カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

軽自動車を白ナンバーに変更できる!その方法を徹底解説!

あなたは軽自動車の黄色いナンバーを白ナンバーに変更できるのをご存知でしょうか?「そんなことできるはずがない」と言う方もいるかもしれませんが、実は今、期間限定で変更が可能になっているのです。実際に2017年4月から既に、特別仕様に変更できる軽自動車の白ナンバー交付が始まっています。

特別仕様の軽自動車の白ナンバーとは?

特別仕様に変更できる軽自動車の白ナンバーとは、2019年のラクビーワールドカップの日本開催支援と、2020年開催の東京オリンピック・パラリンピックを応援するためのキャンペーンで交付されるナンバーのことです。「ラグビーワールドカップ2019」特別仕様のプレートと「東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会」特別仕様のプレートが用意されています。

この特別仕様のナンバープレートは、どちらとも白色をベースに作成されています。そして、普通車の自家用車及び事業用車に加えて、軽自動車の自家用車も対象になっていますので、申し込めば軽自動車の黄色いナンバーを特別仕様の白ナンバーに変更することが可能になっているわけです。ちなみに、白ナンバーに変更しても軽自動車は軽自動車ですので、税金が上がることはありません。

では、この特別仕様の白ナンバーは具体的にどのようなデザインなのでしょうか?

「ラグビーワールドカップ2019」特別仕様のプレートには「寄付金なしのプレート」と「寄付金ありのプレート」の2種類があります。どちらのプレートにもピンク色の四角いエンブレムが右上に入りますが、1,000円以上の寄付をすることによって交付してもらえる「寄付金ありのプレート」にはエンブレムに加えてラグビーボールをイメージしたデザインが左端に追加されます。

「東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会」特別仕様のプレートも「寄付金なしのプレート」と「寄付金ありのプレート」の2種類が用意されています。どちらの場合もオリンピックとパラリンリックのエンブレム入りのプレートが2枚1組で交付されます。車両の前後面にどちらのエンブレムのナンバーを取り付けるかは任意です。1,000円以上の寄付をすることによって交付してもらえる「寄付金ありのプレート」には光を多彩色で表現したデザインが追加されます。

デザインを実際に目で見て確認したい方は「図柄ナンバープレート申込サービス」のサイトをご覧ください。このような特別仕様のナンバープレートが交付されるのは日本では初めてのことです。とても面白い企画ですね。

 

軽自動車を特別仕様の白ナンバーに変更する方法は?

特別仕様の白ナンバープレートの申込の受付と交付はすでにスタートしています。

 

「ラグビーワールドカップ2019」特別仕様のプレートの申込期間は2017年2月13日から2019年11月29日までで、交付期間は2017年4月3日から2020年1月31日までです。

「東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会」特別仕様のプレート申込期間は2017年9月4日から2020年9月30日までです。交付期間は2017年10月10日から2020年11月30日までです。

 

特別仕様の白ナンバープレートへの変更手続きには「交換による手続き」と「希望ナンバーによる手続き」の2種類があります。「交換による手続き」では現在のナンバープレートの番号等を変更することなく特別仕様のプレートと交換できます。「希望ナンバーによる手続き」では現在のナンバープレートの数字を自由な番号に変更することができます。ただし一部の番号は抽選となります。

どちらの手続きも、先ほどご紹介した「図柄ナンバープレート申込サービス」のサイトで行なうことができます。このサイト上の申し込みフォームから必要な項目を記入して、料金を振り込めば申込完了です。車検証の情報も記入する必要がありますから、手元に車検証を用意しておきましょう。

交付料金は軽自動車の場合は7,000円くらいですが、各地域によって多少異なります。寄付をする場合は1,000円以上の金額が追加で必要になります。ちなみに寄付金は、公益財団法人日本デザインナンバー財団が管理し、交通の利便性の向上等の大会開催を支援する事業に充てられるそうです。

申込を受け付けてからプレートの生産を行ないますので、プレートが出来上がるまでに10日間程度必要です。プレートが出来上がり、交付可能になったら、サイトから交換申請書をダウンロードおよび印刷して、その他の必要書類と共に予約センターに軽自動車検査協会事務所に持っていきます。軽自動車検査協会事務所での手続き完了後、予約センター窓口にてナンバープレートを交付してもらえます。

では「ラグビーワールドカップ2019」や「東京2020オリンピック・パラリンピック」の開催が終了した後、変更した特別仕様の軽自動車の白ナンバープレートはどうなるのでしょうか。車を買い替えない限り、継続して使用することができます。しかし、買い替えた場合は通常の黄色に変更されてしまいます。

 

軽自動車を白ナンバーに変更した場合に起こりうるトラブル

今まで見てきた通り、期間限定で軽自動車を白ナンバーに変更することができるわけですが、国内初の企画ですし、特別仕様のナンバープレートの存在を知らない人も多いですから、トラブルが生じる可能性がないわけではありません。

まず高速道路で、白ナンバーを付けているために軽自動車ではないと勘違いされて、普通自動車の料金を請求されてしまうかもしれません。広く普及しているETCでは番号で識別されますから、誤認されることはないと思いますが、有人ゲートの場合はナンバーの色で料金を判断されるかもしれません。注意するようにしましょう。同様のトラブルは軽自動車と普通車で料金が違う有料駐車場でも起こり得ます。

また、軽自動車なのに白ナンバーに変更しているということで、ナンバー偽造の疑いを掛けられるかもしれません。もし警察に通報されたら面倒です。さらには、物珍しさから写真を撮られてSNSなどのネット上の媒体にアップされてしまうかもしれません。個人情報の流出となりますのでこれもまた厄介ですね。

以上のことが起きる確率は低いですが、可能性として、念のために頭に入れておくようにしましょう。

 

おわりに

今回は、軽自動車を白ナンバーに変更する方法などについて見てきました。白ナンバーの軽自動車に乗るというのはとても珍しい経験です。軽自動車を持っている人の中には「是非変更してみたい!」と思った方も多いのではないでしょうか。

また現在、軽自動車を持っていない場合は「これを機会に白ナンバーの軽自動車を購入しよう」と考える人も中にはいるかもしれません。

一歩で、「軽自動車の購入はハードルが高い」と感じる人はどうしたらよいでしょうか。皆さんもご存知の通り、その場合にはカーリースという方法があります。白ナンバーに変更したうえで軽自動車をリースするサービスを行なっている業者もありますから、利用を検討してみてはいかがでしょうか?

人気カーリースを見る

関連する記事

カーリースは頭金ありのローンと何が違う?契約前のチェックポイントを徹底解説!

個人向けのカーリースが増えつつあり、ライフスタイルに合わせたカーリースでの車の所有といった、新しい車の乗り方が提案されています。カーリースを利用する上で、メリットとなるのがコスト面ですが、カーリースと頭金ありのローンはどう違うのでしょうか。今回はカーリースと頭金ありのローンの違いや、契約前のチェックポイントを解説します。

カーリースを利用する場合、保険はどうする?

車を長期間借りてマイカーのような感覚で楽しめるカーリースサービスですが、長い期間に渡って車を利用する分、事故のリスクもそれなりにありますよね?そのため、カーリースを利用する場合には保険についてもよく考える必要があります。ここでは、個人でカーリースを利用する場合の保険についてまとめてみました。

スポーティさが魅力!カーリースを利用してBMWに乗ろう!

近年、カーリース市場が拡大しています。カーリースについて、なんとなく知っている人は「車を借りるサービス」という程度の認識かもしれません。しかし、最近のカーリースではなんと人気の外車を選択することもできるのです。今回はそんな数ある外車のなかでも多くの人に愛されているBMWのカーリースについてご紹介します。

カーリースでナビ付きの車を利用したい!後付けもできる?

カーリース会社を選ぶ上で重要となるのは、料金や利用できる車種だけではありません。車本体だけではなく、付属品のオプションについても悩むところでしょう。特に、車に乗る上で必須のカーナビについては、オプションで付けるかどうかは特に悩みますよね。今回はカーリースでカーナビを利用する場合についてまとめていきます。

ホンダN-BOXのグレードを比較!迷ったときにおすすめのグレードは?

軽トールワゴン市場を牽引するホンダN-BOXは、さまざまなグレードが用意されています。いざ選ぼうとするとグレードに迷ってしまうかもしれません。そこで今回は、ホンダN-BOXのグレードを比較するとともに、迷ったときにおすすめしたいグレードも紹介します。ぜひ参考にしてください!