カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

SUVの代表格!ハリアーに乗るにはカーリース利用がおすすめ!

スタイリッシュなSUVに乗りたい、そんな人に選ばれる車がハリアーです。そのボディは、道路を走っていても一際目を引く存在感があります。そんなハリアーに乗りたいのなら、カーリースがおすすめです。 カーリースなら憧れの車も気軽に乗り始めることができ、お得に手に入れることも可能なのです。なぜカーリースはお得にハリアーに乗れるのでしょうか。そこで、ハリアーの魅力と、カーリースのお得な仕組みを紹介します。

ハリアーってどんな車?その性能と魅力をご紹介!

トヨタから出ているハリアーは、SUVでありながら高級感を持つ「高級クロスオーバーSUV」というジャンルを切り開いた車です。1997年に初代ハリアーが出されて以来、モデルチェンジをしながら根強い人気を集めています。

現在はガソリン車だけでなくハイブリット車モデルも発売されており、時代に合わせて新しくなっていることが人気の理由と言えるでしょう。ここではハリアーの3つの魅力に注目してみましょう。

ラグジュアリーな外装

SUVは角張った、いかにも強そうなデザインであることが一般的です。しかし、ハリアーは丸みを帯びたフォルムなので、街乗りにも似合うSUVとして魅力があります。このSUVの存在感とラグジュアリーなデザインのバランスが高級感を醸し出します。

快適な室内

車内はゆったりと広く、座り心地の良いシートで快適なドライブを楽しめます。運転席は、降車時は後ろへ、乗車時は運転時の位置へ自動でスライドするオートスライド機能で乗り降りもスムーズです。夜間は足元をブルーの室内イルミネーションが照らし、高級感が増します。

走行機能と安全性が高い

なんといっても走りが良い車です。グレードによって多少異なりますが、様々な走行機能を備えています。

例えば、前輪駆動と4輪駆動を電子制御で自動に切替えて走行ができます。通常時は前輪駆動走行で燃費の良い状態を保ち、発進時やパワーが必要な路面では後輪へのトルク配分を増加させます。この4WDの作動状態は、マルチインフォメーションディスプレイで確認できます。

安全機能に関してはミリ波レーダーと単眼カメラを使用した検知センサーで、歩行者を含む前方の障害物を探知します。歩行者や車両を探知した際は警告ブザーで危険を知らせ、ブレーキアシストで車の減速を助けます。

他にも、車間距離が近くなりすぎた際は、停止保持制御で前方車に合わせて減速、停止を行ない、渋滞時のドライバーの運転負荷を軽減させてくれます。

 

ハリアーをお得に手に入れるために知っておきたい「カーリース」の仕組みとは?

SUVはコンパクトカーより値段が高く、グレードを上げていくと価格もどんどん上がっていきます。そこで利用したいものがカーリースです。

カーリースというシステムは以前からありましたが、法人利用がほとんどでした。しかし近年では、個人でも車を手に入れられる方法として注目されています。カーリースだと、通常購入よりも気軽に、且つお得に手に入れることが可能だからです。

その理由はカーリースの仕組みによります。カーリースは毎月リース料金を支払うことで、契約期間中カーリース会社所有の車の「使用者」となり、車を使う方法です。長期のレンタカーのような感じですが、通常購入と同じように、新車から使用することも可能です。

通常リース料金は、契約時の車の現存価格から契約満了時の車の予想価格を引いた金額から設定します。つまり、契約期間分だけの車の金額を支払えばいいので、ある程度の期間で乗り換えをするのであれば、総支払額はカーリースの方がお得になることがあります。

契約満了後は、カーリース会社やプランによってそのまま買い取りや契約延長をしたり、他の車へ乗り換えたりできます。車を購入すると、気に入らなくてもある程度乗り続けるか、また一から買い替えなければいけません。

しかし、カーリースなら、乗ってみて使い勝手が合わないと感じても契約満了時に乗り換えられるので気になる車にも気軽に乗ることができます。

また通常、カーリースは税金や点検、車検などの基本的な維持費用もリース料金に含まれています。普通に購入した場合、車代金の他にこれらの維持費を別に取り分けて、その都度支払わなければいけません。

その点、カーリースであれば、こういった諸費用も月割してリース料金として支払うので、毎月の出費が一定になります。そのため、車を維持するのにどれくらい必要なのか財布を管理しやすいというメリットがあります。

 

カーリース利用でハリアー購入時の初期費用を抑えられる!

ハリアーを購入する際に必要なのはハリアーの代金だけではありません。新車を購入する際には、自動車取得税、自動車重量税、自動車税、自賠責保険加入などの税金や登録費用などがかかります。それに加え、車代金の一部を頭金として支払います。この初期費用を加えると、新車購入時は思った以上に、まとまった費用が必要になります。

そこで、カーリースのメリットは活きるのです。カーリースは通常頭金は不要です。それに加えて、税金などの諸費用はリース料金に組み込まれて月割りで支払っていくことになります。そのため、新車購入時の初期費用はほとんどかかりません。最初の月から定額のリース料金の支払いのみです。

初期費用を抑えられることで、毎月のリース料金だけを考えて車を選べます。カーリースなら、より気軽に乗りたい車やグレードを選ぶことができ、まとまったお金を用意できなくてもハリアーを手に入れることができるのです。

 

ハリアーのカーリース料金は実際どのくらい?カーリース会社の相場をチェック!

では実際に毎月どれくらいのカーリース料金でハリアーに乗ることができるのでしょうか。カーリースは会社やプラン、オプションによって価格は様々です。そこで、主なカーリース会社でのハリアー ELEGANCE 2WD 2000ccの価格を比べて相場を見てみましょう。

オリックス自動車

「いまのりくん」5年契約 月額税込み72,360円
「いまのりセブン」7年契約 月額税込み62,856円
「いまのりナイン」9年契約 月額税込み50,976円

各種税金の諸費用が含まれており、無料の車検クーポンで車検代もカバーしています。さらに別料金のオプションとして必要な装備品を付け足していきます。もし、予算に余裕があるならば、頭金を払って月々の支払い額を抑えることも可能です。

また、オリックス自動車では他のグレードやカラーも細かく選ぶことができます。いまのりセブンといまのりナインなら、契約満了後に車を自分のものにできるので、吟味して選んだハリアーを手に入れることができます。

定額ニコノリパック

5年契約 月額税込み32,400円

※ただし年2回のボーナス月は税込み52,488円

ボーナス月に多めに払うことで、月額3万円台でハリアーに乗れます。ボーナス月加算をしたくない場合は、リース料金は月額税込み41,148円になります。車検、自動車取得税などの諸費用が含まれています。さらにメンテナンスもつけたい場合はオプションとして選ぶことができます。気に入った場合はリース終了後に買い取ることもできます。

カーロンカーリースもろコミ

「もろコミ7」7年契約 月額税込み30,024円
※年2回のボーナス月加算額は税込み131,544円

「もろコミ9」9年契約 月額税込み30,024円
※年2回のボーナス月加算額は税込み87,480円

ボーナス払いをしない場合は、もろコミ7は月額税込み51,948円、もろコミ9は44,604円になります。税金などの諸費用が込みになっており、車検は無料クーポン券で行えます。

2018年10月1日から12月31日の期間に申し込みをした方は「もろコミ7および9(※特選車を除く)ご成約特典」として車載用防災セット「Refill Box 24」、ドライブレコーダー、キズへこみ保証クーポンがプレゼントされます。

※特典の内容は予告なく変更、終了する可能性があります。

このようにカーリースなら月額3万円台からハリアーに乗ることができます。また、オリックス自動車のように、新車購入と同じくグレードや装備品を自分好みに設定できるカーリース会社もあります。今やカーリースは通常購入と同じ感覚で、且つお得に新車を手に入れられる方法なのです。
人気カーリースを見る

関連する記事

半年だけ車に乗りたい!そんな時は短期のカーリースを利用しよう

カーリースは契約期間が5年間や7年間などの長期に渡るのが一般的でしたが、近年は短期の契約期間のサービスを提供しているカーリース業者も増えてきました。短期のカーリースですと、1年単位、半年単位、1か月間単位などで契約できます。「短い間だけ車を利用したい」という人にピッタリのサービスです。ここでは半年などの短期で契約できるカーリースサービスについて徹底解説したいと思います!

「自家用車向けマイカーリースが人気急上昇!カーリースの基本から審査や申込みの流れなどを詳しくご紹介」

昨今の自家用車ユーザーの所有動向として「自分で購入するよりカーリースする方が楽!」という考え方が流行になりつつあるようです。そもそも、カーリースのシステムとは一体どんなものなのでしょうか? 今回は、人気上昇中のマイカーリースのシステムやサービス内容、審査や申し込みの流れ等を詳しく解説していきたいと思います。

社用車で車検を受けた場合、費用の仕訳はどうすればいいの?

車は個人で使用する自家車以外にも、社用車などの法人名義のものが存在します。車を維持するにあたって、車検を受けることが義務付けられていますが、その時に必要な車検費用の捻出は、個人にも法人にも頭の痛い問題です。特に車が法人名義の場合は、車検費用に対する会計処理も必要となってきます。 会計処理は事業運営の上で必ず必要となる業務ですが、専門家でない限り、勘定科目の仕訳は複雑で一筋縄にいかないのも事実です。車検費用の仕訳をしっかり把握していなければ、定期的に受ける必要がある車検の度に苦労することになりますので、ここでは、法人名義の車の車検費用の仕訳について詳しく紹介していきます。

法人・個人事業主の方は必見!事業用でカーリースを使うメリットとは?

昨今、法人や個人事業主の間では自社車両を購入して所有するより、リースで運用しようという選択が定着してきています。それは、いったい何故なのでしょうか? そこで今回は、法人や個人事業主の方必見の事業用カーリースの魅力やメリット、申し込み方法にフォーカスした情報をお届けします。