カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

はじめてのカーリースならお得なエネオスウイングがおすすめ!

エネオスウイングという会社をご存知でしょうか?カーリース事業も手掛けており、はじめてカーリースを利用する人におすすめの会社です。今回は、エネオスウイングの事業について徹底解説します!

カーリースで月々の支払いを抑えられる理由とは?

カーリースは、月々のリース料を支払うことで、カーリース会社から車を貸し出しもらえる仕組みです。ユーザーが選んだ車をカーリース会社がディーラーから購入してリースします。

カーリースなら、頭金が不要ですし、ローン購入よりも支払額を抑えながら新車を楽しむことができます。しかし、なぜそのようなことが可能なのでしょうか?

カーリース会社はディーラーから大量に車を仕入れますので、車両価格の割引を期待できます。また、カーリースには多くの場合に「残価設定」があります。

残価とは、契約満了時の車の売却(下取り)予想額のことです。残価設定があると、残価の分の支払いは据え置きになりますので、元金を低く抑えることができ、頭金を用意しなくても月々の支払額を安くできるのです。

※残価設定がある場合、契約満了時に返却車両の査定が行われ、査定額が残価に届かない場合には不足分を請求されることがありますので、注意が必要です。

カーリースには、大きく分けて「ファイナンスリース」と「メンテナンスリース」があります。

ファイナンスリースでは、車両代・税金・保険(※任意保険は除く)のみがリース料に含まれますが、メンテナンスリースは、車両代・税金・保険(※任意保険は除く)のほか、点検整備・車検等、車両の維持管理が全てリース料に含まれます。

カーリース、特にメンテナンスリースでは、リース料に車両代以外にも車の諸々の維持管理費が含まれますので、車に関係する毎月の出費がフラットになるというメリットがあります。また、車の管理をカーリース会社にお任せできますので、煩わしい手間を省くことができるという利点も注目です。

このように、カーリースにはさまざまなメリットや魅力がありますが、エネオスウイングでもカーリースサービスを提供しています。エネオスウイングは安心と信頼のある大企業ですので、はじめてカーリースを利用する人にもおすすめと言えます。

エネオスウイングのカーリースの契約期間は2年から6年となっています。車種は自由に選ぶことができ、外車や大型トラックの利用もできます。

※車両乗り換え等による途中解約は可能ですが、違約金が発生します。

現在乗っている車の高価買取り業者を探すサポートもしており、下取り価格を反映して月々のリース料をさらに安く設定することも可能です。

 

エネオスウイングが安心の理由!保険事業についてご紹介

「エネオス」と聞くとガソリンスタンドを思い浮かべるかもしれませんが、エネオスウイングでは、石油販売のほかにもさまざまな事業を展開しています。前述のカーリースもその1つです。ほかにも保険事業も手掛けています。

エネオスウイングでは、自動車保険などの損害保険から生命保険まで取り扱っており、利用者のカーライフを強力にサポートしています。

北海道支店から九州支店まで全国12支店に保険担当者を配置していますし、主要取引先の「あいおいニッセイ同和」と「東京海上日動」の協力のもと、全国12支店をサポートする担当者を選任して、強力なバックアップ体制を用意しています。

エネオスウイングはこのようなかたちで、利用者に「安心」と「安全」を届けていますので、カーリースを利用する際の自動車保険の相談も気軽にすることができるでしょう。

 

エネオスウイングのお得なカード案内!

エネオスウイングでは、カードの発行も行っています。一般の人向けのカードと法人向けのカードを用意していますが、ここでは、一般個人向けのカードについてご紹介します。

エネオスカードCPS

エネオスカードCPSは、ライフスタイルに合わせてC・P・Sの3種類から選択することができます。本人会員の年会費はどれも税別で1,250円です(※初年度は無料)。どのカードにもエネオスのロードサービスが付いています。

また、「カーコンビニ倶楽部株式会社」での修理代が5%オフ、「オリックスレンタカー」が10%オフになる特典もあります。選べるカードブランドは、「JCB」か「VISA」となっています。

C・P・Sそれぞれに、エネオスでのガソリン代割引サービスやポイントサービスがありますので、カーリースで車を利用する人にもおすすめのカードとなっています。

エネオスカードC

毎月の利用金額に応じて、ガソリン・軽油が最大7円/ℓ引きになるカードです。具体的には、1カ月の利用額(※Apple Pay・QUICPay・ETC・家族カード利用分を含む)が7万円以上の場合は7円/ℓ引き、5万円以上の場合は5円/ℓ引き、2万円以上の場合は4円/ℓ引き、1万円以上の場合は2円/ℓ引き、1万円未満の場合は1円/ℓ引きとなります。また、灯油はいつでも1円/ℓ引きです。

エネオスカードP

カードを使えば使うほどポイントがたまるカードです。 エネオスでの利用なら1,000円ごとに30ポイント、エネオス以外なら1,000円ごとに6ポイントたまります。1,000ポイント=1,000円と換算し、エネオスで利用できます(※1,000ポイント単位で利用可能)。その他、素敵な商品と交換することも可能です。

エネオスカード S

年1回のカード利用(※Apple Pay・QUICPay・ETCを含む)で年会費が無料になります。ガソリン・軽油が2円/ℓ引き(※免税ガソリン・免税軽油は、値引き対象外)、灯油は1円/ℓ引きとなります。また、カーメンテ商品(※エネオスサービスステーションでのガソリン・軽油・灯油以外の利用)なら1,000円ごとに20ポイント、エネオス以外での利用時には1,000円ごとに6ポイントがたまります(※有効期間は2年間)。

エネオスTカード

「TSUTAYAグループ」の「Tポイント」と連携したカードです。エネオスサービスステーションだけではなく、TSUTAYAやファミリーマート等、Tポイントの提携先で、利用する金額に応じてためることができるのが、その特徴です。200円(値引き後・税抜き)ごとに1ポイントがたまり、1ポイント=1円として、1ポイントから利用することができます。

特別提携カード

エネオスにはさまざまな特別提携カードがあります。「ビューカード」、「楽天カード」、「ANAカード」、「JALカード」、「dカード」などです。それぞれポイントやマイルがたまります。

エネオスプリカ

エネオスのオリジナルプリペイドカードです。エネオスプリカが利用可能なエネオスのサービスステーションは、全国に約920SSあります。また、「セブン-イレブン」、「ローソン」、「ファミリーマート」、「すかいらーくグループ」、「デニーズ」、「マツモトキヨシ」などでも利用することができます。

このように、エネオスはお得なカードをたくさん用意しています。この機会に、カーリースと合わせて利用してみてはいかがでしょうか?

人気カーリースを見る

関連する記事

カーリースとローン購入を徹底比較!お得なのはどっち?

ひと昔前までは、「車は買うもの」という固定概念がありました。しかし、最近では、その常識が変わりつつあります。多くの人が感じているように、車にかかる費用や税金は高額で、手続きも煩雑です。車を「所有する」事には、かなりの時間とお金、そしてエネルギーが必要になるのです。この記事では、車を「所有する」ためのローンと、車を「使用する」ためのカーリースを徹底的に比較します。

納税証明書がない車両は車検が受けられない?車検に必要な納税証明書とは

国内の公道を走行する全ての自動車は国土交通省へ登録を行うと共に車検に合格することで、車両が国が定める保安基準を満たしていることを証明することが道路運送車両法で義務付けられています。 車検を通過できない車両は公道を走行できないので必ず車検に合格する必要がありますが、車検の受検条件には自動車諸税の納付が含まれ税金未納の車両は車検を受けられませんので、車検の必要書類である納税証明書や納税証明書がない場合の対処法などを紹介します。

オリックスカーリースを徹底解説!

今、個人向けのカーリースサービスが人気を呼んでいます。数年に及ぶ長期のカーリースもあれば、1か月や数か月の短期のカーリースもあります。その人気ゆえに、個人向けのサービスを提供するカーリース業者は増えています。有名な業者の1つは、オリックス自動車のカーリースです。ここでは、オリックスカーリースについて徹底解説します!

最安のカーリースはどうやって探したらいいの?

カーリースの一番の魅力は出費のプランが立てやすいということです。カーリースでは毎月のリース料金を払うことにより、車を長期に渡って借りることができますが、その料金は定額ですので家計の支出の計画が立てやすくなります。他方、リース料金は毎月継続して払わなければなりませんから、その金額はなるべく安く抑えたいものです。では車種ごとに最安のカーリースを調べる方法はあるのでしょうか?