カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

Yahoo!知恵袋に出てくるカーリースについての質問をご紹介!

個人向けのカーリースは近年人気が出て、認知度も高まりました。それに伴いYahoo!知恵袋などの情報共有サービス(以下、「知恵袋」と表記)でも、カーリースについて様々な質問がされています。今回は、知恵袋によく出てくる質問をいくつかご紹介し、それに回答していきます。

知恵袋に出てくる質問その1:カーリースのメリットは何ですか?

知恵袋では、カーリースのメリットについて尋ねる質問が多くあります。カーリースのメリットはいくつかありますので、ご紹介します。

出費を抑えられる

カーリースでは、契約時にリース期間終了時の車の予想残価を設定し、その残価を車両価格から差し引きます。その金額に、各種税金や車検代、メンテナンス費用などを加えた金額を契約月数で割ったのが月々のリース料金になります。

つまり、残価が差し引かれる分、車を購入するよりも出費を抑えることができるのです。

毎月の出費が安定する

カーリース会社や契約プランにもよりますが、月々の料金には、車両価格(残価はマイナスされる)や自動車取得税、登録諸費用の他にも、自動車税、重量税、自賠責保険料、車検代、整備点検費用、消耗品交換費用などが含まれています。

毎月のリース料金を支払っていれば、他に発生するのはガソリン代、任意保険料、駐車場代くらいになります。車検や消耗品交換などのタイミングで大きなお金を用意する必要がありませんから、毎月の出費が安定し、家計のやり繰りがしやすくなります。

車の管理をカーリース会社に任せられる

カーリースでは、各種税金の支払いや車検手続き、車のメンテナンスなどをカーリース会社が行なってくれます。自分で車の管理やメンテナンスをするのが面倒な人にとっては大きなメリットとなるでしょう。

車の乗り換えが容易

リース期間が終了すると、車を返却して契約を終了したり、同じ車を再リースしたりすることもできますが、新たに別の車をリースすることもできます。つまり、カーリースでは契約期間が終わるごとに、車を乗り換える機会が与えられることになります。

マイカーの場合とは違って車を売却したり購入したりする手間がかかりませんので、比較的に容易に車を乗り換えることができます。

付加的なサービスを受けられる

カーリース会社によっては、契約期間中のガソリン代割引サービスや、グループ会社の他のサービスを特別価格で利用できる特典があったりします。そうした付加的なサービスを受けられるのも、カーリースのメリットと言えます。

 

知恵袋に出てくる質問その2:カーリースのデメリットは何ですか?

知恵袋ではカーリースのデメリットについての質問もたくさん出ています。カーリース会社のホームページなどでは、どうしてもメリットの部分が強調されますから、知恵袋でデメリットについて質問するのは自然な流れと言えるかもしれません。

実際、知恵袋では参考になる回答も多く出されています。ただ、知恵袋ではカーリースを利用したことがない人や、カーリースについてあまり詳しくない人も回答したりしていますので、すべてを鵜呑みにできない点に注意する必要があります。

ではここで、カーリースのデメリットについて記したいと思います。

最後に車を買い取った場合の支払い総額がローン購入よりも多くなる

カーリースでは、契約終了時に車を買い取れる場合があります。

しかし、車を買い取ることにした場合、全期間のリース料金と車の買取価格を合わせた支払い総額は、車をローンで購入して維持管理を自分で行なう場合の支払い総額よりも高くなります。

なぜなら、月々の料金にはメンテナンスの「サービス料」などが上乗せされているからです。また、ローン購入で言うところの「金利」に相当する金額がリース料金にも組み込まれています。

中途解約ができない

カーリースの契約は原則として中途解約ができません。やむを得ない事情により、解約できるケースもありますが、その場合には「残期間のリース料金」や「解約手数料」を支払うことになります。

解約のタイミングにもよりますが、「残期間のリース料金」はかなり高額になるかもしれません。

車を大事に扱わなければならない

カーリースの契約終了時には車の査定と清算が行なわれます。

返却車両が査定され、「設定残価」と実際の「査定額」との差額清算が実施されます。車の損耗がひどいと清算金を請求されることになります(正常な使用で生じるようなダメージであれば清算金は発生しないはずです)。

車を大事に扱うべきなのはマイカーでも一緒ですが、カーリースの場合はより一層の注意が求められます。ちなみに全損事故を起こしてしまった場合には、カーリースは強制的に解約となります。

その場合は「残期間のリース料金」や「解約手数料」、「車の残価」を請求されることになります。ですから、万が一に備えて「車両保険」や「カーリース専用の保険」に入っておくべきです。

車の使用に制限がある

カーリースの契約では走行距離制限があります。走行距離を超過した場合には追加料金が生じます。

また、原状回復可能な範囲でのカスタマイズやオプションの追加は可能な場合がありますが、それ以上のことは基本的にできません。契約時と同じ状態で車を返却しなければならないからです。

 

知恵袋に出てくる質問その3:おすすめのカーリース会社はどこですか?

知恵袋でおすすめのカーリース会社について質問している人も多くいます。

知恵袋でも色々な回答が出ていますが、どのような契約プランを望むかによってもおすすめのカーリース会社は変わってきますので、この種の知恵袋の質問に答えるのは容易ではありません。

一番良いのは、主要なカーリース会社のサービスの特徴を自分で調べて、自分に合ったカーリース会社を見つけ出すことでしょう。ここで参考までに、主要なカーリース会社のサービスの特徴を簡単にご紹介します。

オリックス自動車

5年契約の「いまのりくん」、7年契約の「いまのりセブン」、9年契約の「いまのりナイン」というカーリースのプランを用意しています。どのプランでも、一定の年数が経過すると、中途解約が可能になる仕組みとなります。

コスモ石油

「コスモスマートビークル」というカーリースサービスを展開しています。契約年数や走行距離、メンテナンスパックなど、自由な組み合わせで柔軟に設定できるのが特徴です。

カーコンビニ倶楽部株式会社

「カーコンカーリースもろコミ」というカーリースサービスを行なっています。

「カーコンカーリースもろコミ」は個人向けのカーリースでは珍しく「残価設定0円」なので、契約終了時の清算がありませんし、契約が終了すると車をそのままもらえます。契約期間は7年と9年から選ぶことができ、契約期間終了の2年前から中途解約が可能になります。

 

まとめ

今回は、知恵袋に出てくるカーリースについての質問を取り上げました。知恵袋はとても便利なサービスですが、知恵袋に常に正確な情報が出ているとは限りませんので、知恵袋に加えて、カーリース専門のサイトやカーリース会社のホームページも参考にすると良いでしょう。

人気カーリースを見る

関連する記事

カーリースサービスにはどのようなタイプがある?特徴ごとにカーリース会社をご紹介!

「カーリース契約したいけれど、どのようなタイプがある?」「何を基準にカーリース会社やサービスを選べばいいの?」と疑問を持たれている方もいるかと思います。そこで今回は、カーリースのタイプ、カーリース会社、サービスを選ぶ際の指標について紹介します。