カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

高級車のカーリースでお得に憧れの車に乗ろう

独身時代や結婚して子供が生まれる前、あるいは子供が大きくなり夫婦2人だけの生活に戻ったときなど、憧れの車に乗りたいなという方もいるのではないでしょうか。特に男性はスポーツカーや外車などの高級車に1度は乗ってみたいという願望があると思います。そんな憧れの車にお得に乗れることが出来たら嬉しいですよね。ここでは高級車のカーリースについてご紹介します。

タイトルアイコン

憧れの車も頭金0・毎月定額で乗れる!

毎月定額・頭金不要といったカーリースの仕組みを利用すれば、普通に購入するよりもお得に高級車が手に入ることも!上手にカーリースを利用して、憧れの高級車で優雅なカーライフを送ろう!

カーリースの仕組みとは

カーリースとは、長期契約によりリース会社より車両の賃貸しを行うことです。リース会社と契約した一定期間を月々決まったリース料金を支払っていくことになりますが、このリース料金の中には、車両代の他に、税金や保険料、車検代なども含まれています。

リースには車両購入時同様に「新車」と「中古車」の2つから選択することが可能です。

・新車カーリースの場合

リース会社が自動車ディーラーから車両を購入し、ディーラーが契約者の元に納車を行います。契約者は月々の支払いをリース会社に行います。契約する車両は、車種・色・グレードなど好きなものを選べます。

・中古車カーリースの場合

ほとんどの場合が、レンタカーとして使用されていた車両や、自社管理のリースで使用されていた車両を、しっかりとメンテナンスやクリーニングをしたうえでリース車両として提供されます。レンタカーや、自社管理のリースで使用されていた車両は普段からこまめにメンテナンスを受けているため、安全面でも問題ありません。新車に比べてリース料金がお得なこともあり、中古車リースを利用する方も多いです。

 

カーリースとレンタカーの違い

前項でも説明した通りカーリースは「借り物」になりますが、同じ借り物でもレンタカーとは少し仕組みが異なります。

・レンタカーの場合

レンタカーの一番の特徴は、ナンバーが「わ」もしくは「れ」で登録されており、他人から見ても一目でレンタカーだと判断することが出来ることです。レンタカーで提供される車両は不特定多数に貸し出され、最短10からレンタルすることが可能です。業者によっては1年間などの長期レンタルも可能ですが、その料金は割高になるでしょう。

一晩だけ高級車に乗って特別な時間を過ごしたい、高級車の乗り心地を1度だけでもいいから味わいたいといった方にはレンタカーがおすすめです。

・カーリースの場合

レンタカーとは異なり、リース車両のナンバーは個人で所有している車両同様にナンバーが振り分けられるので、他人からも「借り物」だということは分かりません。要望があれば、希望するナンバーを取得することも可能です。

独身時代は好きな車に乗りたい!安く高級車に乗りたい!高級車を一度は所有してみたい!といった方にはカーリースがおすすめと言えます。

 

カーリースにはどんなメリットがあるの?

車を購入する際、一括で支払うには数百万円が必要です。そのため、多くの人がローンを組んで購入するという選択をしていると思います。特に、高級車だと総額数千万円なんてこともザラですので、気軽に手を出せるものではありません。

また、車を購入した後にライフスタイルが変わって、もっと大きい車が欲しくなった、他の車両が気になり始めたりしても、泣く泣く同じ車に乗り続けている方も多いのではないでしょうか。

しかし、カーリースであれば3年や5年などで乗り換えが可能となりますので、高級車や外車、気になる車など気軽に手を出せるようになったのです。その時々のライフスタイルに合わせて、好きな車を所有できるカーリースには他にも様々なメリットがあります。

 

・初期費用が抑えられる!

車を購入する際にはローンで購入するケースが多く、購入時には頭金を用意するのが一般的です。カーリースなら、頭金はもちろん、登録料・保険料・税金など車両代とは別にかかる初期費用を準備する必要がありません。。

 

・維持費や、メンテナンスの手間がかからない!

車を持つと、毎年の税金や、定期的な車検など、まとまったお金が必要になるタイミングがあります。そのために、あらかじめ積立をしておいたり、やりくりが必要になったり、家計の管理が非常に面倒です。カーリースの月々の利用料金には、各種税金や車検代やメンテナンス費用が含まれているので、急にまとまったお金が必要になることはありません。特に、高級車や外車の場合はメンテナンス費用が割高になっていたり、メンテナンスできる工場が限られていたりと大変なことが多いですが、工場なども一任できるので安心です。

 

・憧れの高級車にも気軽に乗れる!

カーリースの場合、契約年数に合わせてあらかじめ残価を設定をします。残価とは、契約終了時の車の査定額になります。カーリースで支払う価格は、本体価格から、残価を差し引いた金額を支払っていきます。つまり、乗る年数分だけ支払えばいいので、車両を購入するよりも月々の支払い額が割安になります。諦めていた高級車も、カーリースなら毎月の予算内で叶えられるかもしれません。

 

・ライフスタイルの変化に合わせて乗り換えが可能

結婚や子育て、転勤などライフスタイルの変化によって最適な車の種類が変わってくる場合がありますよね。夫婦2人だったら、スタイリッシュなミニバンやセダン、高級車も良いけれど、子供が産まれたら、広いワンボックスカーなどが便利という声もよく聞きます。急な転勤が決まって、車に乗増えたから燃費の良い車にしたい。など、カーリースであれば、ライフスタイルの変化に合わせて乗り換えが可能です。最短1ヶ月からのリースもあるので、気になっている車を乗り比べてみたり、使用用途は様々です。

 

・リース料は全額経費として経常できます。

車両を購入すると、固定資産となり固定資産税がかかります。カーリースの場合、賃借料として計上することができ、リース料に含まれる税金、車検料なども全額経費として計上することができます。

 

高級車のリースを扱う業者一覧

お気に入りの高級車もカーリースなら気軽に、比較的安価で乗り始めることが可能です。

ここでは、高級車専門のカーリース業者をご紹介します。

 

ヤナセオートリース

ヤナセ認定中古車全車両を取り扱いしており、憧れのメルセデスベンツ、アウディ、フォルクスワーゲンなどがリースでます。高い技術と豊富な経験を備えたメカニックと第三者検査専門機関の検査によって、徹底的な機能点検とボティチェックを実施し、高い安全性が保証されています。

 

■ガリバー「NOREL

中古車販売実績NO1のガリバーが運営する中古車リースサービスです。常時10,000台以上あるガリバーの在庫に基づいた豊富なラインナップが魅力。メルセデスベンツ、BMW、レクサス、ジャガー、アウディ、ポルシェなど高級車も多く取り揃えられています。

NORELの特徴は、月額39,800円(税別)〜の月額定額制で、高級車からミニバンまで100種類以上のラインナップの中から最短90日で乗り換え可能!子供の夏休みにはSUVでキャンプに行ったり、スポーツカーを乗り比べてみたり、特別な日には高級車でドライブ…などシーンに合わせて自由に車を乗り換えることができます。また、各種税金、車検のほか、対人、対物、人身傷害保険も込みなので、安心してカーライフを楽しむことができますね。

 

プレミアムカーリース

エルグランド、スカイライン、シーマ、フーガ、フェアレディZなど、プレミアムな車両のリースが可能です。リース契約から、車両調達、メンテナンスなどすべてを東京日産が行うことで、他社には真似できないリーズナブルな価格が実現。リース期間や走行距離など、ライフスタイルに合わせて選ぶことができます。

人気カーリースを見る

 

関連する記事

カーリースで知っておきたい基礎知識!返却時に傷がある場合の対処法について解説

車に乗っていると、知らないうちに傷がついていたりすることがあります。マイカーの場合はそのまま放置したり、自分で修理したり、行きつけの修理工場に持ち込んだりとその対応も自由ですが、カーリースの場合はどうすればいいのでしょうか。 カーリースの契約満了時、車を返却する際に傷があったらどうすればいいのか、ここではその対処法について徹底解説します。

カーリースの月額料金はどれくらい?

車を長期間借りられるカーリースのサービスが人気を呼んでいますが、カーリースの月額料金はいくら程度が相場なのでしょうか?大手カーリース会社の「コスモスマートビークル」の公式サイトで月額料金を軽自動車と普通自動車に分けて調べてみました。 メンテナンスプランは一番オーソドックスな「シルバーパック」に、走行距離制限は「1,000km/月」に設定しました。頭金やボーナス払いは「なし」です。

日本の車検費用はなぜ高い?費用の内訳や車検を安く済ませる方法をご紹介!

自動車検査登録制度を採用する日本で車を維持するには、一般的に車検と呼ばれる「自動車検査車検」を受け、合格する必要があります。車検は国土交通省が定める安全基準などを基に行われ、基準をクリアしない場合は合格することができません。 車の安全性能を高いレベルで保つために、定期的な車検は有意義な存在だと言えますが、費用が高いことがネックであり、車検対策に頭を悩ませる方は少なくないと言えるでしょう。 国内で車を維持するために避けて取ることができない車検の仕組みや、費用が高い理由、高い車検費用を抑える方法などを紹介します。