カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

2tトラックをカーリースすることは可能?トラックの維持費やカーリースを法人利用することのメリット・デメリットについて

カーリースでは、たくさんの車種から車を選んで利用することができます。では、2t車などのトラックをカーリースすることは可能なのでしょうか。2tトラックをカーリースするのは購入するよりもメリットがあると言えるのでしょうか?

2tトラックの維持にかかる費用

まず、2tの維持にはどれくらいの費用がかかるのかを見てみましょう。

車検(年に1回)

2tトラックを含め、トラックは毎年車検を受けなければなりません(8t未満のトラックの場合、初回の車検は新車登録時から2年後になります)。

車検時に必要になる費用は、車検時に支払う自動車重量税や自賠責保険料も含めると、大体15万円~30万円程度くらいになります。費用に幅があるのは、車検や整備をどこに依頼するかによって料金は異なるからです。また、どれくらい走行するかによっても必要な整備と料金は変わってきます。

自動車税

 車を所有する人は、毎年4月〜5月頃に自動車税を納めなければなりません。自動車税の金額は、最大積載量が1t超え~2t未満のトラックの場合、営業用トラックで9,000円、自家用トラックで11,500円です。

2t超え~3t未満のトラックの場合、営業用トラックで11,200円、自家用トラックで16,000円となっています。これらは、どれもエコカー減税適用前の標準の税額です。

任意保険

任意保険は、年齢や保険内容、オプションなどによって変わりますが、2t車を含むトラックの保険料は、乗用車よりも高めです。だいたい月に30,000円~35,000円くらいで、年間で算出すると約40万円になります。

その他

上記の維持費の他にも、燃料費、高速代、駐車場代などもかかります。トラックは車両に重量があるため、燃費があまり良くありません。最近の2tトラックはカタログで燃費が10km/Lと紹介されていることもありますが、実燃費はそれよりも悪いのでガソリン代はかさみます。

維持費のまとめ

2tトラックの維持費について考えてきました。トラックを動かすにはかなりの維持費がかかることが分かりますね。最低でも年間で100万円はかかるでしょう。それに加え、数百万円の車両代のローンも支払っていかなければなりません。このように、トラック1台を動かすためには、それなりの資金が必要なのです。

 

2tトラックをカーリースすることは可能?

トラックの購入・維持には大きな費用がかかることが分かりました。

会社を設立して間もない段階で資金にあまり余裕がない場合などに、トラックの購入や維持のために大きな費用が発生してしまうと、その後の事業計画にかなりマイナスの影響が及んでしまうかもしれません。

このような理由から、2tトラックを購入するのではなく、カーリースするというのも1つの方法です。そもそも、2tトラックはカーリースで利用できるのでしょうか?

幸い、2tトラックをカーリースしている業者はいくつかあります。2tトラックをカーリースしている業者は後ほどご紹介しますが、ここでは2tトラックのカーリースの料金のおおむねの相場をご紹介したいと思います。

2tクラスの新車の小型トラックの月々のリース料金は、5年契約ですと5万円~8万円くらいとなっているようです。もちろん、車種や契約内容によっても料金は変わってきますが、カーリースでは月々上記のような料金で2tトラックに乗ることが可能です。

 

法人が契約で2tトラックをカーリースするメリット・デメリット

2tトラックは事業用に使用される車ですから、それを個人がカーリースするケースは稀でしょう。ほとんどの場合は、2tトラックをカーリースするのは法人だと思います。そこで、法人が契約で2tトラックをリースするメリット・デメリットをここでご紹介したいと思います。

メリット

大きな初期費用がかからない

カーリースは月々定額のリース料金を支払っていくだけで利用できますので、大きな初期費用が発生するのを回避できます。基本的に頭金の支払いも不要です。

カーリースの料金を全額経費として計上できる

2tトラックを購入すると、車両を資産として計上することになり、固定資産税が発生してしまいます。購入費用は一度に経費として計上できるわけではなく、数年に分けて減価償却しなければなりません。

一方、2tトラックをカーリースした場合は、月々のリース料金全額をそのまま経費として処理するだけで済みますので、事務処理が非常に楽です。特に、メンテナンスリースの場合は、リース料金に車両代だけではなく各種税金や保険料、メンテナンス費用も含まれますので、節税につながります。

※契約の種類によってはカーリースでも資産計上しなければならない場合があります。

支出が安定する

先ほど、2tトラックを購入した場合の車検の費用を見ました。15万円~30万円ですから、それなりにまとまったお金が必要です。車検のタイミングに合わせて計画的にお金を準備しておかなければなりません。

一方、カーリースの場合は車検代や修理代、部品の交換代をリース料金に組み込むことが可能です。月々定額の料金を支払っていけばよいということになりますから、支出が安定して資金繰りがしやすくなるでしょう。

トラックの管理が楽

メンテナンスリースの場合は、トラックの点検や整備をカーリース業者にお任せすることが可能です。特にトラックを何台も使用する場合にはかなりの労力の節約になるでしょう。

デメリット

総支払い額が購入よりも多くなる場合がある

 リース料金にはカーリース業者の利益分が上乗せされています。ですから、購入するよりも支払い額が大きくなる場合があります。特に同じ2tトラックを長く乗り続けた場合、支払ったリース料金の総額が車両価格を超えるくらいになるかもしれません。それでも、車両は自分の物にはならず、返却しなければなりません。

中途解約ができない

契約期間中に2tトラックが不要になったとしても、カーリースの契約は基本的に中途解約ができませんから、リースを続けなければなりません。どうしても契約を終わらせる場合には、高額な違約金が発生しますので、注意しましょう。

 

2tトラックをカーリースできる業者

最後に、2t車などのトラックをカーリースしている業者をいくつかご紹介したいと思いまうす。

住友三井オートサービス

大手のカーリース会社です。車両管理業務やメンテナンスサービスを得意としていますので、2tトラックの管理も安心して任せられます。

リースDeスグのり

トラックの買い取りや販売なども手掛けている「株式会社トラックランド」が展開するリースサービスです。月額料金は高めですが、1年ごとに新車に乗り換えられるプランとなっています。また、解約も1年単位ですることが可能です。

三菱オートリース

全メーカー、全車種を扱っており、トラックのリースも行っています。ファイナンスリースとメンテナンスリースからサービスを選択できます。

このように、2tトラックをリースしている業者はいくつかありますので、必要がある場合には利用を検討してみましょう。
人気カーリースを見る

関連する記事

カーリースの費用についてのまとめ

長期間にわたって車を借りて楽しめるカーリースサービスですが、利用する場合に一番気になるのはその費用です。そもそもカーリースの月々の料金はどのようにして設定されているのか?リース料以外にかかる費用はないのか?カーリースは費用面で本当にお得だと言えるのか? など、ここではそんな気になるカーリースの費用の疑問に答えていきたいと思います。

カーリース車でバッテリー切れや故障を起こしてしまった時はどうする?

カーリースとはカーリース会社所有の車を使用する仕組みです。気軽に新車に乗れる方法として、近年カーリースを利用する人が増えてきています。 しかし車に乗っていればバッテリーがあがったり、故障してしまったりトラブルはつきものです。カーリースしている車が故障した時は注意しなければいけません。カーリースした車の所有者はカーリース会社だからです。 万が一の際に慌てることのないように、カーリースの車のバッテリー切れや故障の際の対処方法を事前に把握しておきましょう。

カーリースは頭金ありのローンと何が違う?契約前のチェックポイントを徹底解説!

個人向けのカーリースが増えつつあり、ライフスタイルに合わせたカーリースでの車の所有といった、新しい車の乗り方が提案されています。カーリースを利用する上で、メリットとなるのがコスト面ですが、カーリースと頭金ありのローンはどう違うのでしょうか。今回はカーリースと頭金ありのローンの違いや、契約前のチェックポイントを解説します。