カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

軽自動車を今人気のリースで乗るってどう!?新車の購入とどちらがお得!?

「車を持ちたい」と考えた時に、以前であれば新車や中古車の購入が主流でしたが、現在ではカーリースの人気がどんどん高まり、利用者が急増しています。その中でも今回は軽自動車のリースについて、新車購入時との比較やオススメのリース業者などをご紹介して行きます。

リースと新車購入の違う点

リースは希望する車種、色、グレードなどをリース会社が契約者に代わってディーラーや販売店から購入し、月々リース料金を支払うことでその車を使用する権利を得ることができるというものです。

 

そのため、捉え方によってはリースも「購入」と言えますが、ここでは便宜上ローンまたは現金一括払いを「購入」として「リース」と区別します。その上でまずはリースと購入との違う点をご紹介します。

《リースと購入の違う点》

(1)所有者と使用者

リースの場合、所有者はリース会社となりますが、使用者は契約者本人です。購入の場合は当然、所有者も使用者も購入者となります。

 

(2)各種保険・税金の手続きや支払い

リースの場合は所有者がリース会社ですので、各種保険や税金の手続きや支払いはリース会社が行います。購入の場合は購入者が自ら手続きや支払いを行います。なお、リースの場合でも任意保険については、契約者が個人で手続きや支払いをするケースがあります。

 

(3)乗り始めの費用

リースは頭金を入れればその分月々のリース料金が安くなるケースがありますが、原則として頭金は不要です。そのため初期費用を抑えて新車に乗り始めることができます。一方、購入の際はある程度まとまった頭金が必要となります。

 

(4)月々の支払い

月々のリース料金はほとんどの業者が定額です。そのリース料金には車両本体価格のほか、リース期間中に必要な「車検代」「自賠責保険料」「自動車税」「重量税」「メンテナンス代」「法定点検代」などが含まれています。そのため月々の支払いが安定し、車検月や4月の税金の支払いなどまとまった出費が必要になることもありません(一部、ボーナス払い併用プランで契約をされた場合はボーナス月加算料金があります)。購入の場合は毎月支払うのはローンを組んだ車両本体価格となり、車検、自賠責保険、自動車税、重量税、その他メンテナンス代や法定点検代などはその都度、支払うことになります。

 

なお、ナンバーはリースでも購入でも、一般の自家用車と同じものが付番されます。リースであっても希望のナンバーを伝えれば取得できます(基本的に有料です)。

 

リースと購入、どちらがお得!?

軽自動車に乗りたいと思った時に、どちらがお得なのでしょうか?それぞれのメリット、デメリットを比較してみたいと思います。

《リースと購入のメリット》

■リース

・まとまった初期費用が不要で乗り始めることができる

・月々の支払いが安定するため家計にもやさしい

・面倒な車検、保険、税金などの手続きや支払いを代行してもらえる

・事故や故障の時にも対応などを一任できる

 

■購入

・ローンが終われば自分の所有物となる

・自由にカスタマイズができる

・走行距離を気にせずに乗ることができる

 

《リースと購入のデメリット》

■リース

・自由にカスタマイズができない

・リース期間中は自分の所有物ではないためある程度気をつけて乗る必要がある

・走行可能距離以内で抑える必要がある(超過すると追加料金が必要)

・全損事故などを起こすと即契約解除のうえ残金をまとめて支払わなければならないケースがある

・原則として中途解約は不可能(解約金を支払うことで解約できるケースも)

 

■購入

・未来の売却価格が予想できない

・購入時に頭金が必要になる

・車検、保険、税金の手続きや支払いを自ら行うしかない

・車検や税金支払いの際の出費が大きい

・事故や故障の時も自分で修理工場などを探さなければならない

 

このような違いがあります。どちらが「得」かということについては、その人が「どんなライフスタイルか」「どんな乗り方をしたいか」などによって異なるため一概には言えませんが、こんな方が向いているという傾向があります。

 

《リースに向いている人》

・車にはあまり詳しくないのでメンテナンスなどを任せたい

・まとまった自己資金はないが、新車に乗りたい

・大きな出費は避けたい

・特にカスタマイズなどしなくても良い

・頻繁に長距離を乗るわけではない

《購入に向いている人》

・好きなようにカスタマイズしたい

・自己資金がある(特に一括なら購入が一番お得)

・自分の所有物にしたい

・車検、税金、保険などの手続きや支払いが苦にならない

・車検時や納税時などの出費も特に問題ない

 

などが挙げられます。メリットやデメリット、向き不向きを自分に当てはめてみると、どちらがお得か見えてくるのではないでしょうか。

 

軽自動車をリースするならここ!オススメのリース業者4選!

ここではオススメのリース業者をご紹介します。

 

《オススメNo.1》

もろコミ(カーコンビニ倶楽部)

いま、ぐんぐん人気を上げているもろコミは、その名の通り、車にかかる費用がもろもろ含まれています。頭金ゼロはもちろんですが「登録時諸費用」「車検基本料」「自動車税」「自動車重量税」「自賠責保険料」なども全て含まれています。さらに「車検基本料金無料クーポン」もついているので、実質タダで車検を行うことができます。7年リース・9年リースからプランを選べる、全国に加盟店があるのも嬉しいポイントです。

 

■その他のオススメポイント

・軽自動車なら月々8,100円(税込)~!

・9年後にはその車が「もらえる」!

・支払いプランを自由に設計できる!

 

《オススメNo.2》

コスモスマートビークル

コスモ石油のカーリースがコスモスマートビークルです。メンテナンスパックが3種類用意されていて、コースによっては最大で月々のガソリン代が1L5円引き(月間100Lまで)という、ガソリンスタンドならではのサービスが魅力です。

 

■その他のオススメポイント

・国家資格を持った整備士が全国のガソリンスタンドにいるので遠出の時も安心!

・メンテナンス時の引き取りが不要(自分で持ち込める)な人はさらにリース料金がお得!

 

《オススメNo.3》

オリックスカーリース

オリックスカーリースは5年、7年、9年のコースが用意されていて、それぞれ2年、5年、7年が経過した時点で自由に乗り換えたり返却ができるようになっています。数年で新車に乗り換えたい人には嬉しいですね。

 

■その他のオススメポイント

・7年、9年リースはリース期間満了後にその車が「もらえる」!

・半年ごとにオイル交換、1年ごとにオイルエレメント交換が実質無料!

 

《オススメNo.4》

フラット7

軽自動車に特化したカーリースを行っているのがフラット7です。7年リースとなり、月々10,000円(税別)から乗ることができます。全国に加盟店があります。

 

■その他のオススメポイント

・リース料金にオイル交換代やフロアマット・ドアバイザー代も含まれる!

・軽自動車専門なので安心!

 

軽自動車は利用しやすい!

今回は軽自動車のリースについて、購入時との比較をしてきました。近年の軽自動車はコンパクトながら燃費や安全性、その他の性能などが飛躍的に向上し、とても利用しやすいタイプと言えるのではないでしょうか。軽自動車のリースを検討している方はぜひ、参考にしてください。

人気カーリースを見る

 

関連する記事

カーリースを利用中に乗り換えたくなったらどうする?乗り換えの流れや便利なサービスをご紹介!

カーリースは便利なサービスではありますが、契約期間が数年間単位で行われるサービスでもあるので、契約期間中の様々な変化に対応できるのか、気になりますよね。特に、契約期間中の車の乗換えは、誰もが気になるところでしょう。今回は、カーリースの利用中に乗り換えをしたくなった場合に、どのような選択肢が考えられるのかまとめていきます。

おすすめの7年契約のカーリースプランをご紹介!

カーリースの契約期間はリース会社や契約プランによって様々な種類があります。 1ヶ月単位で契約できる短期のカーリースもあれば、7年や9年などの長期にわたるカーリースもありますので、自分のライフスタイルに合わせて契約期間を選択することができます。 今回の記事ではおすすめの7年契約のカーリースプランをご紹介していきます。