カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

カーリースで走行距離無制限のサービスはある?

車の走行距離が月間または年間でどれくらいになるかは人それぞれですが、長距離を走る人にとって、「カーリースで走行距離無制限のサービスは存在するかどうか」は気になるポイントでしょう。今回はその疑問にお答えします!

カーリースは走行距離が無制限ではなく、制限が設けられていることが多い

ほとんどのカーリースのサービスでは、走行距離は無制限ではなく、一定の制限が設定されます。例えば、月間500km以内、1,000km以内、1,500km以内、年間6,000km、12,000km、18,000km以内といった具合です。

なぜ、走行距離に制限が設けられるのでしょうか。その理由は、多くのカーリース契約で行われる「残価設定」と関係があります。残価設定とは、契約満了時に車の予想下取り価格(残価)をあらかじめ予測し、車両価格からその金額をマイナスしてリース料を算出することです。

その残価をある程度、正確に予測するためには、カーリースのユーザーがだいたい、どれくらいの距離を走行するのかを把握しなければなりません。走行距離は車の損耗状態に直接影響するからです。このような理由で、走行距離に制限が設けられるのです。

 

カーリースの走行距離制限を超過するとどうなる?

走行距離制限を超過するとどうなるのでしょうか?

走行距離制限が月間または年間で設けられているとしても、毎月もしくは毎年走行距離をチェックされるわけではありません。走行距離制限を超過したかどうかを判断するのは契約満了時です。

走行距離制限が月間であれば「走行距離制限×契約月数」、年間であれば「走行距離制限×契約年数」が実際の走行距離制限となります。走行距離制限が月間や年間で決められているのは、目安として分かりやすいからです。

契約満了時に走行距離制限を超えていた場合には、超過距離に応じて追加料金が発生してしまいます。追加料金の相場は1kmあたり3円~10円くらいです。

さらに前述の通り、カーリースでは多くの場合に残価設定があり、契約満了時には残価精算が実施されます。つまり、返却車両の査定額と契約時に設定した残価との差額精算をするのです。

査定額が残価に届かなければ不足分を請求され、査定額が残価を上回ればキャッシュバックを受けられます。走行距離制限をかなりオーバーしていた場合には、それだけ車が損耗したとみなされ、車の査定額が残価を下回り精算金を請求されてしまう可能性も高まります。

このように、走行距離制限を超過した場合には、追加で料金が発生してしまいます。ですから、走行距離制限があるカーリースを利用する場合には車の走行距離を適時チェックする必要があるでしょう。

 

走行距離無制限のカーリースはこちらがおススメ!

ほとんどのカーリースでは、走行距離に制限があることをお話しました。しかしながら、幸いなことに、走行距離が無制限のカーリースサービスも中には存在します。そんなカーリースサービスをここで2つご紹介します。

オリックスカーリース(オリックス自動車株式会社)

新車のカーリースとして、5年契約の「いまのりくん」、7年契約の「いまのりセブン」、9年契約の「いまのりナイン」の3つのプランを用意しています。また、中古車のカーリースとして「ワンプライス中古車リース」というサービスも提供しています。

「いまのりくん」、「いまのりセブン」、「いまのりナイン」には走行距離制限がありますが、月間2,000kmとゆとりのある設定となっていますので、比較的長距離を走行できます。制限を超過した場合には、超過1kmあたり8円を請求されます。

一方、「ワンプライス中古車リース」は走行距離無制限です。ただし、月間1,500kmを超える場合にはスタッフに要相談となっています。走行過多になると故障リスクが高まるため、リース期間も含めて相談することになります。

「ワンプライス中古車リース」では、修復歴のない状態の良い中古車のリースを行っています。登録済未使用車も扱っています。月々のリース料には、車両本体価格、登録時手数料、登録時車検整備費用、納車陸送費、重量税(期間分)、自賠責保険料(期間分)、自動車税(期間分)が含まれています。

※登録済未使用車とは、まだ使用されていない車であるものの、名義登録済みであるため、法律上は中古車としてみなされる車のことです。主に、自動車販売店がセールス目標をクリアするために、自ら買い取って自社名義で登録した車を指します。

メーカー保証の継承に加えて、独自の「オリックス自動車保証」が無料で付き、消耗品以外の部品は1年間、消耗品(ワイパーブレード、バッテリー、ランプ他指定品目)は1カ月間保証してもらえます。

さらに、特典としてメンテナンスクーポン(車検実施、エンジンオイル交換、オイルエレメント交換)やドライブレコーダーが付きます。契約満了時には車をそのままもらうか、返却するかを選択できます。

リボーン・カーリース(リボーン・カーリース株式会社)

中古車のリースサービスで、北海道、東北、東海、近畿、四国に店舗を展開しています。走行距離無制限ですので、思う存分車の運転を楽しむことができます。

中古車ではあるものの、まだまだ活躍できる車をリースしており、整備や修理の際にも純正のリサイクル部品を使用していますので安心です。最短で1カ月からの短期のリースが可能です。

車種やグレードによって、月々15,000円(税別)~、月々21,000円(税別)~、月々27,000円(税別)~の3つの価格帯を用意しています。リース料には、車両使用料、重量税(期間分)、自賠責保険料(期間分)、自動車税(期間分)などが含まれています。

「初回登録等手続き費用」として、軽自動車の場合は15,000円(税別)、普通自動車は22,000円(税別)かかります。「初回登録等手続き費用」の内訳は、名義変更、登録費用、整備点検費用、エンジンオイル交換費用、各種油脂類の交換、補充費用などです。

 

走行距離の無制限および有限など、それぞれのカーライフに合わせて適切なプランを選ぼう!

今回見てきた通り、ほとんどのカーリースサービスでは走行距離制限がありますが、中には走行距離が無制限のサービスも存在します。ただ、走行距離が無制限のサービスの方が優れていると一概に言うことはできません。

走行距離制限が短いカーリースプランには月々のリース料が安くなるメリットがあるからです。走行距離制限が短いと、それだけ残価を高めに設定することが可能になり、リース料を低く抑えることができるのです。

ですから、走行距離が無制限のサービスを選ぶべきか、有限のものを選ぶべきか、それぞれのライフスタイルによって変わってくるでしょう。

日常的に長距離を走行する人は無制限のプランの方が良いでしょうが、あまり長距離は走らず、リース料をなるべく安く抑えたい人は、走行距離が有限で、しかも短めのプランの方が良いということになります。

自分がどれくらいの距離を走行する見込みなのかをあらかじめしっかり計算して、自分に合ったカーリースプランを選択することが大切なのです。
人気カーリースを見る

関連する記事

『忘れていた!』とならないために…車検を受けるのに必要な持ち物を知っておこう!

車の維持のためには避けて通れないのが定期的に受けることが義務付けられている車検の存在だと言えるでしょう。万が一、車検が切れた車を公道で走らせると道路交通法違反で刑事処分を受けることになるので、車検は必ず受け、自分の車が国土交通省の定める安全基準を満たしていることを確認する必要があります。 しかし、車を維持するために必要であることは理解していても、やはり車検は煩わしいものであり、問題なくクリアしたいのが本音です。書類に不備があると車検を受けることができませんので、車検場で「忘れていた!」とならないために、車検に必要となる書類など、車検の際の持ち物を紹介します。

カーリースの利用を検討している人必見!毎月のガソリン代を節約してリーズナブルなカーライフを楽しむ方法とは

カーリースは、月々定額の料金でお得に車を利用できることから人気を集めていますが、カーリースの利用法次第では、毎月のガソリン代も節約できます。今回はガソリン代を節約しながらリーズナブルにカーライフを楽しむ方法をご紹介します!

燃費で選ぼう!カーリースにかかるコストを大幅にカットする方法とは

カーリースのコストは、車検や税などがコミコミで一定となっているため、一時的な支払いがなく、計画的な車の利用が可能です。車を利用すると燃料費が別にかかります。乗る機会が多い方や運転に慣れていない方など、燃費によってはコストが多くかかってしまうこともあります。 カーリース会社のサービスには、燃費管理や燃費で車選びができるサービスもあるのをご存知でしょうか。今回は、燃費管理によってカーリースにかかるコストをカットする方法をご紹介していきます。