カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

軽自動車の白ナンバーがオリンピックで実現?知っておきたい豆知識

黄色いナンバープレートが印象深い軽自動車ですが、2020年東京オリンピック頃を機に、軽自動車が白ナンバーになるという話を知っていますか?一体どういうことなのか、ここで詳しく解説していきましょう。

軽自動車がオリンピックの時期に白ナンバーになるのはなぜ?

 

2017年4月から「2019年ラグビーワールドカップ」記念ナンバープレートの交付が始まり、続々と多くの軽自動車が白ナンバーになってきています。
さらに2017年10月から「2020年東京オリンピック・パラリンピック」記念ナンバープレートの交付も始まり、オリンピック関連で軽自動車の白ナンバー化が進むと考えられています。

これは「2019年ラグビーワールドカップ」記念ナンバープレート同様、

・軽自動車
・自家用登録自動車
・事業用登録自動車

が取得可能です。

「右上に小さくエンブレムが入った白ナンバー」と「オリンピック・パラリンピックの図柄入り白ナンバー」を寄付金の有無によって選べるため、小さくエンブレムが入ったタイプを選べば目立ちにくく、一見オリンピックと関連しない軽自動車の白ナンバーのように見せることができます。

 

オリンピックにちなんだ軽自動車の白ナンバーの申請・交付期間や交付金は?

 

申請・交付期間はいつ?

オリンピックにちなんだ軽自動車の白ナンバーの申請・交付期間は

・申請期間:2017年9月6日(水)~
・交付期間:2017年10月10日(火)~

とされており、申請期間・交付期間ともに締め切り日は公式発表されていません。

交付開始日以前に申し込みをすると事前申請となるため、「2020年東京オリンピック・パラリンピック」記念ナンバープレートの交付は交付開始日以降になります。
期間限定のため、「絶対に応援したい!」「確実に白ナンバーにしたい!」という熱い気持ちをお持ちの方は早めに申請しましょう。

交付金はいくらかかる?

「右上に小さくエンブレムが入った白ナンバー」は、関東付近で交付金が7,000円前後となっています。
交付金額は地域によって変わるので、下記特設サイトもしくは管轄の運輸支局に問い合わせて確認してください。

・一般財団法人 全国自動車標板協議会 特設サイト:
https://www.graphic-number.jp/html/GKAA0101.html

七色タイプの「オリンピック・パラリンピックの図柄入り白ナンバー」は、上記交付料金に+寄付金1,000円以上で交付されます。
寄付金は東京オリンピック・パラリンピックに向けて、バスやタクシーなどのバリアフリー化に使われますので、是非こちらも検討してみてください。

 

オリンピックにちなんだ軽自動車の白ナンバーの申請方法と取り付け方法

オリンピックにちなんだ軽自動車の白ナンバーの申請は自分でできる

一般財団法人 全国自動車標板協議会が「2020年東京オリンピック・パラリンピック」記念ナンバープレート専用サイトを特設しているので、自分でここから申請ができます。

1.専用サイトで申請します。
2.申請受付完了後、交付金を振り込み、10日前後待ちます。
3.進捗状況を特設サイトから確認、交付となります。

以上が、「2020年東京オリンピック・パラリンピック」記念ナンバープレート取得までの大まかな流れです。オリンピックにちなんだ軽自動車の白ナンバーを取得してみたいとお考えの方はぜひ参考にしてみてください。

一般財団法人 全国自動車標板協議会 特設サイト:
https://www.graphic-number.jp/html/GKAA0101.html

プレート変更の場合は陸運局へ

すでに車を持っていて、プレートだけオリンピックにちなんだ軽自動車の白ナンバー仕様に変更したい場合は、以下の書類を持って陸運局で「変更登録」の手続きを行ってください。

1.車検証
2.印鑑
3.古いナンバープレート
4.希望番号予約済証

4の希望番号予約済証は、陸運局の隣にある希望番号予約センターで希望のナンバーを予約するともらえます。特にナンバーの希望が無ければ、この書類は不要です。

ナンバー変更には

・新しく登録を行う場合
・管轄変更を伴う移転登録、名義変更もしくは引っ越しによる住所変更、変更登録を行う場合
・現在のナンバープレートが汚れた場合、壊れた場合

の条件に該当する必要があるため、ナンバーをそろそろ変えたいという方は確認しましょう。
※自動車ローンが払い終わっていない、所有者と使用者が異なるといった場合はこれらの書類以外に所有者の委任状が必要です。所有者が法人の場合は、登記簿謄本なども必要になるので、事前によく確認しておきましょう。

プレートの取り付けは陸運局で行う

現在のナンバープレートを取り外し、オリンピックにちなんだ軽自動車の白ナンバーに付け替える場合は、陸運局で行う必要があります。
そのためナンバープレートの交付を受けに行くときは、新しいオリンピックナンバープレートを取り付ける軽自動車で向かい、工具も持参し、陸運局で「2020年東京オリンピック・パラリンピック」記念ナンバープレートを受け取ったその場で交換しなければいけません。

 

軽自動車をオリンピックにちなんだ白ナンバーにする上での注意点

料金所で間違われることがある

軽自動車をオリンピックにちなんだ白ナンバーにした際、高速道路や有料道路では軽自動車として正しく認識されますが、有人料金所ではナンバープレートの色で車種を判断しているため、普通自動車と間違えられる可能性があります。
以前、特別仕様ナンバープレートへ変更した軽自動車が有人料金所で間違われ、トラブルになった事例が実際にあります。

字光式ナンバープレートは選べない

字光式ナンバープレートは、数字の部分が光る仕様のナンバープレートですが、残念ながら現時点で字光式の白ナンバーは選べません。

以上、軽自動車の白ナンバー化とオリンピックの関係、申請方法などを解説しました。
この機会に軽自動車への乗り換えをお考えの方や、すでにお持ちの方は「2020年東京オリンピック・パラリンピック」記念の白ナンバープレートで新鮮な気分を味わってみてはいかがでしょうか。

 

 

関連する記事

カーリース利用時に車検を受ける際の必要書類は?確認しておきたいポイントを解説!

車を持っていると必要な手続きの1つが車検です。この車検はどのように行なえばいいのでしょうか。そもそも、車を借りている状態のカーリースでも、使用者が車検を行なわなければいけないのでしょうか。 車検の必要書類など、どのように用意しなければいけないのか正確に知らないという人も少なくありません。「車検の期限が迫ってきたのに必要書類が足りない!」なんてことにならないように、車を持つなら車検についてきちんと把握しておきましょう。

車検を受けるなら事前の準備は確実に!自動車税の納税証明書は必要?

初めて車検を受ける場合、このような悩みをお持ちの方もいらっしゃるでしょう。また、久しぶりの車検で、用意するものを忘れてしまった方もいるかもしれません。そこでこの記事では、車検を受ける際に必要なものについて解説します。中でも、納税証明書は平成27年度から扱いが変わっていますので、特に詳しく説明していきます。3分程度で読めますので、ぜひ参考にしてくださいね。

超長期!9年契約できるカーリースをご紹介!

個人向けのカーリースと言えば、5年くらいの契約期間が一般的です。短い場合で2年や3年、長い場合で7年ほどになります。なお、カーリースの契約期間の年数は車検に合わせて奇数になっていることが多いです。 しかし、中には9年というかなり長い契約期間のカーリースプランも存在します。今回は9年契約のメリットと、おすすめの9年契約のプランをご紹介します。