カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

N-BOXに乗るならカーリース!各社の特徴や月々のリース料金を分かりやすく解説!

軽自動車とは思えないほど広い室内空間、使いやすさ抜群のホンダ・N-BOXですが、カーリースを利用したいと思っている方も多いのではないでしょうか?この記事では、N-BOXに乗るならカーリースがおすすめの理由や注意点、カーリース各社のN-BOXの料金と特徴などをまとめています。

N-BOXに乗るならカーリースが断然おすすめ!その理由とは

N-BOXはホンダが手がける大人気の軽自動車です。軽スーパーハイトワゴンにカテゴライズされています。現行モデルは2代目で、広い車内空間やホンダが誇る安全性能が搭載されているなど、幅広い年齢層に人気があります。

そんなN-BOX、どうせ乗るならカーリースが断然、おすすめです。ローンとの違いやカーリースのメリットなどを交えて、その理由を解説します。

カーリースとローンの基本的な違い

カーリースは「カーリース会社がN-BOXを調達し、リース料金を徴収する代わりに一定期間、個人に貸し出すサービス」です。

一方ローンは「N-BOXを購入するためのお金を、ローン会社から借りること」です。N-BOXを持つという目的は同じですが、根本的な仕組みの違いがあります。

また、N-BOXをカーリースした場合、車検証の使用者は「契約者本人」ですが、所有者は「カーリース会社」です。

ローンの場合、支払いが残っている間は所有者が「ローン会社」ですが、完済すれば「契約者本人」に名義変更できます。

こうした違いのほか、次のように大きく異なる点もあります。

カーリースとローンの大きな違い

ローンで購入する場合、ある程度まとまった頭金が必要になりますが、カーリースを利用する場合、原則として頭金は要りません。

つまり、カーリースなら初期費用をほとんどかけず、新車のN-BOXに乗ることができるのです。これなら資金が減ってしまう不安もありませんね。

リース期間中の維持費にも大きな違いがあります。

ローンで購入した場合、車検、税金などは自分で管理、支払いをしなければなりません。5月には税金、2年ごとに車検など、ローンは何かと出費が不安定になりがちです。

一方、一般的なカーリースでは、リース期間中の税金や自賠責保険料が(カーリース会社によっては車検基本料なども)毎月のリース料金に含まれています。

リース期間中に必要な維持費をトータルし、毎月均等に支払っていくため、出費が不安定になることはありません。そのうえ、N-BOXの所有者は「カーリース会社」ですから、税金などの管理、支払いはカーリース会社に任せることができます。

出費が安定するだけでなく、維持や管理にかかる負担が大幅に軽減されるなどメリットが豊富なことからも、N-BOXに乗るならカーリースがおすすめと言えます。

カーリースとローンで同じ点もある

N-BOXをカーリースした場合、付与されるナンバーはローンで購入したときと同じ、自家用自動車のナンバーです。

レンタカーのように「わ」「れ」ではありませんので、外見上、カーリースしたN-BOXであるとは判別できません。

そのほか、車検や点検、税金なども、カーリースとローンで変わることはありません。また、ローンで購入する場合と同じようにグレード、色、オプション、希望ナンバーなどもオーダーできます。

 

カーリースでN-BOXに乗るなら知っておきたい注意点

カーリースはメリットが豊富にある反面、利用するにあたって押さえておきたい注意点もあります。失敗しないためにも、きちんと理解しておきましょう。

・中途解約

カーリースは中途解約できないのが基本です。どうしても解約しなければならない場合、手数料や残金の一括払いなど、多額の出費を覚悟しなければなりません。

例えば、リース期間中に家族が増えてN-BOXでは手狭になってしまった…というケースも想定されます。詳しくは後述しますが、リース期間中でも返却・乗り換えが可能なカーリースを選択するのもひとつの方法です。

・走行距離

一般的なカーリースはリース期間中に走行できる距離が制限されており、オーバーすると1km単位で超過分の精算が求められます。契約前に走行距離を概算しておくことが大切です。

・契約後の改造やカスタマイズ

契約後に改造やオーディオの入れ替え、パーツの組み替えなどカスタマイズした場合、違約金や原状回復費用、修理費用などを請求されることがあります。カスタマイズも原則NGと覚えておきましょう。

 

N-BOXにおすすめのカーリースはどこ?特長や料金を比較

料金はすべて税込です。2019年10月の調査時点での料金になるため、最新情報は各カーリース会社のHPにてご確認ください。

カーコンカーリースもろコミ

N-BOX G Honda SENSING

プラン ボーナス月加算あり 均等払い
もろコミ9 11,000円 21,300円
もろコミ7 11,000円 25,080円
もろコミ特選車 18,150円 33,330円
もろコミ+5 17,050円 29,040円
もろコミ+3 17,050円 35,420円

9年リースの「もろコミ9」、7年リースの「もろコミ7」のほか、カーリースアクセサリーセットとメンテナンスパックが付いた7年リースの「もろコミ特選車」、5年や3年の短期間リースに対応した「もろコミ+5」「もろコミ+3」など、プランが豊富です。

いずれのプランでもN-BOXを選べます。

特に、「もろコミ9」「もろコミ7」は契約満了2年前から返却・乗り換えOKなうえ、契約満了まで利用するとN-BOXがもらえるので、走行距離やカスタマイズなどを気にせず、自分の車のように乗ることができます。

「もろコミ特選車」は、返却・乗り換えはできませんが契約満了までの利用でN-BOXがもらえます。人気オプションが付帯しているので、より快適で安全なカーライフを送りたい方におすすめです。

オリックスカーリース

N-BOX G・L Honda SENSING

プラン 均等払い
いまのりナイン 23,210円
いまのりセブン 28,710円
いまのりくん 34,650円

9年リースの「いまのりナイン」、7年リースの「いまのりセブン」、5年リースの「いまのりくん」という3つのプランがあります。

「いまのりナイン」「いまのりセブン」は、契約満了2年前から返却・乗り換えができ、契約満了後はN-BOXがもらえます。

「いまのりくん」は、契約から2年経過すると返却・乗り換えができるようになります。ただし、契約満了後はN-BOXはもらえません。

なお、オリックスカーリースもボーナス併用払いが設定できるようなので、興味がある方は申し込む際に確認してみましょう。

定額ニコノリパック

N-BOX G Honda SENSING

プラン ボーナス月加算あり 均等払い
5年リース 11,000円 25,960円

5年リースという点で、他社と比べてみるとリーズナブルなカーリースです。リース期間中、オイル交換9回(6カ月ごと)やウインドウォッシャー液補充、バッテリー液補充などの簡単なメンテナンスも付いてきます。

カーコンカーリースもろコミやオリックスカーリースと異なり、リース期間中の返却・乗り換えはできません。また契約満了後も返却が前提となります(買い取りできるケースもあります)。

走行距離も若干少なく、5年間で60,000km(月間1,000km)に設定されています。他の2社は基本的に月間2,000kmなので、リーズナブルな反面こうした細かい部分で差があるようです。

 

用途・乗り方なども踏まえてじっくり検討しよう

ご紹介できたカーリース会社は一部ですが、その中でもおすすめなのは、やはりカーコンカーリースもろコミ、オリックスカーリースでしょうか。

契約満了まで乗ればN-BOXがもらえる点、リース期間中でも返却や乗り換えが可能な点は、利用者にとってうれしいポイントですよね。

特にカーコンカーリースもろコミはプランも豊富で、料金もリーズナブル、さらに全国展開しているカーコンビニ倶楽部株式会社のカーコン店舗でメンテナンスが受けられますので、遠出したときのトラブルなどを想定すると、安心感があるのではないでしょうか。

カーリースで失敗しないためにも、用途や乗り方なども踏まえながらじっくり検討しましょう。

人気カーリースを見る

関連する記事

見積もりや申し込みも簡単!車リースの利用方法

長期間に渡って車を貸してもらえる車リース(カーリース)のサービスは、そのお手頃な料金や利便性から人気を集めています。オンライン上で簡単に見積もりを確認できたり申し込みができたりする業者も多いです。今回はそんな車リースの見積もりなど、契約時の流れについておさらいしてみたいと思います。

カーリースを利用したい!慌てて契約する前に知っておきたいカーリースの注意点とは

新車購入と違い、カーリースは月々の支払いとなるため、乗らなくなったらいつでも車を返却できると勘違いして、慌てて契約してしまう事があります。しかし実際には、新車のカーリースは7年や9年といった契約となり、基本的には途中解約ができません。こういった点を踏まえて、今回は、カーリース契約をする前に知っておきたい注意点についてご説明します。