カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

1か月だけの利用でも大丈夫!短期の車リースについて解説します!

「車リース」または「カーリース」というサービスが最近注目を集めています。今回は1か月のみで利用できる車リースなど、短期利用が可能なサービスについてご紹介していきます。

車リースってそもそも何?

車リースとは、ユーザーが希望する車両をリース会社が期間を定めてユーザーに貸し出すシステムのことです。ユーザーは、リース会社に毎月一定のリース料を払います。

レンタカーは、数日間から数日間車を借りられるサービスですが、車リースはもっと長期に及びます。従来の車リースの契約期間の長さは、一般的には、3年間、5年間、9年間など、数年に及びます。

ただ、今ではもっと短期の車リースのサービスが提供されるようになりました。1年単位や数か月間単位、さらには1か月単位で契約できるサービスもあり、人気を呼んでいるのです。特に1か月単位の車リースは、とても便利だと注目されています。

 

短期の車リースはなぜ人気なのか?

例えば、1か月だけ車を利用したいという場合、従来だとどのような方法が考えられたでしょうか?

一つの方法は、家族や友人から借りる、ということです。ただ、万が一、事故を起こしたり、使用中に故障したりすると、色々とややこしい問題が生じるかもしれません。そもそも、自分が車の必要を感じた時に、1か月間も車を貸してくれる人がちょうど身近にいるという確率はかなり少ないでしょう。

別の方法は、レンタカーを利用するということです。しかしながら、レンタカーは数時間から数日間だけの利用が基本となっていますので、1か月も借りたらかなり高額になってしまいます。

さらに別の方法は、従来の長期の車リースを利用して、1か月で解約するという方法です。しかし、長期の車リースの契約ですと、通常は途中で解約できないことになっており、解約する場合は高額な解約料を支払わなければなりません。よって、この方法も現実的ではありません。

つまり今までは、1か月だけ車を利用したいと思っても、幸運にも車を貸してくれる家族や友人が身近にいた場合を除いて、そうする手段がなかったのです。

そこで、短期間だけ車を利用したいという人のニーズに応える形で登場したのが、1か月など短期の車リースのサービスです。実際に、短い期間だけ車が必要というケースはたくさん挙げることができます。

例えば、家族が病気になるか怪我をするかして、治るまでの間、家と職場や学校の間を車で送迎する必要が生じるかもしれません。また、子供たちの学校の長期休みの間だけ、レジャーに行くのに車を利用できたらとても便利でしょう。

さらに、仕事で一時的に車が必要になることもあります。車を手放したが、新しい車がまだ見つかっておらず、いわゆるつなぎ期間だけ、車種は何でもいいので車が必要という場合もあるかもしれません。

このように考えると、短期間だけ車を利用したいという人が相当数いることは容易に想像できます。そして、1か月単位などの車リースは実際に人気を集めているのです。

 

車リースの利用する場合の注意点とは?

車リースの場合、車両をリース会社より借りることになります。つまり、車両の所有者はあくまでもリース会社です。自分が車の所有者になるわけではありませんので、車の使用に関してある一定の制約があります。契約内容をきちんと理解していない状態で車を使用すると、思わぬトラブルが生じたり、追加料金の請求をされたりする場合があります。

それでは、車リースのサービスを利用する際の注意点を挙げてみます。

まず、カスタマイズができません。車両の所有者はリース会社ですので、契約期間終了後には、車を基本的に最初と同じ状態で返さなければなりません。もしカスタマイズをしてしまったら違約金を請求されるかもしれません。

また、車リースの場合、あらかじめ1か月当たりの走行距離が設定されている場合が多いです。決められた走行距離を超過した場合には超過料金が発生してしまいます。

さらに、車リースは中途解約ができません。中途解約をする場合には、多額の解約金が発生しますので注意が必要です。契約期間中に万一にも大きな事故を起こし、車両が修理できない程に破損してしまった場合は、リース契約は強制的に中断となり、解約金が発生します。

 

1か月単位で契約できる車リースのおすすめ業者はここ!

短期の車リースのサービスを行なっているおすすめの業者をご紹介したいと思います。特に便利な1か月単位での車リース契約が可能な業者に絞ってご紹介していきます。

「ワンコインリース」

ワンコインリースでは、1か月の短期から車リース契約ができます。その名の通り、1日あたりワンコインつまり500円でリースサービスを行なっています。契約時に名義変更費用として38,000円がかかり、定期交換部品代はユーザー側が負担します。全国的に貸出店舗があり、リース契約は貸出店舗と個別に行ないます。

「イチゴカーリース」

イチゴカーリースでは、最短1か月の車リース契約から、月単位での利用が可能です。リース料金は、軽自動車は月々15,000から、普通自動車は月々21,000円からです。初回にのみ、諸費用で軽自動車の場合は22,000円、普通自動車の場合は29,000円かかります。リース料金には車検費用や、税金が含まれています。軽自動車、普通車、商用バン、トラック、福祉車など種類もたくさん揃えており、東京、神奈川、埼玉、千葉などに店舗があります。

「リボーン・カーリース」

リボーン・カーリースでは、月々15,000円から、月々21,000円から、月々27,000円からの3つのコースを用意しています。最短契約期間は1か月です。初回登録等手続き費用として、軽自動車の場合は15,000円、普通自動車の場合は22,000円かかります。軽自動車が中心ですが、普通車やワンボックス、ミニバンなどの車種も選ぶことができ、北海道、東北、東海、近畿、四国と広範囲にサービスを提供しています。

以上、おすすめの業者を見てきましたが、リース料金はどこも15,000円からとしており、とてもお手頃な価格だと思います。

リース料金にはほとんどの場合で、車検、自動車税、自賠責保険料、メンテナンス費用などが含まれているようですが、消耗品の交換費用が含まれるかどうかは業者によって違うようです。

さらに、業者によって名称は様々ですが、どこも初期費用のようなものを請求するようです。その金額は、15,000円から38,000円と開きがあります。1か月など、車リースを短期で利用する場合は、リース料金だけではなく、初期費用も要チェックです。

 

最後に

ここでは、短期の車リースのサービスについて解説してきました。短期の車リースは、1か月などの短い期間だけ車を利用したいというユーザーのニーズをまさに満たしています。

今後も、このサービスを提供する業者は増えていくかもしれません。そうなれば、競争によってさらにサービスが充実するかもしれませんし、価格も下がるかもしれませんね。

1か月だけの利用もOKですので、気になった方は車リースを利用してみてはいかがでしょうか。

人気カーリースを見る

関連する記事

人気急上昇中のカーリース!一方で解決すべき課題も?カーリースのメリットとデメリットを知っておこう

人気の車の利用法として知られているカーリース。車の利用に関する費用に支払い方に特徴があり、カーシェアやレンタカーなどとは異なったメリットがあります。しかし、人によっては、メリットだけではなくデメリットもあり、これに関してはカーリースの解決すべき課題と言えます。今回は、カーリースのメリット、デメリットを取り上げながら、カーリースの持つ課題についてまとめていきます。

カーリースの税務処理は?法人必見・仕分けや会計処理の基礎知識、お得なカーリースも紹介

法人でカーリースを利用する場合、リース料金の仕分けや会計上の処理はどうなるのか、気になるところですよね。税務処理にも関わってきますので、しっかり把握しておくことが大切です。この記事では、法人の税務処理において重要となる、カーリースの仕分けや会計処理について基礎知識を解説するとともに、法人におすすめのお得なカーリースを紹介します。

カーリースには年齢制限があるのか?申し込みで気になる点を徹底解説!

カーリースの利用を検討されている方は多いかもしれませんが、カーリースに年齢制限はあるのでしょうか。未成年はどうなのかという問題もありますし、最近では、高齢者の方の運転に関しても難しい問題になってきていますよね。今回はカーリースを申し込む際の年齢制限について、詳しく解説していきます。

車リースは本当にお得!?新車を購入した時と比較してみた!

近年、カーリースを利用したいという方が増えています。月々の支払いを安く抑えながら新車に乗ることができるカーリースですが、新車をローンで購入する場合と比べるとどちらがお得なのでしょうか?月々の支払いや金利なども含めて比較してみました。カーリースを検討されている方はぜひ参考にしてみてください。

法人・個人事業主の方は必見!事業用でカーリースを使うメリットとは?

昨今、法人や個人事業主の間では自社車両を購入して所有するより、リースで運用しようという選択が定着してきています。それは、いったい何故なのでしょうか? そこで今回は、法人や個人事業主の方必見の事業用カーリースの魅力やメリット、申し込み方法にフォーカスした情報をお届けします。