カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

軽ワンボックスカーでキャンプに行こう!月1万円以下で軽ワンボックスをカーリースする方法

キャンプなどのアウトドアにもってこいの軽ワンボックスカーは、カーリースでも乗ることができます。今回は、軽ワンボックスカーのメリットや、カーリースで軽ワンボックスカーを利用する方法などをご紹介します!

軽ワンボックスカーの形状について知ろう!

そもそも、軽ワンボックスカーとは何でしょうか?

ワンボックスカーとは、四角い箱形のボディのワゴン車もしくはバンのことです。エンジンは床下にあり、フロント部分に独立したエンジンルームがないため、ボンネットがありません(あるとしても極めて短いです)。後方に独立したトランクルームもありません。

軽ワンボックスカーとは、軽自動車の規格で製造されたワンボックスカーのことです。ちなみに、軽自動車の規格は法律で下記のように定められています。

1 全長 3.4m以下
2 全幅 1.48m以下
3 全高 2.0m以下
4 排気量 660cc以下
5 乗車定員 4人以下
6 貨物積載量 350kg以下

 

軽ワンボックスカーのメリットとは?

軽ワンボックスカーのメリットは、軽自動車でありながら、車内空間が広々としていることです。エンジンが床下にあり、その上のスペースを空間として有効活用できるからです。

軽自動車は4人までしか乗車できませんが、4人が座るには非常に余裕のある空間となりますので快適です。また、後ろの席は倒して平らなスペースにできますから、荷物をたくさん積めますし、大人2人が横に並んで寝ることも可能です。

軽ワンボックスカーの別のメリットは、車高が高く、ボンネットがないので、ドライバーの視界が広く確保されて運転がしやすいことです。また、軽ワンボックスカーのドアは多くの場合にスライド式となっているため、狭い場所でも開閉が容易です。

さらに、軽ワンボックスカーは軽自動車ですから税金が安いです。これも大きなメリットと言えるでしょう。

なお、軽ワンボックスカーは、下記のような方たちに向いていると言えるでしょう。

「仕事で車を使う方」

仕事の作業用具を積む人や、仕事で荷物の配送などをしている人にとって、軽ワンボックスカーはとても有用です。

「アウトドア好きの方」

軽ワンボックスカーなら、自転車やキャンプ道具を積むことができます。また、車中泊も可能です。アウトドアにもってこいの車と言えます。

「維持費を安く抑えたい方」

前述の通り、軽ワンボックスカーの税金は安いですので、維持費を抑えることができます。

 

人気の軽ワンボックスカーを紹介!

ここでは、軽ワンボックスカーの中でも、特に人気の高い車種をご紹介します。

「スズキ エブリィワゴン」

商用車の「スズキ エブリィ」を乗用タイプに改良したワゴン車です。室内の大きさは、室内長2,240mm、室内幅1,355mm、室内高1315~1,420mmです。運転席をフロントぎりぎりに設置することで、室内長を長めに確保することができています。自動ブレーキを標準装備していますので、安全性が高いです。燃費性能は16.2km/Lです。

「ダイハツ アトレーワゴン」

商用バンの「ダイハツ ハイゼットカーゴ」を乗用に改良したワゴン車です。居住空間として、室内長2,020mm、室内幅1,285mm~1,310mm、室内高1,350mmを確保しています。全車にターボエンジンを搭載しています。燃費は15.2km/Lです。

「ダイハツ ハイゼットカーゴ」

長い歴史と高い人気を誇る商用バンです。室内長1,820~1,910mm、室内幅1,280~1,315mm、室内高1,140~1,240mmを有しています。上級グレードの「クルーズ」では、パステル調のボディカラーも用意しており、女性にも人気があります。燃費性能は18.8km/Lです。

 

軽ワンボックスカ-は月額1万円以下でカーリースできる!

軽ワンボックスカーはカーリースでも乗ることができます。しかも、カーリースなら頭金なしで月々定額のリーズナブルな料金で利用できます。例えば、「カーコンカーリースもろコミ」(カーコンビニ倶楽部株式会社)では、何と月額1万円以下で軽ワンボックスカーをリースできます!

ここで、「カーコンカーリースもろコミ」の軽ワンボックスカーの料金例をご紹介します。

「スズキ エブリィワゴン PZターボスペシャル ハイルーフ」

9年リースの場合 月々8,316円(税込)、年2回のボーナス月加算額90,720円(税込)

7年リースの場合 月々9,828円(税込)、年2回のボーナス月加算額106,920円(税込)

「ダイハツ アトレーワゴン カスタムターボRSリミテッド SA Ⅲ」

9年リースの場合 月々9,828円(税込)、年2回のボーナス月加算額83,592円(税込)

7年リースの場合 月々9,936円(税込)、年2回のボーナス月加算額108,864円(税込)

※料金は2018年6月20日現在の情報です。料金は変更になる場合があります。

※「カーコンカーリースもろコミ」は、今ならガソリン1ℓあたり20円(毎月最大2,000円)のキャッシュバックキャンペーン実施中です。ただし、キャンペーン2018年9月30日までに、もろコミのWEBサイトまたは販売店よりお申込みのうえ、販売店でご契約の方が対象となります。

このように、カーリースは毎月定額のリーズナブルな料金で利用できます。

今ではWEB上で手軽に申込みができるカーリース会社がたくさんあり、カーリースの申込みや契約はとても簡単にできます。一例として、「カーコンカーリースもろコミ」の利用の流れについて見てみましょう。

1 車種の選択と見積もり額の確認

「カーコンカーリースもろコミ」のWEBサイト内にある「車種一覧」から車を選ぶと、9年リースと7年リースのそれぞれでの月額リース料を確認できます。

2リース期間とオプションの選択

リース期間を選択し、オプションとして「カーアクセサリーセット」(月々税込2,160円)、「メンテナンスパック」(月々税込2,700円)を付けるかどうかにチェックをして、次のページに進みます。

※メンテナンスパックは軽自動車のみに適応となります。

3 申込み

申込みから納車までの流れや注意事項を画面上で確認してから、申込み用のページに必要事項を入力します。

ちなみに「車種一覧」に希望する車がなかった場合は、ページ下部の「備考欄」に、希望するメーカー、車種、グレード、色、メーカーオプション、支払いプランなどを入力することで申込みができます。その後、入力内容を確認して申込みを確定します。

※「カーコンカーリースもろコミ」は国産乗用車全車種に対応しています。ただし、PHV(プラグインハイブリッド自動車)、PHEV(プラグインハイブリッドエレクトリックビークル)、EV(電気自動車)など一部車両は除きます。

4 審査

申込み内容に基づいて審査が実施されます。審査結果は本人のみに伝えられます。

5 契約

審査に通過すると、最寄りのもろコミ販売店について案内してもらえますので、そこに出向いて契約の手続きをします。

6 車両登録・納車

契約の成立後、「カーコンカーリースもろコミ」が車を調達し、車両登録の手続き後、納車してもらえます。なお、車両登録のために車庫証明を用意する必要があります。

契約から納車までに要する期間は通常1~2ヶ月です(人気車や自動車メーカーの生産状況によっては、それ以上かかる場合があります)。

以上が、「カーコンカーリースもろコミ」の申込みから納車までの流れです。非常に簡単ですね。軽ワンボックスカーに興味のある方は、購入だけではなくカーリースの利用も検討してみてください。

人気カーリースを見る

関連する記事

車のリースは個人にもお得?個人向け車リースのメリットとおすすめリース業者のご紹介

近頃、新しい車の利用方法として「個人向けの車のリース」に注目が集まっています。 今までは欲しい車があれば自分で購入する費用や税金などを賄う必要があり、毎月の車にかかる固定費がどうしても高くなってしまうため、車を所有するのを諦めていた人もいるかと思います。しかし、個人向けの車のリースであれば余計な負担を感じることなく、車を使えると人気が出ているのです。