交換が必要なればその料金も上乗せされることになりますので、車のコンディションによって安く済む場合もあれば高くつくこともあります。業者ごとの車検基本料の相場は下記の通りです。

・ディーラー車検: 4万~10万円程度
・民間整備工場での車検: 2.5万~8万円程度
・車検専門店での車検: 2.5万~8万円程度
・カー用品での車検: 2万~6万円程度
・ガソリンスタンドでの車検: 2万~6万円程度

法定費用の内訳は、自動車重量税、自賠責保険料、印紙代(検査手数料)で、具体的な金額は下記の通りです。

自動車重量税(2年分)

軽自動車:6,600円

0.5t以下の車:8,200円

~1.0tの車:16,400円

~1.5tの車:24,600円

~2.0tの車:32,800円

~2.5tの車:41,000円

~3.0tの車:49,200円

自賠責保険料(2年分)

・自家用乗用車:25,830円
・軽自動車:25,070円

印紙代(認証工場の場合)

・小型自動車:1,700円
・小型自動車以外の自動車:1,800円
・軽自動車:1,400円

※自動車重量税はすべて自家用車の場合の金額です。
※自動車重量税はエコカー減税や登録から13年以上経過した車の重課税を考慮に入れていない金額です。
※上記の情報は2018年12月14日現在のものです。法定費用は変更になる場合があります。

 

車検費用を分割で支払うことは可能?

では、車検費用は分割で支払うことは可能なのでしょうか?結論から言えば、分割払いは可能です。分割払いの方法には、「車検ローン」と「クレジットカードの分割払い」の2つがあります。

車検ローンとは?

厳密に言うと「車検ローン」という名前の商品は存在しません。でも、車検費用を含めて車に関係する費用に対応してくれる「マイカーローン」があります。このマイカーローンを利用することで、車検費用を分割払いできるのです。

マイカーローンには、銀行や信用金庫などの金融機関のローンと「オリコ」や「ジャックス」などの信販会社のローンの2種類があります。金融機関のローンでは、申し込む金融機関の口座から毎月決められた返済額が引き落としされる仕組みになります。

そのため、金融機関のローンの利用するためには、そこの口座を持っていることが必要です。信販会社のローンは、信販会社が一括で車検費用を支払い、利用者が決められた金額を月々分割で返済していくという仕組みをとっています。基本的には、車検業者が提携している信販会社を利用することになります。

クレジットカードの分割払いとは?

皆さんも、クレジットカードで買い物をした際に「お支払い回数は何回にしますか?」と尋ねられたことがあるでしょう。この時に「○回払いでお願いします」と回数を指定することで成立するのがクレジットカードの分割払いです。非常に手軽な分割払いの方法と言えるでしょう。また、クレジットカード払いにはカード会社のポイントが貯まるというメリットもあります。

 

車検費用を分割で支払う際に注意しておきたいこととは?

車検費用の分割払いは、一度に車検費用全額を失わずに済むので便利ですが、注意点もあります。以下で、その注意点についてご説明します。

車検ローンの注意点

車検ローンのデメリットは、審査があるということです。審査に通らなければ車検ローンを利用することはできません。審査では年収、年齢、勤続年数、雇用形態、借入額(他のローンを利用している場合)、債務整理歴などがチェックされます。個人再生や自己破産などの債務整理の記録が信用情報機関に残っている場合は、審査に通ることはほぼありません。

とりわけ、金融機関のローンの審査は、信販会社よりも厳しめです。また、提出しなければならい書類も多いですし、審査に時間がかかります。信販会社の審査の結果はすぐに分かる場合が多いですが、金融機関の場合は数日から1週間くらいかかりますので、利用を考えている場合は十分時間に余裕を持って申し込むことをおすすめします。

車検ローンの別の注意点は、金利がかかることです。金融機関のローンは、審査が厳しめな分、金利は低い(2%~5%)ですが、それでも一括払いよりも金利の分だけ余計に費用がかかることを覚えておきましょう。

信販会社のローンでは、金利が安くても8%くらいかかってしまいますし、車検業者によって、車検費用のうち法定費用はローンを受け付けていないことも多々ありますので、注意しましょう。

クレジットカードの分割払いの注意点

クレジットカードの分割払いのデメリットは、車検ローンよりもさらに高い金利がかかってしまうということです。例えば、あるカード会社の分割払いの金利は、3回払いの場合で12%、6回払いで13.75%、10回払いで14.25%、15回払いで14.75%となっています。手軽に分割払いにできる分、高い利息を支払わなければならないのです。

また、クレジットカードの分割払いは、そもそも車検業者がカード払いを受け付けていない場合には利用できません。車検費用のうち車検基本料をカード決済できる店舗はだいぶ増えましたが、法定費用のカード払いは受け付けていない所が多いということを覚えておきましょう。

 

車検費用が高額になりそうならカーリースへの乗り換えがおすすめ!

今回は、車検費用の分割払いについて見てきました。分割払いはとりわけ車検費用が高額になってしまった場合に役立つでしょう。

さて、車検費用が高くつきそうな場合、「分割払いで乗り切る」以外にも「カーリースで新車に乗り換える」という選択肢もあります。「新車に乗り換えたら余計にお金がかかるんじゃないの?」と思った方もいるでしょう。でも、カーリースならまとまったお金をかけずに新車に乗り始めることが可能なのです。

例えば、人気のカーリースサービス「カーコンカーリースもろコミ」なら、頭金が不要ですし、毎月定額のリース料の中に車両代だけではなく、登録諸費用や自動車取得税、自動車税(期間分)、自動車重量税(期間分)、自賠責保険料(期間分)、車検基本料がすべてコミコミになっていますから、初期費用をかけずに利用を開始できます。

また、契約期間中の料金も「もろもろコミコミ」の定額で増減することがありませんから、楽に家計の管理をしていけます。それでいて、リース料は月々税込8,000円~と非常にリーズナブルです!

あなたも、カーコンカーリースもろコミをはじめとするカーリースサービスで、お得かつ手軽に新車に乗り換えてみてはいかがでしょうか?

人気カーリースを見る

関連する記事

話題のカーリースの仕組みと上手に節約する方法をご紹介!

「車がほしいけど、まとまったお金を支払うことができない、かといってローンを組むのは嫌だ」という方や「あまり長く車に乗る予定はない」など、さまざまな理由から車を購入することに抵抗を感じている人は意外と多いのではないでしょうか? 今回はそういった方が車を所有するオススメの方法として、カーリースについて紹介します。カーリースであれば、気軽に車を所有することができるだけでなく、上手く利用すれば、お金の節約につなげていくことも可能なのです。

リース車を傷つけてしまった!査定や減額、修理代金はどうなるの!?

自己所有、レンタカー、リース…車を所有する手段に限らず、車を運転している以上、傷やヘコミなどは常につきまとう問題です。リース契約している車を傷つけてしまったりヘコミが生じてしまった場合、査定に響いたりするのでしょうか?また修理にかかる費用は誰が負担をするのでしょうか?

カーリース会社によっては走行距離制限なしの場合もある?具体的な事例をご紹介!

カーリースの利用を検討している人であれば、やはりカーリースの細かいルールについては気になりますよね。車を利用する上で、何をしてはいけないのか、事前にしっかり確認しておきたいところです。中でも、カーリースには走行距離の制限というルールを設けているカーリース会社が多いです。今回はカーリースの走行距離制限についてまとめていきます。

カーリース利用時に必要なものとは?カーリースの契約の流れや必要書類について解説

カーリースを利用するなら、契約から納車までの流れや、必要なものなどを事前に把握しておくとスムーズです。この記事では、カーリース利用時に必要なもの、契約の流れなどを解説します。カーリースのメリット・デメリットにも触れているので、併せて参考にしてください。