カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

60歳以上でもカーローンは組める?対策やおすすめのカーリースについても解説

還暦や定年を迎えてもまだまだ続くカーライフ。ライフスタイルの変化に伴ってクルマの買い替えを考えることもあることでしょう。とはいっても退職金に手を付けて一括購入するのはちょっとためらってしまうかもしれませんね。今回は60歳以上でもカーローンを組むことは可能なのか、対策や新しい車の乗り方として注目を集めているカーリースも含めて解説します。

カーローンの年齢制限は?60歳以上でも大丈夫なのか

カーローンは一般のローンと同じく、返済能力があるかどうかが審査されます。審査基準には個人信用情報機関に登録されている情報にもとづいて過去の事故歴(ローンの延滞、自己破産など)や照会件数、職業や勤続年数などが調査されます。

安定した収入があるかどうかも審査項目のひとつですから、年齢制限もあります。金融機関によって年齢制限は異なりますが、銀行なら完済時の年齢が満70歳、信販会社なら満75歳が相場だとされています。

単純に考えると、完済時の年齢制限が満70歳で、10年ローンを組もうと考えているのであれば、60歳までに申し込む必要があります。60歳以上であっても短期間で支払う予定であれば年齢制限はクリアできるでしょう。

カーローンの審査は年齢だけで決まるものではなく、返済能力は人によって異なります。返済能力が高いと判断されれば条件も良くなりますし、その逆もあり得ます。

申し込み時の年齢が高ければ長期ローンを組むことが難しくなり、年齢がギリギリだと審査に通りにくくなってしまいます。高齢になるほど審査が厳しくなるので、長期でカーローンを組みたいと考えているなら早めに申し込みをする必要があります。

 

60歳以上でカーローンを組むための対策

60歳以上でもカーローンを組むことはできますが、高齢になるほど審査が厳しくなることを踏まえて対策を考えておくことが大切です。

1.借入金額を低くする

カーローンの審査は申込金額が高額になればなるほど厳しくなります。そこで申し込み金額を低く抑えるための工夫をすることができます。

頭金を増やして申込金額をおさえることを考えることができるでしょう。例えば退職金の一部を頭金にして、申込金額を低く設定すると審査に通りやすくなります。

購入予定の車種を安いクルマに変更することによって申込金額を減らすこともできます。欲しいクルマがあったとしたら妥協しなければいけなくなりますが、収入に見合った借入金額でないとカーローンの審査は厳しくなります。

2.短期間のローンを組む

ローンの支払回数を少なくすることも検討してみてください。完済時の年齢制限がありますから、ギリギリに設定するよりも少し余裕を見たほうが審査に通りやすくなります。

銀行や信販会社によって年齢制限が異なりますから、比較しながら両方に相談してみるといいでしょう。頭金を用意して申込金額を減らし、短期ローンを組むことが60歳以上でもカーローンの審査に通りやすくなる対策になります。

3.保証人を立てる

退職金や年金収入、年収と借入金額のバランスなどが審査の対象になりますが、収入が足りない場合は保証人を立てることによって審査に通りやすくなります。人に迷惑はかけたくないという気持ちになるかもしれないので、最終手段として考えておくといいでしょう。

 

60歳を過ぎても続くカーライフ!クルマ選びのポイントを紹介

60歳を過ぎてもまだまだクルマに乗る機会は多いでしょう。定年後はクルマを趣味とする人もいますし、ドライブを楽しむ時間が増えたとワクワクする人もいます。中には年老いた親の送り迎えでクルマを必要としている人もいます。

「まだまだ自分は大丈夫!」と思っていても体力や目の衰えは避けられません。周りの家族もいろいろと心配することが増えていることでしょう。安全面にも注意を払いながらカーライフを楽しみたいですね。これらを踏まえて60歳からのクルマ選びのポイントを紹介します。

安全装備でミスを防ぐ

高齢者がブレーキとアクセルを踏み間違えて事故を起こしたというニュースを見ると心が痛みます。各自動車メーカーは運転操作ミスを防ぐための安全装備を開発していますから、クルマ選びの際は安全装備が付いているかどうかをポイントにできるでしょう。

衝突の危険を察知して警報音で注意を促したり、自動ブレーキによって衝突被害を軽減したりする安全装備が標準装備されている車種が増えています。オプション装備の場合もあるので、必ず付けるようにしましょう。

運転に自信があるとしても、還暦を過ぎると視力や注意力が衰え、ヒヤリハットの事例が増えるものです。安全装備でミスを防止するのは年齢に関係なく大切なポイントです。

MT操作は老化防止効果が!

60歳以上の世代にはクルマに思い入れの強い人もいます。運転がしやすいからと勧められても簡単には納得できないでしょう。カローラレビン、セリカ、セルシオなどに乗っていた世代は60歳を過ぎてもデザイン性の高いクルマに乗りたいと思うものです。

運転好きであればMT車もいい選択肢であると言われています。スポーティーなデザインのコンパクトカーにはMT車もたくさんあり、運転を「楽しむ」ことができます。さらにMT操作は脳を活性化させるので「老化防止」にも効果があると考える人もいます。

コンパクトカーなら高齢者でもスムーズな運転ができる

高齢になるとクルマの長時間の運転が苦になる場合があります。さらに乗り降りが負担になったりもします。大きいクルマの取り回しも負担になることでしょう。コンパクトカーなら小回りが利き運転がしやすいので負担が少なく感じられることでしょう。

コンパクトカーは軽自動車より大きいですが普通車よりは小さいサイズのクルマです。狭くて混雑した道でも前後の車両や歩行者に接触するリスクを少なくしてスムーズな運転を楽しむことができます。

 

60歳以上でも利用できるカーリースというサービスもある

60歳からのクルマの購入を考えているなら、カーリースの利用もおすすめです。カーリースとは、カーリース会社から5年、7年、9年など期間を決めてクルマを借りるサービスです。月々の支払いをするという点でカーローンに似ていますが、さまざまなメリットがあります。

月々のリース料だけで新車に乗れる

カーリースは頭金なし、月々のリース料のみで新車に乗ることができます。初期費用がかからないので退職金の一部に手を付けるなど、まとまった金額を用意する必要はありません。

さらに国産車であればすべての車種、グレードを選ぶことができますし、安全装備などのオプションを付けることも可能です。車選びに妥協したくないという人には特におすすめです。

ライフスタイルに合わせた支払いプランを選べる

カーリースは5年、7年、9年などライフスタイルに合わせて自由自在に支払いプランを選ぶことができます。長期契約が心配な場合でも、中途解約が可能なカーリース会社があるので調べてみるといいでしょう。

例えば「カーコンカーリースもろコミ」の7年プランと9年プランは、それぞれ契約満了2年前に乗り換えや返却が可能です。

メンテナンスもお任せできる

プランにもよりますが、メンテナンス費用をリース料に組み込むことができるプランを用意しているカーリース会社がたくさんあります。日頃のメンテナンスはプロに任せたいという人にとっては非常に助かるプランです。

カーリースはカーローンと同じように審査がありますが、年齢制限は契約時に75歳以下という条件がほとんどです。それぞれのメリットを比較しながら自分に合ったサービスを利用して、カーライフを楽しんでください。

関連する記事

カーリースを利用中に乗り換えたくなったらどうする?乗り換えの流れや便利なサービスをご紹介!

カーリースは便利なサービスではありますが、契約期間が数年間単位で行われるサービスでもあるので、契約期間中の様々な変化に対応できるのか、気になりますよね。特に、契約期間中の車の乗換えは、誰もが気になるところでしょう。今回は、カーリースの利用中に乗り換えをしたくなった場合に、どのような選択肢が考えられるのかまとめていきます。

カーリースの契約期間ってどれくらい?契約期間の途中で解約はできるのか

カーリースでは契約期間をあらかじめ決めておく必要があります。手軽な月額料金のみで新車が利用できると話題のカーリースですが、契約期間の長さはどのくらいあるのでしょうか。また、契約期間満了を待たずに解約できるのかも気になるポイントでしょう。ここでは、カーリースの契約期間や、途中解約ができるのかなどを解説します。

カーリースでワゴンRってどう?カーリースの基礎知識や料金&特徴を比較・解説

ワゴンRはご存知、日本を代表する軽ワゴンのひとつです。この記事では、ワゴンRをカーリースする際のメリット・デメリットをお伝えし、各カーリース会社のリース料金や特徴を比較しています。カーリースでワゴンRを検討している方、車種を決めかねている方もぜひ参考にしてください。

カーリースを利用した場合、整備や点検は誰がどこで行う?費用はドライバー負担?気になるリース車のメンテナンスについて

カーリースした車は自分で点検や整備を行うのでしょうか。それとも、カーリース会社が全部行うのでしょうか?今回は、カーリースした車の点検や整備などメンテナンスに関して、知っておきたい基礎知識やメリットなどを交えて、分かりやすく説明します