カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

車高は何センチあれば車検に通すことができる?知っておきたい注意点をご紹介

車検では車高(最低地上高)がどれくらいあるかを検査されます。では、車高は何センチあれば車検に合格できるのでしょうか?今回は、車高についての注意点をご紹介します。

車検の基準では車高は9センチ以上の高さが必要とされている

車は、車高が保安基準である9センチ以上ないと車検に合格することはできません。検査員によって車高の測り方が違っては困りますから、以下の条件を守って計測することがルールで定められています。

・車に誰も乗っていない状態で測る
・前輪の真ん中と後輪の真ん中の間の部分の地上高を測る
・エアロパーツなどは計測の対象から除外する

3番目の条件にある通り、エアロパーツは車高の計測に含まれません。エアロパーツはあくまで付属品であり車自体がそれによって下がることはないからです。ただし、エアロパーツが地面から5センチ以上の高さにあること、樹脂製であること、ライト類が埋め込まれて一体化されていないことが条件となります。

これらの条件を1つでも満たしていないと車検で不合格になってしまいますので、エアロパーツを付けている場合は気をつけましょう。

また、エアロパーツ以外にも計測の対象とならない部分がいくつかあり、タイヤと連動して上下する部品の下端、自由度を有するゴム製部品、サスペンションなどの足回りは、基本的に車高とはみなされません。

 

車検では実際どのようにして車高を計測しているの?

実際に車検ではどのようにして車高が測られているのでしょうか?

当たり前の話ですが、前の項目でご紹介した3つの条件をしっかり守って計測します。その上で、車体の中で最も低そうな部分を計測します。機械を使って厳密に測定するわけではなく、検査員が手作業で測ります。

計測される部分で最も多いのが、マフラーとリアデフの部分です。特にマフラーを社外品と交換した結果、その部分の高さが9センチ未満となり、車検で引っかかってしまうというケースが多く見られますので、気をつけましょう。

 

車高が9センチ以上あっても車検に通らないケースもある

ここまで、車検に通るためには車高が9センチ以上必要であることについてご説明してきました。

昔は、車高が9センチ以上あれば車高の項目は必ず合格となりましたが、実は今は法律が改正されて、車高が9センチ以上あっても不合格になってしまうケースがあります。その例外的なケースはフォグランプが付いている車に生じることがあります。

具体的に説明しますと、新車の初年度登録が平成18年以降の車は、車高が9センチ以上あったとしても、フォグランプのレンズの一番下の部分が地上から25センチ以上ない場合、車検に通りません。ちなみに、新車登録が平成17年以前の車の場合は、車高が9センチ以上あれば、フォグランプの位置に関係なく車検に合格することができますので、特に気にする必要はないです。

車高が9センチ以上あっても不合格になってしまう例外的なケースは他にもあります。平成18年度以降に初年度登録になっている車は、リアバンパーの反射板のレンズの下側が地上から35センチ以上ないと、車検に通らないことになっています。

このような例外的なケースは、車高を変えるようなカスタマイズや改造を車に施している場合にのみ生じ得ます。新車登録が平成18年以降の車の車高を低くした方は、車高が9センチ以上あるかどうかだけではなく、フォグランプとリアバンパーの反射板の高さもよく確認しましょう。

 

カーリースした車の場合、車高を変えるなどのカスタムは可能?

今回は、車検の車高についての保安基準について詳しく見てきました。

車の車高をカスタムで低くするユーザーは少なくありません。車両の重心を下げて走行性能を追求するため、また車の見栄えをよくする(車高が高い方が格好いいと思う人もいる)ためです。自家用車の場合、保安基準の範囲内であれば、車高を低くするなどのカスタムや、改造をするかどうかは当然、車の持ち主の自由ですね。

では、カーリースした車はカスタムしてもいいのでしょうか?結論から言いますと、カーリースした車のカスタムは原則としてNGです。なぜでしょうか?その理由を理解するためには、カーリースの仕組みを把握する必要があります。

カーリースは、ユーザーが選んだ車をカーリース会社がディーラーから購入して一定の期間貸し出してくれるサービスです。ユーザーは車を貸してもらう代わりに、毎月リース料をカーリース会社に支払います。契約期間は3年、5年、7年などの長期にわたるのが一般的で、ユーザーはカーリースした車をまるでマイカーのような感覚で利用できます。ただし、カーリースの車の所有者はあくまでもカーリース会社であり、ユーザーは車の使用者という扱いになります。

カーリースした車のカスタムが基本的に許されていない理由は、「車の所有者がカーリース会社である」という点にあります。車は「借り物」ですから、ユーザーは契約期間満了時に車を契約時と同じ状態で返却しなければなりません。しかし、もし契約期間中に車を改造したりカスタムしたりしてしまうと、車の原状回復が困難になってしまう可能性があるため、多くのカーリース会社は車のカスタムを禁止しているのです。

もちろん、カップホルダーを付ける程度の、簡単に取り外しができるカスタムであれば、何の問題もないでしょう。また、それよりも大きなカスタムであっても、原状回復が可能な範囲であればOKな場合もあります。いずれにしても、車の改造やカスタムがどこまで許されるかは、カーリース会社によって異なりますので、契約の際に確認することをおすすめします。

では、カーリースの車の車高を変えるのは許されるでしょうか?車高を低くすると、路面のデコボコや突起物、段差などを通過する時に車体の底を擦り、車がダメージを受ける可能性が高くなってしまいます。さらに、車高を上げると、高速走行時に風の影響を受けやすくなったり、近距離の視界が悪くなったりして、事故につながるおそれがあります。このように、車高を変えるというのは、車の状態や車の運転に大きな影響を与えるカスタムです。そのため、ほとんどのカーリース会社は車高の変更を許可していないでしょう。

どうしても車高を調整したいのであれば、カーリースを利用するのではなく、車を購入するという方法があります。もしくは、残価設定がなくて契約満了時に車が自分のものになる(車を返却しなくてよい)カーリースではカスタマイズが自由な場合もありますから、そうしたサービスを利用することもできます。

ただし、契約満了まで利用せずに途中で車を返却した場合(カーリースの契約は基本的に中途解約できないが、契約から一定の年数経過などの条件で車を途中で返却できるプランも存在する)には、カスタマイズをした分だけ車の価値が下がってしまい、別途請求を受けることになってしまうこともありますので気をつけましょう。

人気カーリースを見る

関連する記事

ズバリ検証!年金受給者はカーリースの契約が可能?

高齢者の方も、お出かけやお買い物など、車を必要とする場面は多くあることでしょう。ですが、車を新しく買うにも、維持するにもお金がかかるので、年金受給者の高齢者にとって、車を持つという選択はなかなか難しいものです。 また、車は日々安全機能や性能など進化を続けているので、機能などを使いこなすことも年金受給者の高齢者の方には難しい要素のひとつです。新しい車を乗りこなせなければ、かえって危険も増えてしまいます。 そこで便利なサービスが、カーリースです。初期費用などの大きな出費がなく、車の維持もほとんどおまかせできます。今回は、年金受給者の高齢者の方に向けて、ずばり年金受給者でもカーリースの契約が可能であるのかをご説明していきます。

カーリースなのに車がそのまま貰えるって本当?

カーリースはイメージとしては車を借りるという形になるのですが、そのリースした車を貰って、マイカーにすることができるということを皆さんはご存知ですか。 「カーリースなのに車が貰えるってどういうこと?」と思ったかもしれませんが、カーリースではこのような仕組みが存在しています。今回は、カーリースで車がもらえる仕組みや、車を貰うための手続きなどを詳しく紹介していきます。

カーリースは利点がたくさん!?カーリースの仕組みから注意点、メリット・デメリットまで細かく解説!

カーリースには様々なメリットや利点があり、それゆえに人気を集めています。今回はカーリースの利点について、徹底解説します。また、カーリースには利点もある一方で注意点やデメリットもあります。その点についてもご説明しますので、参考になさって下さい。