カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

車検金額の相場や内訳とは?車検を安く抑える方法もあわせてご紹介!

車検にはどれくらいの費用が必要なのでしょうか?今回は、車検金額の相場や内訳について徹底解説します!

車検金額の相場はどのくらい?車種別にご紹介

車検金額の相場を車種別に見てみましょう。ただし、下記の金額は大まかな相場で、実際の車検金額がいくらになるかは、車検をどこに依頼するか、車のコンディション、車の経過年数などによって変わってきます。

・軽自動車: 5万円から7万円
・小型乗用車(1.0t以下) :6万円から8万円
・中型乗用車(1.5t以下) :7万円から9万円
・大型乗用車(2.0t以下) :8万円から10万円
・大型乗用車(2.5t以下) :9万円から11万円

 

車検金額の内訳は?車検基本料と法定費用をご説明

車検金額の内訳を見てみましょう。車検金額の内訳は、大きく分けると車検基本料と法定費用の2つです。では、それぞれについて詳しく見てみることにしましょう。

車検基本料

車検基本料金には、整備が必要な部分を見定める検査料金と、法律により実施が義務付けられている24か月点検の料金、さらに、検査場まで車を持っていき、車検に通す代行手数料などが含まれます。また、検査の結果整備や部品交換が必要になれば、その費用も上乗せされることになります。

ちなみに、24か月点検は法律で義務付けられていますが、車検に合格するためには必ずしもやらなくてはいけない点検ではなく、車検の後に実施しても問題ありません。ただし、24か月点検の項目は、自力で実施するのが難しい内容となっていますので、2年ごとの車検の際に車検業者に依頼するのが一般的です。

車検基本料の金額は、車検業者によって異なります。以下で、業者ごとの車検基本料の相場とサービスの特徴をご紹介します。

ディーラー車検: 4万~10万円

金額が割高ですが、点検整備が丁寧です。部品は純正の物を使用します。予防整備など、車に長く安全に乗っていくための整備も実施してくれます。

民間整備工場: 2.5万~8万円

工場によっては質の高い整備を受けられます。ただし、設備の充実度や整備士の質にバラツキがありますので、安心して任せられる整備工場を個人的に知っている方におすすめです。

車検専門フランチャイズ: 2.5万~8万円

車検を専門とする業者です。点検整備の質が一定で、安心感があります。幅広い車種に対応しています。

カー用品店: 2万~6万円

料金がリーズナブルで、カー用品を扱っているだけあって部品やオイル類を細かく指定できるのもメリットです。

ガソリンスタンド: 2万~6万円

手軽さと金額の安さが売りです。24時間受付をしている店舗もありますので、日中忙しい方でも利用できます。ただし、店舗によって点検整備の質にムラがあります。また、代車を用意していない場合も多いです。

法定費用

法定費用には自動車重量税、自賠責保険料、印紙代が含まれます。法定費用はその名の通り、法律で金額が決められていますので、どこで車検を受けても金額は同じです。

ここで、車種別の法定費用を見てみましょう。なお、自動車重量税、自賠責保険料は2年分の金額です(自家用乗用車は初回以降2年ごとに車検を受けるため)。

軽自動車

自動車重量税6,600円、自賠責保険料25,070円、印紙代1,400円

小型乗用車(1.0t以下)

自動車重量税16,400円、自賠責保険料25,830円、印紙代1,700~1,800円

中型乗用車(1.5t以下)

自動車重量税24,600円、自賠責保険料25,830円、印紙代1,700~1,800円

大型乗用車(2.0t以下)

自動車重量税32,800円、自賠責保険料25,830円、印紙代1,700~1,800円

大型乗用車(2.5t以下)

自動車重量税41,000円、自賠責保険料25,830円、印紙代1,700~1,800円

※エコカーの減税措置や、新車登録から13年以上経過している車の増税措置を考慮に入れていない金額です。
※印紙代は認証工場での金額で、5ナンバーの車は1,700円、3ナンバーの車は1,800円となります。指定工場の場合、車種に関係なく1,200円(オンライン申請の場合は1,000円)となります。
※2018年12月6日時点での情報です。

 

車検の金額を少しでも安くする方法はある?

車検の金額を安く抑えるためにどんなことができるでしょうか?車検の金額を安く済ませるには、複数の車検業者から見積もりをとって、金額が安いところを選ぶことができます。

でも、たくさんの車検業者が存在しますので、1件1件依頼して見積もりをとっていたら、時間がかかり過ぎてしまうでしょう。そこで、インターネットを活用することができます。「カーセンサー」や「EPARK車検」といったサイトでは、自宅からの距離が近い車検業者から一括で概算の見積もりをとることが可能です。

インターネットで概算の見積もりをとれば、どこの業者の金額が安いのかが大体分かりますので、この段階で数件の業者に絞りましょう。次に、その数件の業者に実車見積もりをとってもらいます。

正式な見積もり書を提示してもらったら、今度は値引き交渉をしてみましょう。他社での見積もり結果を引き合いに出しながら交渉すると効果的です。そして、最終的に一番金額が安いところ、もしくはコストパフォーマンスに優れているところを選びます。

このような方法で、車検の金額を安く抑えられます。

ディーラーは金額が高めですので、金額を重視する場合には最初から選択肢から除外できるでしょう。しかし、サービスの質や安心感を重視してディーラー車検にこだわる方もいます。では、ディーラー車検の金額を安くするにはどんなことができるでしょうか?

ディーラー車検は、車検を受けるタイミングで安くなることがあります。狙い目は3月と9月です。なぜなら、それらの月は決算期だからです。3月と9月には売上を多くするために車検目標も多めに設定されており、その時期に車検の見積もりをお願いすると、金額を安くしてもらえることがあります。

ただし、車検には有効期限が決められているため、3月と9月に車検を出すのは難しいという方も多いでしょう。その場合には、月末を狙うのがベストです。売上は月単位で計算されますので、その月の売上を増やすために、車検の金額をサービスしてもらえる可能性があるのです。

 

カーリースなら車検金額も含まれて安心!

今回は、車検金額の相場や内訳について詳しく見てきました。車検にはそれなりの金額が必要になりますので、車検の度にお金のやり繰りでストレスを感じている方も多いことでしょう。

そこでおすすめなのが、今注目されているカーリースです。カーリースであれば毎月定額のリース料に車検の金額も含まれているため、車検のタイミングでお金を別に用意するという必要はないのです。

また、車検の有効期限が近づくとカーリース会社が連絡してくれますので、車検を忘れてしまう心配もありません。さらに、車について心配なことは何でもカーリース会社に相談できますので、車にあまり詳しくない方でも安心して利用できます。

あなたも、車検金額が料金にコミコミになっているカーリースで、便利で安心のカーライフを送ってみてはいかがでしょうか?

人気カーリースを見る

関連する記事

車検で失敗しないために…車検ではどんな項目が検査されるのかを知っておこう!

車検で車の検査が行われることは知っていても、具体的にどんな項目が検査されるのかは知らない方も多いのではないでしょうか?しかしながら、車検の検査項目を知っておくことにはいろいろなメリットがありますので、今回の記事では、車検で検査される項目について徹底解説します!

車検を受けるなら事前の準備は確実に!自動車税の納税証明書は必要?

初めて車検を受ける場合、このような悩みをお持ちの方もいらっしゃるでしょう。また、久しぶりの車検で、用意するものを忘れてしまった方もいるかもしれません。そこでこの記事では、車検を受ける際に必要なものについて解説します。中でも、納税証明書は平成27年度から扱いが変わっていますので、特に詳しく説明していきます。3分程度で読めますので、ぜひ参考にしてくださいね。

カーリースでも車庫証明は必要!ケースごとに取得する流れを解説します!

カーリースも通常の購入時と同じように車の保管場所を届け出る必要があります。一般に「車庫証明」と言われるものですが、どのように取得すれば良いのでしょうか?また軽自動車でも車庫証明は必要なのでしょうか?今回はカーリース契約をする際の車庫証明について解説をします。