カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

お得で安いカーリースの業者はここだ!

最近、カーリースのサービスが安いと人気を呼んでいます。リース料金を払うことにより、借りた自動車をマイカーのように長期間使用できます。リース料金は毎月同じ額を払っていきますので、家計の支出の計画がしやすいのです。一方で、リース料金は毎月払わなければならないものであることを考えると、それは安いに越したことはありません。ここでは、お得な安い料金で自動車のリースをしているおすすめの業者をご紹介したいと思います。

カーリースとは?

おすすめの業者をご紹介する前に、そもそもカーリースとは何なのか?ということをご説明したいと思います。

カーリースとは、リース会社が利用者の代わりに自動車を購入し、購入した自動車を長期間、特定の利用者に賃貸するサービスのことです。

車両の所有者はリース会社ですが、車両の使用権は利用者が持っています。

自動車の購入費用、車検の費用、税金、自賠責保険料などはリース会社の負担となるため、利用者が負担するのは毎月一定のリース料金となります。

リース料は、車両の価格から契約満了時の残存価値を差し引いた金額を元に算出されます。それに、車検代、税金、自賠責保険料なども、契約期間に応じた額で上乗せされます。

長期間使用できるため、リース車をマイカーのような感覚で利用することができます。契約の種類にもよりますが、契約を延長することも基本的に可能です。また、契約期間終了後に残価を支払うことによってリース車を買い取ることができる場合もあります。

今までは、カーリースと言えば数年に及ぶ長い期間の契約が一般的でしたが、最近は1年や数か月、さらには1か月単位の短期で自動車をリースする業者も出てきました。

 

おすすめの新車の安いカーリース業者はここだ!

ここで、お得な安い新車のカーリース業者をご紹介します。

「定額ニコノリパック」

定額のニコノリパックでは、人気車種のピカピカの新車に月額1万円から乗ることができます。これは、とても安いカーリースであると言えます。月額1万円コースの他に、車種によって2万円コース、3万円コースがあります。とてもわかりやすい料金体系なので安心して利用することができます。

契約期間は5年間で、中途解約は基本的にできず、解約する場合には違約金が発生します。

リース料金には、車検、各種税金、自賠責保険料、メンテナンス費用、ブレーキパッドやワイパーゴムやバッテリーなどの消耗部品やパーツの交換費用も含まれています。エンジンオイルは6か月に1度無料で交換することができます。また、契約期間中はガソリン代が1リットルあたり5円引きになる特典も付いています。

契約期間終了時に、さらに同じ自動車に乗りたい場合は契約を延長することができます。また、新しい自動車で新たに契約することもできます。さらに、自動車を買い取って自分のものにすることもできます。

東北地方、関東地方、中部地方、関西地方と広範囲に渡る規模でサービスを提供しています。スタッフもみな親切だと評判です。

 

おすすめの中古車の安いカーリース業者はここだ!

これまで、自動車のリース契約は新車が主流でした。ただ、最近は中古車をリースする業者も増えています。中古車を扱っているリース業者は料金が安い上に、短期間でも契約できるサービスを提供しているが特徴で人気を集めています。

ここでは、中古車を扱っている料金が安い優良カーリース業者をご紹介します。

「ワンコインリース」

ワンコインリースでは、その名の通り1日につきワンコイン(500円)という安い料金でリースを行なっています。しかも1ヶ月の短期から契約ができます。ただし、契約時に名義変更費用として38,000円かかります。

低年式で多走行の自動車を提供することによって安い料金を実現しています。販売用商品としては不向きなものの、まだまだ乗れる自動車を揃えていますし、メンテナンスをしっかり行なっているので安心して運転できます。

車検代や税金、自賠責保険料はリース料金に含まれていますが、定期交換部品代は利用者が負担します。

最長3ヶ月間自動車を試乗した後に、中古車として買い取ることができるという中古車販売システムもあります。試乗中に故障や不都合が生じたら、そのまま自動車を返却できます。

全国的に貸出店舗があります。リース契約は貸出店舗と個別に行なうことになります。店舗によって契約の内容が異なりますので、よく内容を確認して利用する必要があるでしょう

「ニコリース」

関東全域で、1日あたり500円から(月々15,000円から)の安い料金で良質中古車リースのサービスを提供しています。しかも、短期間の契約を結ぶことができます。利用期間を1か月単位で選ぶことができ、最短契約期間は2か月です。

スモールカークラスが月々15,000からで、コンパクトカークラスが16,500円から、ミドルカークラス、中型ファミリーカークラス、軽バンや軽トラッククラスが21,000円から、大型ファミリーカークラス、バンやトラッククラスが22,500円からの料金で利用できます。どれも安いお手頃なカーリースですね。

ただし、車両準備費用として契約時に35,000円が別途必要になります。

リース料金には車検代、税金、自賠責保険料に加えて、部品交換費用やオイル交換費用も含まれているので安心です。契約期間中は、各店舗で3か月ごとの無料点検を実施しています。

 

まとめ

ここでは、カーリースとは一体何なのか?ということと、おすすめのお得で安いカーリース業者についてお伝えしてきましたが、いかがだったでしょうか?

今、個人向けカーリースは、利用者のニーズに応える新しい形のサービスとして注目を集めていますので、今後もこれを扱う業者は増えていくかもしれません。

業者が増えていけば競争が起こりますので、さらに価格が安いカーリース業者が登場したり、より一層便利なサービスや特典を充実させた業者が出てきたりするかもしれません。

利用者であるわたしたちにとっては、業者やサービスの選択肢がたくさんあることに越したことはありませんので、これは大歓迎ですね。

カーリースは、今を生きる私たちの自動車の利用の仕方の1つであり、検討するに値する選択肢です。是非、あなたも利用を検討してみて下さい。

人気カーリースを見る

関連する記事

憧れのルノーの車を気軽に!カーリースでルノーの新車に乗ってみよう

ルノーはフランスを代表する自動車メーカーで、「日産」や「ルノーサムスン」などを子会社とし、グループ全体ではヨーロッパ最大の自動車メーカーとなっています。 ルノー車は日本にも輸入されており、カーリースを利用すれば、気軽にルノーの新車に乗ることが可能です。今回はルノー車の魅力やルノー車をカーリースする方法について解説します!

カーリースはリース期間が重要!長期・短期のメリットとデメリット、お得なカーリースも紹介

カーリースを利用する際、悩むのがリース期間ですよね。「長すぎず短すぎず」がベストなのはもちろんですが、最適なリース期間を契約の時点で判断するのも難しいものです。この記事では、一般的なカーリースのリース期間や、長期短期それぞれのメリット・デメリットを解説します。