カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

カーリースなら車検代も税金もコミコミ!月々定額で気軽に新車に乗れちゃう!

今、車検代も税金もコミコミの料金で、新車に乗れるカーリースが人気を呼んでいます。今回は、そんなカーリースの仕組みやメリット、注意点について徹底解説します!

カーリースは車検代も税金もコミコミ!その仕組みとは?

カーリースは、月々の定額の料金を支払うことでカーリース会社から定められた期間車を貸し出してもらえるサービスです。言い換えれば、カーリースは車の「賃貸借契約」である、ということになります。賃貸借契約であるゆえに、月々の料金に、各種税金、車検代、メンテナンス費用などをコミコミにすることが可能です。これはローンで車を購入した場合には実現できないことだと言えます。

ちょうど、カーリースは賃貸住宅、カーローンは住宅ローンに例えることができます。もしローンを組んで住宅を購入した場合、ローンの返済以外にも、固定資産税や建物の修繕費用などを自分で負担する必要があります。その住宅が自分の所有物だからです。

一方、賃貸住宅に住む場合、毎月の家賃を支払うだけでよく、固定資産税や修繕費用について気にする必要はありません。なぜなら、賃貸住宅は自分ではなくオーナーの所有物で、家賃に諸経費がコミコミとなっているからです。

カーローンは住宅ローンと同様に維持管理を自分でする、カーリースは賃貸住宅と同じで料金に維持管理費用がコミコミになっていると考えるとわかりやすいでしょう。

車には「所有者」の名義と「使用者」の名義があります。所有者の名義はカーリース会社で、使用者の名義はカーリースの契約者です。車検証にもそのように記載されます。ただ、所有者の名義がカーリース会社となっているからといって、車の使用に支障があるわけではなく、リース期間中はマイカー感覚で車を楽しむことができます。賃貸住宅だからといって、生活する上で特に不便なことはないのと同じです。

 

諸経費がコミコミなだけではない!気になるカーリースのメリットとは?

カーリースのさまざまなメリットをここでご紹介します。

料金に諸経費がコミコミになっている

前述の通り、カーリースの毎月定額の料金には、各種税金や車検代、メンテナンス費用(※契約による)がコミコミになっていますので、家計の管理が非常にしやすいのです。

車の維持管理の手間を省ける

税金の支払いや車検などをカーリース会社がしてくれますので、楽に車の維持管理ができます。

頭金がいらない

カーリースは基本的に頭金なしで利用できます。まとまった初期費用が不要ですので、無理なく利用を開始することが可能です。

車両に対する支払いを安く抑えられる

個人向けのカーリースでは多くの場合に残価設定があります。つまり、契約満了時の車の下取り価格を予想し、あらかじめ車両価格から差し引いてリース料を決めますので、購入の場合よりも、車両に対する支払いを安く抑えることができます。

車のグレードやオプションを自由に選べる

カーリースの車はレンタカーのように在庫の中から選ぶわけではありません。契約者が希望する車をカーリース会社がディーラーから調達して貸し出しますので、購入する場合と同じように、さまざまなメーカーや車種から車を選ぶことができ、グレードやオプションも自由に選択することが可能で、オプション代も月々の料金にコミコミにできます。

 

これだけは注意しておきたい!カーリースのデメリットとは?

次にカーリースのデメリットをご紹介します。

中途解約時に高額な請求が発生する

カーリースを中途解約すると高額な違約金が発生しますので、カーリースは基本的には中途解約しない前提で利用するサービスです。しかし、万が一、全損事故などで車の継続使用が不可能になってしまった場合には、強制的に解約となります。

その際には、残リース期間の料金全額や車の設定残価などを一括で請求されることになります。かなり高額な費用負担となりますので、そのリスクに備えて車両保険やカーリース専用の保険に加入することが必要です。

車の使用に制限がある

カーリースの契約では走行距離制限が設定されます。車の返却時に距離をチェックされ、制限をオーバーしていた場合には、超過距離に応じて追加料金を請求されることになります。

ですから、カーリースを利用する際には自分の走行距離に合ったプランを選ぶことが必要です。また、車の改造やカスタマイズは原則として許されていません。この点は、自分好みに車をいじりたい人にとってはデメリットとなりますね。

車の返却時に残価精算がある

車の返却時に、返却車両の査定が行われ、契約時に設定した残価と、実際の査定額との差額精算を受けなければなりません。査定額が残価を上回ればキャッシュバックを受けられますが、下回ると不足分を請求されますので注意が必要です。

最後に車を買い取った場合の総支払額はローン購入よりも高額になる

カーリースの車は、契約満了時に残価で買い取れる場合があります。しかし、車を買い取った場合の総支払額(リース料の合計+残価)は、ローンで車を購入して自分で車の維持費用をやり繰りした場合にかかる総費用よりも高額になることが多いです。

なぜなら、カーリースでは車両価格だけではなく、リース料にコミコミになっている車の諸経費にも、同様に金利がかかってしまうからです。

 

諸経費コミコミのカーリースに向いている人と向いていない人の特徴とは?

ここまで、諸経費コミコミのカーリースの仕組みやメリット、デメリットについて見てきました。まとめると、カーリースに向いているのはどんな人で、向いていないのはどんな人でしょうか?

カーリースに向いている人

楽に家計を管理したい人

カーリースなら毎月の料金に諸経費がコミコミになっていますので、支払いがフラットになります。

楽に車の管理をしたい人

税金の支払いや車検の手続きをカーリース会社にお任せできます。

まとまったお金を用意できない人

カーリースなら頭金なしで利用を開始することが可能です。

月々の支払いを安く抑えたい人

カーリースには残価設定がありますので、出費を安く抑えられます。

カーリースに向いていない人

走行距離が非常に長い人

カーリースの走行距離制限はプランによってさまざまですが、長い場合で月間2,000km程度です。これよりも長い距離を走行するのであれば、カーリースには向いていないと言えるかもしれません。

自分好みに車をいじりたい人

原則としてカーリースの車を改造したりカスタマイズしたりすることはできません。自由に車をいじりたい人は購入を選ぶべきでしょう。

車を大切に扱えない人

カーリースの車を乱暴に扱っていると契約満了時の残価精算で高額な請求が発生しかねませんので注意しましょう。

車をなるべく安く自分の物にしたい人

カーリースでは契約満了時に車を返却しなければなりません。また、最後に車を残価で買い取れるとしても、総支払額がローン購入よりも高くなってしまいます。

このように、カーリースに向いている人とそうではない人がいます。諸経費コミコミのカーリースはとても魅力的で便利なサービスですが、利用する前に自分が本当にカーリースに向いているのかをよく吟味することが大切です。
人気カーリースを見る

関連する記事

カーリースでN-BOXに乗ろう!

近年、個人向けカーリースが新しいスタイルの車との付き合い方として注目されています。以前と比べて、その人気はますます高くなっています。カーリース業者では、国産であれば、全車種、全メーカーの車に対応している場合が多いです。もちろん、安定した人気を誇るホンダのN-BOXも利用できます。ここでは、ホンダN-BOXの魅力に迫ると共に、 N-BOXを新車で安く提供しているカーリース業者をピックアップしていきます。

車検は必ず必要?有効期間はどれくらい?気になる車検制度について徹底解説!

国内で登録されている自動車には「車検を通過する条件に整備されていること」が自動車検査登録制度を採用する日本では義務付けられています。最初の車検は新車登録時に行われ、その後の継続車検は一定期間ごとに車検の必要があることから自動車の維持費用に大きく影響する制度となります。今回は、国内のカーライフと密接な関係にある車検について考えます。